「お姉ちゃん、あのさ...」報告を受けボロボロ泣いた。母の面倒を見てきた40歳の妹の結婚

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ひまわり
性別:女
年齢:44
プロフィール:もうすぐ母の三回忌。時間が経つにつれ母の偉大さを感じる日々。

pixta_28096773_S.jpg

先日、40歳になった妹から来年結婚しようと思っていると報告を受けました。

母の三回忌を前に私としてはとても、とても嬉しい報告でした。

天国の母もきっと安心し、喜んでいてくれていると思います。

私の妹は、20代後半に1度婚約破棄になった事があります。

相手の男性に問題があったのですが、それ以来人間不信というか、その後お付き合いしているという話を妹から聞くことはありませんでした。

この件以降ずっと、妹から結婚の「け」の字も出ることなく、私は結婚し子供を産み、母の病気が発覚しました。

妹は両親と同居していたので、母にずっと寄り添ってくれていました。

子供が小さく、すぐ実家に帰れる距離でもない私は、「診察の日」「治療の日手術の日」...すべて父と妹に任せ、力になれない事を申し訳なく思っていました。

妹は「若いときに父と母を心配させたから、その恩返しという意味でも自分が支える」と言っていましたが、年を重ねる両親にいらだつ事もあり、私には「そばに居ない、一緒に住んでいないお姉ちゃんには、私の気持ちなんてわからない」と何度もあたってきて、妹との距離も広がるばかりでした。

母からは「自分の事できっと無理をさせているから、親の事を気にせず自分の人生を楽しめばいいと(妹に)言ってあげて」と言われましたが、私からそれを伝えても妹に届きません。

妹が感情的になりいらだつ気持ち、どうしようもない気持ちをぶつけてくるのを、ひたすら黙って受け止めるだけしかできませんでした。

それからしばらくして亡くなった母を送り、妹との関係も少しずつ変わっていきました。

いろいろ話をするようになり、妹も穏やかになったようにも感じました。

しかし、それ以降も妹は「一生ひとりでいる、結婚に興味はない」と時間だけが過ぎていきました。

父も妹のことは気にしていて、妹に一緒に未来を考える人を見つけて欲しいと願っていました。

しかしこの夏、実家に帰って、キッチンに立っていると突然「おねえちゃん、あのさ私、来年結婚することにした」とさらっと言われ、びっくりしたのと、嬉しいのとでボロボロ泣いてしまいました。

父にはまだ言わないで欲しいといわれ、父には母の三回忌が終わってから伝えたいという意向でした。父もきっと喜ぶと思います。

その時妹が言いったのです。

「昔、おじいちゃん(母の父)が亡くなったとき、お母さんが棺の前で泣き崩れる姿見て、『お母さんこの後どうなってしまうん・・・』と心配やったけど、家に帰ったら普通に家の事をこなしてた。それが不思議で、お母さんに聞いてん。『あんな泣いていたのに、なんでお母さんは普通に生活できるの? 私やったら、ずっとふさぎ込んでしまう』って。そしたらお母さんが『家族がいるから』って言ってん。あの言葉忘れられんくてな、ずっと残ってて。お母さんが亡くなった時、お姉ちゃんが普通に家事をこなしてる姿をみて、お母さんと一緒やなって。お姉ちゃんと家族が帰るのを後ろから見送った時に、初めて『家族がいるっていいいな』って。それでも、結婚ってぴんとこなかったけど、結婚したいなって思う人が現れてん」

「家族がいるから」と言った母の一言が妹の心の中にずっと残っていたのです。

今はもう母はいないけど、母の言葉が生きていて、妹の背中を押してくれたのでした。私は嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。

その夜、仏壇の前で母に話しかけました。「お母さん、嬉しいな。ありがとう」妹に幸せになって欲しい。

家族全員の願いが叶った瞬間でした。

関連記事:誰よりも娘の心配をしてくれる母に涙。ある日、母が私にくれた通帳の中身は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP