コロナ禍だけど...73歳、ボランティアで社会との接点を増やしたい/お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「ボランティアで社会との接点を増やしたい」というお悩みに、マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事の荻野淳也さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_27552130_S.jpg

【お悩み】ボランティアで社会との接点を増やしたい

私は楽しいボランティアをしたいと思っています。

その思いは日に日に増していくばかりですが、どこでどんなふうに調べればよいのか分かりません。

家の中にいると息が詰まってしまいそうになりますので、なんとかいますぐ始めたいのですが、コロナ禍で外出も制限されていて、積極的にできなくなっています。

このまま気持ちがなえてしまうのも残念です。

それでも、社会との接点が欲しいです。

石川県E・Nさん(73歳)


【おこたえ】身近にできることで幸せホルモンをどんどん出しましょう

ボランティアをしたい、というのはとても素晴らしいですね!

外に出て、社会との接点を持つということもされたいということですので、まず簡単にできることでおすすめなのは、朝、ご自宅の周辺や近所を清掃することです。

そして、掃除をしながら、道行く人に、こちらから「おはようございます!」と挨拶をするのです。

初めは挨拶を返してくれない人もいるかもしれませんが、続けていれば、気持ち良い挨拶を返してくれる人も増えてくるでしょう。

利他的な行為をすると、オキシトシン、また、朝日を浴びることでセロトニンが体に分泌されます。

これらは幸せホルモンともいわれていますので、ご近所の朝清掃が自分の幸福度を上げる行為にもなるのです。

また、所在の役所に電話をすると、ボランティアを紹介してくれる自治体もあると思いますので、ぜひ、積極的に行動してみてください。

荻野淳也さん(マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事)

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

荻野淳也さん
マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事。専門は「心の安定」。

【毎日が発見ショッピング】「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

 

2101-3kenkatu.jpg

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年2月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP