病気知らずになれる!? ショウガよりも効果が高いぽかぽか食材「ヒハツ」のパワー

肩こり、膝痛、便秘、どうにかしたい・・・。あなたの体の不調、根本的な原因は「内臓の冷え」にあるかもしれません。体の中の温度である「内臓温度」が1℃下がれば体の免疫力が激減するという、冷え性対策の第一人者・山口勝利さんは、「まずは内臓を温めることが重要」だと説きます。「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)にも出演した冷えの専門家・山口さんの著書『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(アスコム)から、体を隅々までぽかぽかになる「究極の冷え症改善法」をお届けします。

058-003-076.JPG

血の流れをよくする作用が注目 血圧を下げる食材として注目されるヒハツ

温め食材としてよく知られるのが、「ショウガ」です。冷え症でなくても、冬の料理に積極的に使う人も多いと思います。

「ショウガ」は、中国では古くから薬として用いられてきました。日本で販売されている漢方薬の70%に「ショウガ」の成分が含まれているといい、その効果は多岐にわたります。

新陳代謝を活発にし、体温を上げる、心臓や筋肉の作用を増強して血液の流れをよくする、発汗・利尿作用を高め体内の余分な水分を排出する、甲状腺にはたらきかけて熱エネルギーをつくりやすくするなどなど......。

こうして効能を並べると、「ショウガ」の温め健康パワーも恐るべしです。私もその使い勝手のよさから、冷え症で悩んでいる患者さんに、ショウガをお味噌汁に入れて飲むように伝えています。

しかし、いろいろと試した結果内臓を温めるなら「ショウガ」より「ヒハツ(ロングペッパー)」と確信しました。

それは、「ヒハツ」には、熱エネルギーを体のすみずみまで届ける通路となる毛細血管を元気にする成分が多く含まれているからです。

体の中でどれだけ熱をつくっても、血流がよくなり、それが体全体にまわらなければ内臓温度を上げることはできません。だからこそ「ヒハツ」なのです。

以前私は、ある国立大学の薬学部にお願いして、ヒハツを注入したラットとしないラットに分け、内臓温度の変化を実験したことがあります。

ラットにはちょっとかわいそうなことをしたかもしれませんが、2種類のラットを冷蔵庫にいれたのです。

するとどうでしょう。何もしていないラットはみるみる内臓温度が下がったのに対し、ヒハツを注入したラットはあまり下がらなかったのです。

今までここまで効果のある食材は、見たことがありませんでした。そこで確信しました。内臓を温めるのが目的なら第一にヒハツだと。もちろん「ショウガ」や温め食材として知られる「根菜」なども有効です。栄養のバランスをとりながら、上手に摂るようにすると、温め効果がさらに高まります。

コショウの代わりにかけるだけで十分!ヒハツの基本の食べ方

それでは具体的にどれくらいの量を摂るとヒハツ効果があらわれるのか?目安は、1日たったの1グラム、小さじ1/2程度で十分だと思います。刺激が少ないとはいえ、摂りすぎは禁物なので、これぐらいの量に収めておくことがよいと思います。これを毎日続けると、内臓温度が上がります。

058-003-078.jpg

ヒハツをすすめるのは、摂り方がかんたんなのも理由の1つです。「ショウガ」や根菜などの食材は調理するというステップが必要になりますが、香辛料として粉状になっているヒハツは、何かにかけるだけで摂れます。

好みや相性はありますが、とにかくかける。お味噌汁やスープにひとふり、うどんにひとふり。今までコショウをかけていたのをヒハツに代えてみるのもよいでしょう。さらに、お茶や紅茶などに入れるなど、飲み物にかける。漢方で体を冷やすといわれているコーヒーがどうしても飲みたくなったら、ヒハツをかけて飲んでください。

いろいろな方に、ヒハツを食べてもらったのですが、特にラーメン、チャーハン、ホイコーローなど中華料理に合うという方が多くいました。もちろん、いろいろな料理の調味料としてコショウ代わりにヒハツを使ってみるのもいいでしょう。

特に、肉の下味に使うのは、臭みも消えておすすめです。

大切なことは、ヒハツを摂る習慣をつくることです。そうするだけで毛細血管が元気になり、血流もよくなり、内臓温度が上がることになります。とはいえ、無理して摂取しても意味がありません。

個人差もあります。また持病をお持ちの方は、医師と相談してみてください。

体の免疫力が大幅アップできる『内臓を温めなさい』記事リストはこちら!

058-syoei-naizou.jpg著者考案のストレッチをはじめ、内臓温度と健康の関係や体の温め方が6章にわたって解説。血の流れを良くする20の「ヒハツ」レシピも

 

山口勝利(やまぐち・かつとし)

1962年生まれ。神奈川県横須賀市出身。理学博士、柔道整復師、鍼灸師、全国冷え症研究所所長。30歳のときに墨田区で鍼灸の治療院を構える。体の冷えがあらゆる不調の原因となっていることに気づき、「全国冷え症研究所」を1998年に開所。今では、全国に400の分室を持つ。「冷え」の怖さ、対処法を広めるべく、TVや雑誌などにも多数出演。

shoei.jpg

『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』

(山口勝利、監修:井上宏一/アスコム)

内臓温度を1℃上げれば、免疫力が大幅に上がる! 肩こり、膝痛、がんに腎臓病まで、体の不調は「内臓の冷え」が原因になっているかも?これまでに約6万人の「冷え」を診てきた専門家が考案した3つの対策で、今の体の不調は改善、さらに未来の健康な体まで手に入る、この冬必携の「冷え」対策本。

 

【冷え性には・・・ヒハツ!】最新の冷えとりスパイスはコレ! 現在人気急上昇中!
山口先生が動画で解説⇒https://youtu.be/H5WC97YNsV4

 

【ダイエット】お腹まわりにお肉がつく人、つなかい人の差は内臓の温度にあった!
山口先生が動画で解説⇒https://youtu.be/5ZFhfgI3Y1w

※この記事は『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(山口勝利、監修:井上宏一/アスコム)からの抜粋です。
PAGE TOP