70歳、ぐっすり寝たい。コロナ禍でさらに眠れなくなってしまった.../お悩み相談

日頃のモヤモヤやイライラ...人生を重ねると、さまざまな心配事が出てきますよね。そこで定期誌『毎日が発見』の「お悩み相談」コーナーから「読者の悩みと専門家のおこたえ」を抜粋してご紹介します。今回は、「コロナ禍でさらに眠れなくなってしまった...」というお悩みに、ノンフィクション作家の松原惇子さんがアドバイス。さあ、あなたは...どう思われますか?

pixta_27967371_S.jpg

【お悩み】

ぐっすり寝たい コロナ禍でさらに眠れなくなった

夜、眠っているときに何度も目が覚めてしまいます。

コロナ禍での生活で、それがさらに悪化したようにも思います。

ぐっすり眠ることができないし、やっと眠れた......と思ったらもう朝の気配。

毎日寝たな~という熟睡感がなかなか得られないのがなんともつらいです。

もちろん、気分もすぐれないことが多いです。

佐賀県H・Eさん(70歳)


【おこたえ】

自分から、情報を取りに行かない触れない環境に

コロナ禍では、外出も会食もままならない。

どんなに前向きな人でも、気持ちが通常の半分ぐらいに落ちているはずです。

夜、何度も目が覚めてしまうのは、コロナのことが気になっているから。

テレビをつければコロナ、コロナ、重症者や死者の話ばかり。

ぐっすり眠れる方がおかしい。

実は私もなんとなく気分がすぐれなかったので、先日からテレビを極力見ないことに。

眠れないのは残像が浮かぶから。

テレビを見なければいいのですよ。

見るなら、世界遺産とか美術館の番組とか美しい世界の番組を選んで。

自分の関心をコロナから違うことに向けてみたらどうですか。

歌でも習ってみるとか。

手芸でも始めるとか。

野菜図鑑を図書館で借りてきて、野菜の種類を覚えるとか。

なんでもいいので、違うことで頭をいっぱいにすると、よく眠れると思いますよ。

●松原惇子さん(ノンフィクション作家

※記事に使用している画像はイメージです。

【まとめ読み】あなたの意見は...?「お悩み相談」記事リスト

 

今回の先生

松原惇子さん
ノンフィクション作家。専門は「上手な生き方」

この記事は『毎日が発見』2021年4月号に掲載の情報です。

コメントする

この記事に関連する「お悩み」のキーワード

PAGE TOP