「あんたはいいわよね」がんと闘病する父に付き添う私に、母が言い放ったひと言

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ゆかり
性別:女
年齢:41
プロフィール:転勤族の夫、9歳、5歳の男の子2人の4人家族です。実家からは飛行機で2時間。遠く離れた関東で暮らしています。

pixta_42987443_S.jpg

物心ついた時から、よその家と比べて自分の母親は厳しいなぁ、と思っていました。

母は小さな事で激昂して、一度お説教が始まると1時間でも2時間でも私を立たせたままで叱ります。

口を挟んだり反論をすると、その分時間が伸びるだけ。

ひたすら怒鳴られながら時が過ぎるのを待つ、という苦痛な時間を多く過ごしていました。

決して根っからの性悪ではないと思うのですが、母はとにかく「自分の考えが絶対」な人で、周囲の意見に耳を傾けません。

自分の思い通りにならないとまた長時間のお説教が始まります。

いつの頃からか、家族の中で母に逆らう人間はいなくなり、ただ母の怒りが静まるのを待つ、または怒らせないように自分の意見を曲げてでも母に従う、そういった生活を、家族皆がするようになりました。

特に私は、同性だからか怒りの矛先を向けられる事が多く、「自分の思い」よりも「母に叱られる」方が嫌で、母親の言うなりになっていました。

やりたい習い事があっても口には出さず、友達からショッピングに誘われても「行くな」と言われるのがわかっているので最初から断り、彼氏が出来ても反対されれば別れる...。

そんな調子で進学も、就職も、挙句の果てには結婚相手も母が気に入る通りの選択をしてきました。

結婚した相手は転勤族なので全国を転々としていますが、おかげで母と距離を持って付き合えるので、これはこれでホッとしていました。

でも今年の春、私にとって心からショックなことが起こりました。

父ががんを患っていることが判明したのです。

発覚した時には既に手術も出来ない状態。今は抗がん剤で治療を続けています。

母とは違い、これまで父にはコソッと本音を話したり、電話で「お母さんには内緒ね」と、互いにちょっぴり愚痴めいたことを話してみたり...と、母に対するモヤモヤした心情を共有できる仲間のような想いがありました。

そんな父をなんとか近くで看病したい...。

でも、私が住んでいるのは関東、実家は九州です。

まだ幼い子供がいる私は、本来ならば簡単には帰省できる状況ではありません。

でも、居ても立ってもいられず、夫に頼み込み、時間を見つけては数日でも実家に帰り、父の治療に付き添ったり、母の代わりに家事を済ませたり、主治医の先生に今後の治療方針を相談したりと、出来る限りのことをするようになりました。

ですが...こんな状況でも母は母でした。

病床で治療に耐える父に対して、相変わらず些細な事で腹を立て、大声で怒鳴ったり、そのまま「もう離婚するから」と捨て台詞を吐いたり...。

母の言動や行動に口を挟むと余計怒りが増す事が分かっているので、私は「お母さんも毎日看病で疲れてるよね、あまり手伝えなくて悪いね、ごめんね」などと声を掛け、母をとにかく穏やかな状態にしておくことしかできないのでした。

先日も、少しでも母を明るい気分にしたくて、「さっきお父さんが治療を頑張る、前向きな気持ちになってきたって言ってたよ、良かったね」と話しかけたのですが、返ってきた返事は...予想外でした。

「あんたはいいよね、お父さんの気分の浮き沈みに付き合わなくていいから。家に戻れば看病もない普通の生活でしょ。こっちはそうはいかないんだから」。

さすがにショックでした。

「もういい加減にして! どうして人の気持ちを分かってくれないの? 私だって毎日看病したいのに、家族にお願いして何とか帰省してるんだよ? もっと人の気持ちを考えて!」

そう言い返したくなりましたが、母をまた怒らせるとその矛先が父に向かってしまうので、いつものようにその感情を飲み込む自分がいました。

これからも父の闘病は続きます。少しでもストレスなくゆったりした気持ちで過ごして欲しいと思っています。

そのために私が出来ることを模索しているところです。

この母へのストレスをどう消化したらいいのか分かりません。

こんな母親でも心底嫌いにはなれないのが辛いところなのです。

幼少からのモヤモヤを私はいつまで抱えていくのか......終わりが見えません。

■おすすめ体験記
もうあの綺麗なお弁当は食べられないけど...認知症の母が作ってくれたおにぎりに涙
この夫婦から生まれてきてよかった。癌で亡くなった母を最期まで支え続けた父
幼い2人の娘を母に預け、離婚交渉していた私。ある日父から「母が過労で倒れた」と連絡があり...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お父様の、介護お疲れ様です❗お母様は 大変な方ですね❗私の母にも通じますね❗多分変わらないかな、悪いが、遠くから駆けつける、娘さんに感謝はないでしょう。留守を守るお婿さんのことも頭には無いでしょう!お父様のお世話だけ淡々とするしかないかなと思われます❗辛いことですが、お父様の事が色々終わったらもう距離おいた方が良いと思われます‼こういう方は在る意味幸いです❗回りが全て譲ってくれるから!でも被害者のような気持ちがあるし自分が一番頑張ってると思うのです❗私の母もそう言う所あります❗酷いこと言っても覚えてなくて私が怒ってると思ってるから始末悪い。言葉は消えるから困るねとこの前も謂いましたわ❗お母様の発言されたことは全て記録しておくことお勧めします。何かあればこれだけなこと長年にわたり受けてたと録音もおすすめします。まあいざとなった時の保険です❗お母様にはカウンセリングも必要なのかもしれません❗お父様も大変だったと思います❗とおくから駆けつけて助けてくれるのですから、有難いのですけどね❗満腹な時に、食べ物有ることに感謝はあまりできません❗またひもじい時にはひもじい事しか見えないものです❗
ビックリマークの数が目に付いて話が入って来ないすいません
お父様が亡くなったあと、そのお母さんと どうなさるつもりですか? そっちの方が大変になるはずです。 このまま いいなりになるのか、 距離を置くのか、 覚悟が必要かと思います。 自分の生活を犠牲にして尽くすが、申し訳ない気持ちと戦いながら 自分の生活を守るか。 正解はないんでしょうけど。
私の母も酷かったです。 末期ガンの父に暴言を吐き、思い出すと涙が出ます。 あの時に私の自宅に連れて、帰らなかった事を亡くなって、2年が過ぎますが今までも後悔してます。 どうぞ、お父様を1番に考えて看病してあげて下さい。
お父様大変ですね。親の件に関しては共感します。私も40代です。私は父親とも仲が良いわけではありませんが、母親の言動に凄く苛立ちます。自分に都合の悪い事を言われると必ず「あんたもだが」と言い、私が痛みを感じるような話をすると「私も…」と言います。相談相手にもならない人で、友人は親と恋ばなをしたりすると言いますが、少しでも言おうものなら「そんな事ばかり言って勉強しなさい‼️○○」ちゃんは出来るのに何であんたは… となります。もちろん体調を崩せば父親も私も「バチがあたったのよ‼️」etc.いくら手伝いをしていても「何もしないくせに」から始まりずっとブツブツ言われ続けます。
大変ですね。 うちもそういう所があります。 とにかく母が気分良く過ごせるように気をつかいます。 毎日介護して逃げ場がないのは理解できるし、愚痴や、きつい言葉も受け止めています。 でも、父がトイレを失敗して腹がたつとか、世話が大変とかの愚痴はそうだねって、聞けるのですが、糖尿なのに食べ物に執着して卑しいとか、寒いと言うと大袈裟なとか、足のむくみや傷を気にするのを細かいことを気にして気が小さいと、父の気持ちを否定してバカにするのが辛いです。 麻痺があり車椅子で生活する父にとっては、外の世界はなく、身の回りだけの小さな世界です。 自分の身体、食べ物以外に興味を持つことは難しく、暑さ寒さの調節もできません。 私だって、きっと自分が車椅子で生活する事があればそうなると思います。 介護の愚痴は聞きますが、父の気持ちを否定してバカにするのは辛いです。 もう少し父の気持ちに寄り添ってそうだね大変だねって言葉を掛けてくれたらなって思います。 母が、そう言えるように私がもっと母の負担を減らさないといけないと思い奮闘中です。
でんちゃんさん 優しさに胸がつまります。 大事な人を傷つけている事をお母さんは気づいていないのです。
そういう人、多いんですね。うちもです。毒母っていうんですよね、そういうの。解決策はないですよね。
環境が同じでビックリしました。うちも病院に行った日に末期癌。病院で言われたのは、残りの人生ストレス少なめでゆっくり暮らして下さいでした。母親はと言うと癌と聞いても、働いてもらわないと生活できないから死ぬまで働けと。しかも母親は浪費家で父親が稼いだ金でブランド品やら、宝石やら買っていたので貯蓄も母親名義ではあるが、父親は貯蓄ゼロ。このままでは父親は何一ついい事なしに死んで行くと思い、私の家族には悪いと思いましたが父親を連れて遠く関東にいる父親の兄弟の所に行きました。父親を看取った後、私は家族の所に戻ります。飛行機で1時間、車で10時間とかなり遠い場所です。年に2回家族に会いに戻ります。 小さい時から父親には可愛がってもらったので、最期ぐらい母親のせいで疎遠になっていた兄弟と思い出を作って欲しかったからです。今三年目に入りました。父親は、生命保険も母親に任せていた為、解約されていたのも知らず、保険金もなくお金もないので治療もしてなかったのですが、痛みがキツくなってきたので、兄弟が色々金銭面でも助けてくれて治療を始めています。私も仕事しないと生活できないので、兄弟に感謝です。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP