物だらけの義母の部屋...恥ずかしくて救急隊員も呼べない/お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「同居している義母の部屋が物だらけで...」というお悩みに、作家、あかね屋代表の橋本きよみさんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_28180469_S.jpg

【お悩み】

義母の部屋は物だらけ 救急隊員も呼べない

同居している85歳の義母の部屋には、物があふれております。

何度となく片付けをすすめるのですが、「死んだら全部捨ててよい」の一言で、いつも終わってしまいます。

コロナ禍においても、人生を楽しみたいと外出は厭わず、誰からみてもアクティブなのは良いのですが、嫁としてはもう少し部屋をきれいに、いつも気持ちよく過ごしてほしいんです。

このままだと義母の部屋には恥ずかしくて救急隊員も呼べません。

しかも、昔から通販をよく利用し、美容だの、健康だのといろいろ買っているようで物が増えるばかりです。

茨城県 I ・Kさん(67歳)


【おこたえ】

慣れ親しんだ物の中にお姑さんの大切なモノ、コトがある

お姑さんはお年のいかれた方です。

物があふれている中に、なぜか、安らぎがあるのです。

「死んだら捨ててよい」ということであれば、いまはそっとしておいてあげましょう。

慣れ親しんだ品々に包まれた暮らしの中に、なにかを見つけようとしているのです。

ほかの人から見ればつまらない物でも、お姑さんにとっては大切な品々です。

救急隊員も呼べないと心配されていますが、必ずしも救急隊員を呼ぶ事態が来るとは限りません。

先を思い煩って、いまを失くしていませんか。

通販をよく利用されているそうですが、なにか楽しみを見つける元気の源になっているのだと思います。

結構なお姑さんです。

●橋本きよみさん(作家、あかね屋代表

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

おすすめ記事:1日2回、90歳の義母が「不機嫌」に。生活パターンが違うのに、どうすれば...?/お悩み相談
おすすめ記事:子どもが巣立った後、思い出のものをどう片付けたら.../お悩み相談
おすすめ記事:娘2人は結婚し、跡取りのいない私たち60代夫婦の「墓じまい」をどうすれば.../お悩み相談
おすすめ記事:自分の子どもたちと疎遠の義母。後悔のないよう、親らしいことをしてほしい/お悩み相談
おすすめ記事:77歳の悩み。体重がなかなか減りません。健康の基準も分かりません... /お悩み相談

 

今回の先生

橋本きよみさん
作家、あかね屋代表。専門は「夫婦、家族」。

2101-4furugi.jpg

毎日が発見ショッピング「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】

お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年1月号に掲載の情報です。

コメント一覧

私ならすぐに捨てる。仕事お部屋の片付け大変ですよ?うちもいっちばんお金のかかった和室を曾祖母の部屋に取られましたが、めちゃくちゃ汚い。昔から甘やかされて育ったお嬢様だった曾祖母は部屋の掃除も料理も何も出来ない人。すごく健康だった曾祖父と違って70代で総入れ歯。その入れ歯が部屋に散らばってることもしょっちゅう。片付けて綺麗になったと思っても3日で元に戻る。引き出しは引き出されたまんま。服は出しっぱなしで足の踏み場もない。そのせいで出しっぱなしの服を踏んで滑って大腿骨骨折。最悪ですよ。部屋が綺麗でさえあれば無駄な手術費や入院費も掛からずに済んだのに。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP