半年で無理なく10㎏減も! 5分で作れる「酢玉ねぎ」の効果がすごい/10キロ楽にやせる

pixta_42043511_S.jpg世に溢れる多くの「ダイエット本」。あなたもそれらのダイエット本を読んで様々なダイエット法を試してみたのではないでしょうか。しかし、食べるのを我慢してすらやせなかったのは、あなたの腸に「おデブ菌」がしっかり棲みついているからかもしれません!

腸内環境・腸内フローラを健康に保てば、あなたも「やせ体質」になれる可能性が......!
5分で作れる「酢玉ねぎ」やヨーグルト由来の「ホエイ」などを使って健康的にやせる、画期的「ダイエット」法です。

◇◇◇

 

◎無理なく半年で10キロ減も実現できる

食生活を変えるとダイエットができるというのは、当たり前のようにいわれています。しかし、「食べる量を減らしても、体重が思うように減らない」ことは珍しくはありません。

実は私も、10年ほど前は今よりも10キログラム以上も体重が多く、糖尿病と診断されていました。医療機関で日本糖尿病学会に基づく食事療法の指導を受けて、カロリー制限食を実践しましたが、効果はありませんでした。

食事療法が上手くいかなかったので、血糖値をコントロールするインスリンの注射を受けなければなりませんでした。食事療法だけでは、私の糖尿病は改善しなかったのです。 このままではよくないことはわかっていました。新たな食事の見直しが私の健康を守るためには必要だったのです。

研究者である私は、カロリー制限食は身体の仕組みに合っていないことにふと気がつきました。「腸の仕組みに合わせた食生活の見直しでないと、肥満や糖尿病などは解決できないのではないか」 そう考えたのです。

 

私は腸に関する研究を長年行っています。腸に生息している細菌たちが、人間の健康と深い関わりがあることもわかっていました。しかし、当時はまだ、世界的な腸内細菌の研究は、今のように進んでいませんでした。それでも私は、長年の経験から、腸内細菌を味方につける方法を考えたのです。

それが、「酢タマネギ」など、自己流の食生活の見直し方法です。カロリー制限ではなく、やせやすい体への体質改善のために、いい働きをする腸内細菌に役立つ食材を取り入れたのです。

するとその直後から、高かった血糖値や中性脂肪の値が下がり始め、4か月後には異常値は正常値になり、インスリン注射の必要もなくなりました。体重は半年程度で10キログラム以上も減り、久しぶりに会った友人から、
「最近、若々しくなったね」

といわれたほどです。

スリムになったことに加え、肌ツヤもよく、髪の量も増えて、外見が変わりました。体の仕組みに合った減量により、若さも取り戻したのです。

私の食生活の見直しは、決して難しいことでも、我慢を強いることでもありません。ただ、腸内細菌がいい働きをするように食材を見直しただけです。そのひとつの方法として、食事のたびに「酢タマネギ」を加えたことが、大いに役立ったのです。

 

●酢タマネギによって、半年で10キロ減も可能です
無理なダイエットはやめましょう。「酢タマネギ」で健康的なダイエットを実現していただきたいと思います。

 

01 酢玉ねぎ.jpg

◎酢タマネギは5分あれば作れる

「酢タマネギ」の作り方は簡単です。料理の苦手な私でも5分もあれば作れます。

 

〈作り方〉
1. タマネギ1個(200~300グラム)の皮をむき、縦に半分に切ります。芯や芽を取り除いた後、繊維にそってスライスします。タマネギの量は、お好みで2個にしても、半分にしても大丈夫です。

2. スライスしたタマネギに塩を少々まぶします。

3. 密封容器にタマネギを入れて、ひたひたになるまで酢を加えます。このとき用いる酢は、ご自宅にあるもので構いませんが、できれば無添加のものを使用してください。
4. はちみつを少量(大さじ2杯程度が目安)加えて、全体をよく混ぜるようにします。

5. フタをして冷蔵庫に保管します。

翌日から食べることができますが、5日目が最もおいしく食べられます。酢の種類をワインビネガーや黒酢など、好みに合わせて替えてもいいです。

ただし、いずれの場合も1週間程度で食べきるようにしてください。

さて、今日からすぐに食べたい人もいると思います。そんな人向けなのが、タマネギをみじん切りにする方法です。

 

〈作り方〉
1. タマネギの皮をむき、芯や芽を取り除いてみじん切りにします。

2. ホーロー鍋など酢に強い鍋に、タマネギが浸るくらいの量の酢(200ミリリットル程度)を入れ、はちみつ(大さじ2杯程度)を加えて、弱火で混ぜ合わせます。

3. はちみつが溶けたら、みじん切りにしたタマネギを加え、2~3分加熱して出来上がりです。

4. そのまま食べられますが、余ったものは密封容器に入れて冷蔵庫で保管します。

どちらの「酢タマネギ」も、そのままでも食べられますが、肉料理や魚料理に加えるとさらに食べやすくなります。サーモンマリネと合わせるなど、お好みの料理と一緒に調理してみてください。
そうすることで、毎食「酢タマネギ」を楽に食べられます。

 

●酢玉ねぎをいろいろな料理に加えましょう!

たったそれだけで、無理のない減量につながるのです。カロリー制限を気にする必要もありません。しばらくすると、「やせ菌」の働きが活発になることで、「お菓子をあまり食べたくない」とも感じるようになると思います。

 

次の記事「やせるために必要なのは「カロリー制限」よりも「やせ菌」を増やすことです/10キロ楽にやせる」はこちら。

◇◇◇

<教えてくれた人>

藤田 紘一郎(ふじた こういちろう)

1939年、旧満州生まれ。医師、医学博士、東京医科歯科大学名誉教授。東京医科歯科大学卒業、東京大学医学系大学院修了後、金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学教授などを歴任。専門は、寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。1983年、寄生虫体内のアレルゲン発見で、日本寄生虫学会・小泉賞を受賞。1995年、講談社出版文化賞・科学出版賞を受賞。主な著書に『50歳からは炭水化物をやめなさい』(大和書房)、『脳はバカ、腸はかしこい』(竺五館)、『腸内フローラ医者いらずの驚異の力』(宝島社) など多数。


0cf1537f5daa81555fea576f3ab28b0b910145b8.jpg

『1000兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法 ヨーグルト・ホエイと酢タマネギが効く!』

世の中には様々なダイエット法の情報が溢れていますが、なかなか思うようにやせられないという人も多くいます。

そうした「やせにくい」人は、実は試してきたダイエット法が悪いのではなく、「やせる体質」づくりができていなかったのかもしれません。腸内環境・腸内フローラを整えれば、無理なく目標体重に近づけることも夢ではありません。健康な腸内環境と「やせ体質」が手に入る、「酢玉ねぎ」やヨーグルト由来の「ホエイ」の作り方も丁寧に紹介!医師である著者が自信をもっておすすめする、健康的にやせるための画期的ダイエット本です。

 

週3日、LINEでオススメ記事が届く!

この記事は『1000兆匹の腸内細菌を使って10キロ楽にやせる方法』からの抜粋です

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP