「おーい、来てくれ!」2階から響く義父の大声。そこには...突然立てなくなった義母の姿が/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:反発し合う夫と義父。介護にノータッチだった夫に義父のお世話をお願いしたら...!?

秋風が吹きはじめたある日曜日の朝のことでした。朝ごはんの時間になっても義父母たちがなかなか下りて来ません。

(当時はまだ義父母の部屋は2階にありました。)

心配になって階段下まで行くと義父が私を大声で呼ぶ声が聞こえます。

1.jpg

嫌な予感をいだきつつ2階へ急ぐと

2.jpg

義母がソファーに寄り掛かった格好でもがいているではありませんか。

どうやら立ち上がることが出来なくなってしまったようです。

前夜は普段通りに2階に上がって行ったはずなのに・・・。

介助して立たせようとするのですが

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

7.jpg

なかなか上手く立てません

そばで騒いでいる義父は全く役には立たないし。

2階の騒ぎを聞きつけて救援にきた夫にも手伝ってもらったものの、やっぱり立ち上がることが出来ませんでした。

その時、ふと思いつき、階下にある低い椅子を夫に取って来てもらい、それを義母のおしりの下にあてがって滑らせるように座らせました。

8.jpg

あとは前から支えてゆっくりと立たせます。

9.jpg

地面から数センチお尻を浮かすことが出来れば、あとは前かがみにすると割と楽に立つことが出来るのです。

それにしてもこんな風に義母が立てなくなったのは初めてです。

その上義母の異常は立てないことだけではありませんでした。

立てずにもがいている時から気付いていたのですが大便も出てしまっている様子。

10.jpg

椅子から立ち上がることは出来ましたが、歩き方も足が前に出ない超小刻みな歩き方になっており、部屋のすぐ前にあるトイレへ行くにもいつもの倍以上時間がかかりました。

下着を下ろして便座に座らせるのも一苦労です。

11.jpg

普段はこういった場合お風呂でおしりを洗っているのですが、ここは2階。

この状態では階段を下りることは難しいでしょう。

しかし、汚れたおしりを何とかしなければ被害は拡大。義母のおしりもかぶれてしまいます。

仕方がないので狭いトイレの中、おしり洗浄と格闘することになりました。

何とかおしりもきれいになり、着替えを済ますことまでは出来ましたが、今度は義母を1階に下ろさなくてはなりません。

身体が不自由になった義父と認知症の義母の居室を2階のままにしておくのはいかがなものか?

これを読まれている方の多くはそう思われるかも知れません。

以前も記事にしましたが...

階段の上り下りもリハビリの一環!? 足をあげる習慣は大事

12.jpg

義父の意向だけでなく

13.jpg

完全同居の私たち子世帯にとっても、義父母の『2階居室』は自分たちの『居場所確保』には必要不可欠な存在でした。

この微妙なバランスをなかなか崩せず

14.jpg

そうは思いながら

15.jpg

出来なかったというのが正直なところです。

介護の局面はいきなり変化することが少なくないのですが、先が見えないだけに事が起きてからオタオタすることも少なくありません。

16.jpg
今回もまさにその通りの展開でした。

義母を1階へ下ろす作業は難航し、おしりでズッていく要領でちょっとずつ下へ。

14段ほどの階段を

17.jpg

2、30分くらいかかって

やっと1階に下りることができました。

続きます。

義父母の介護での「事件&エピソード」満載!山田あしゅらさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。

義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。

義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。

在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメント一覧

義母が寝たきりになり義実家を改築して同居しました。 設計時点で義母は入院中でしたので、健常者が考える介護住宅にはやはり限界があります。同居後も義母は入退院を繰り返しましたが 義父母の部屋から担架がでないとか、車椅子なのに玄関に階段があるとか次々と問題が。義母は同居してから4年後に脳梗塞で自宅に戻ることなく半年後に亡くなりました。元気だった義父も80歳を過ぎた頃から認知症を患い、自宅での生活が難しくなって5年前に入所しました。在宅の時には徘徊や過食でデイサービス以外は夜も目が離せず、家族も離散の危機でした。病気だから仕方がない、もっと気をつけて見てあげて。周りからは散々言われました。夫からも。私にとって救いだったのは、同じように見てくれる4人の子供たち。離婚も考えていた私に家を出て一緒に住もうとまで言ってくれました。それだけ追い込まれていたんです。義父が入所した今は関係も少しずつ良い方向に向かっていますが、あの時に出来た夫に対する家族の溝はよっぽどのことがない限り埋まることはないと思います。介護は本当に大変です。在宅介護を美談にしないでください。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.06.15
私も、義理の両親を見送りました。義父の時は、下半身の世話が大変で、お小水と言って車椅子で トイレに連れて行った時点で、もうおへそから下迄腰から全部、ぐじょぐじょ。そのまま座らせられずひだりで腰支え、お湯を掛けて 洗い流し座らさた時は、もう全分野出た後。 そこで、新しい紙パンツを履かせて車椅子に戻し義父達の居間に。 その後が、トイレの掃除する! これが、1日に何度も。その事を 義母は、義妹に電話しても全く話さず知らないで過ぎたようです。 一人になった義母は、立てなくにってもデイサービスにも行ってくれず、一人でお風呂に入れホットタオルで全身を拭き、それも義妹は効かされていなかったらしく 亡くなった後も、一度もありがとう。の言葉は、無くて何と財産は 半分ずつにと裁判になったようです。一度のオムツも変えず、汚れた洗濯物もしなかった人が、権利だけ主張し、お墓参りにも来ない。生前に二千万円も持って行ってるけれど、証拠がない。 もう、兄妹付き合いはできません。夫は、どういうつもりか分かりませんが私が亡くなっても知らせないで。と子供には言ってまふ
その通りだと思います。 「病気だからやさしくして」と母の兄弟は私に言います。 ならば、母と同じ状態に叔母がなったら、従兄弟やそのお嫁さんに同じ事言えますか? 聞いてみたい… いくら病気でも限度が有ります。 ましてや私の両親は認知症予防や運動をどれだけ勧めても「やだ、キライ、やりたくない」そんな母を父は甘やかし、たかをくくって努力しなかった! 結果、骨折からの認知症進行、自分達だけで手に負えなくなって「どうにかしてくれ、助けてくれ」と言われても「自業自得だろう!」と言う思いが渦巻きます。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP