あなたのひざは大丈夫? ひざの痛み診断チャートでさっそくチェック

厚生労働省のデータによると、65歳以上の3人に1人が、ひざのトラブルを抱えています。ひざ痛の代表的な病気が「変形性膝関節症」です。なぜ「変形性膝関節症」になってしまうのか、どうしたら予防や改善ができるのかを、病気に詳しい酒井慎太郎先生に教えていただきました。毎日、家でできるテニスボールを使う1日5分の簡単なひざ痛解消体操にも注目です。

pixta_33595492_S.jpg

前の記事「関節軟骨と半月板がこすれ合って痛い! 「変形性膝関節症」ってどんな病気?(1)」はこちら。

 

チャートで診断!変形性膝関節症

あなたは大丈夫?下の「ひざの痛み診断チャート」でいまの自分のひざの状態を確認してみましょう。


1901p053_01.jpg 

安静はNG!運動と正しい姿勢が大事

変形性膝関節症の症状は、上図のように初期、中期、後期と、段階的に移行していきます。

初期ではひざの関節軟骨の隙間が狭まって時々接触し、軽い痛みが現れます。中期になるとO脚が目立ち始めて、関節軟骨や骨に変形が起き、ひざの痛みを頻繁に感じるようになります。そして後期は関節軟骨や骨の変形が進み、歩くたびにこすれて激しく痛みます。関節液がたまって腫れることも。生活に支障が出る場合もあるのです。

ひざに痛みがある人は、「ひざの痛み診断チャート」を使うと、いまの自分のひざの状態を確認できます。「ひざの痛みは、じっと安静にしていても治りません。なるべく早い段階から、こまめに歩くことや、背筋を伸ばしてひざを曲げない姿勢を心がけます。そうすれば、自分で症状の進行を抑えることができ、痛みの軽減につながります」と酒井先生。

 

ひざ痛のギモンQ&A

Q日常動作で気を付けたいことは?

A日頃からひざを伸ばす習慣をつけます
ひざの痛みを改善するには、ひざを伸ばすのが効果的です。普段から意識しないとなかなか伸ばせないので、バス停でバスを待つときや、エレベーターを待つときなど、ちょっとした時間を利用して、ひざを伸ばす習慣をつけることが大事です。

 

Qひざに良いウオーキング方法は?

A姿勢を良くしてひざを伸ばします
できるだけひざを曲げないで伸ばし、姿勢良く歩きます。ひざを補助するために、サポーターを使ってもいいでしょう。O脚の人は靴底の外側が先に減るので、すり減る前に買い替えて、なるべくO脚の状態で歩かないようにします。1901p059_05.jpg

あごを引き背筋を伸ばした姿勢で、ひざを曲げないように気を付けて歩く。かかとから着地するようにして、腕は前後にしっかり振る。

 

次の記事「関節は動かさないと固まってしまう⁉「ひざ押し体操」で変形性膝関節症を予防しよう(3)」はこちら。
取材・文/松澤ゆかり

 

 

<教えてくれた人>
酒井慎太郎(さかい・しんたろう)先生

さかいクリニックグループ代表。千葉ロッテマリーンズオフィシャルメディカルアドバイザー。柔道整復師。腰痛専門病院などを経て現職。著書に『変形性膝関節症は自分で治せる!』(Gakken)など70冊。

この記事は『毎日が発見』2019年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP