「ひとり暮らし」への同情が本当にイヤ! 40代で離婚した63歳女性の悩み/お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「仕事や趣味で日々忙しく、幸せな63歳女性のひとり暮らし友人から心配の言葉や同情されるのがイヤでたまらない」というお悩みに、ノンフィクション作家の松原惇子さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_21300991_S.jpg

【お悩み】
ひとり暮らしを同情されるのがイヤでたまらない

私は40代で離婚をしました。

子どもはいなかったのでその後ずっとひとり暮らしです。

月に1~2日ほどは登山をし(といってもハイキングやウォーキングに近いものですが)、毎週通う趣味サークルでは、あまった布で小物を作ったり、ボランティアに行ったりと、日々忙しく、幸せに暮らしています。

もちろん仕事もしています。

経験を活かせる職場で、自分のペースで無理なく生活費を稼いでいけています。

なのですが、友人から同情されることが多く、それがイヤでたまらないのです。

「ひとりで大変ね」「この先どうするの」などと言われると、自分もみんなと同じように幸せなのに、なぜ分かってくれないのだろうと思います。

最初に言われた時は、意味が分からず驚いただけだったのですが、いつの頃からか、同情のような気持ちや行き過ぎた優しさのように感じ、心配の言葉をかけられるのが、とてもイヤになりました。

宮城県 F・Sさん(63歳)


【おこたえ】

主婦も独り身もどっちも幸せ 人の思いは変えられない

私も若い頃、どれだけ、人から同情されてきたかしれない。

幼なじみの主婦グループに会うたびに、「ひとりでよく寂しくないわね」と、まるで壊れたテープレコーダーのように言われたものです。

でも、いまの私は、ひとりだろうがふたりだろうが、そんな数字に興味がないので平気。

本音で言うけど、主婦と独り身の人って、交わることがないのよ。

なぜなら、どっちも、自分の方が幸せだと思っているから。

そう思わないと生きていけないのよ。

自分を否定するのは悲しいでしょ。

だから、人に理解してもらおうなんて考えない方がいい。

自分が幸せならいいじゃないですか。

自分を理解しているのは自分だけ。

人は自分の思いたいようにしか思わない。

人の思いを変えることはできないのよ。

ここに気付いてほしい。

今日からは、人を見ないで、空を見ながら歩きましょう。

●松原惇子さん(ノンフィクション作家

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

松原惇子さん
ノンフィクション作家。専門は「上手な生き方」

2101-4furugi.jpg

毎日が発見ショッピング「片付けで子どもを救おう古着ボックス」

断捨離で社会貢献!あなたの「片付け」がワクチン寄付につながります。洋服や服飾雑貨を送ると開発途上国の子どもにワクチンが届けられる【片付けで子どもを救おう古着ボックス】

お買い物割引券付きなのでお得に楽しくお片付けがはかどりますよ!ぜひチェックしてみてくださいね。

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年1月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP