実家の断捨離(6)「20年間、開かずの箱」から出てきたものは・・・!?/カータン

実家で2人暮らしをする高齢の両親をサポートしているカータンさん。緑内障を患い失明してしまった父と認知症が進行してきた母。しんどいこともあるけど笑えちゃう、介護のエピソードを、月間アクセス数800万PV超の超人気ブログ「カータンBLOG」から抜粋してご紹介します。

実家の断捨離(5)からの続きです。

前回の記事:実家の断捨離(5)大バトル勃発!でも、母の本当の気持ちは?

先週、母が妹と一緒に姉妹で
2泊3日の北海道旅行に出かけた。

56a4197f-s.jpg

こうして母を送り出した姉と私は

c7a7740c-s.jpg

母が居ぬ間に
実家の断捨離に取り掛かろうと思ったのだ。

前回のことがある。
きっと母がいるとトラブルになることも多いだろう。

c84ffc2f-s.jpg

そう心に決めていた。

実家のいけないところは、
無駄にスペースがあるところ。

今まで自分たちも面倒臭くて
立ち入ることを避けていた
物置にあるダンボールの山。

それは親が台湾から帰国した時
持って帰ってきた荷物。

両親が台湾から帰国して
早20年・・・。


7d91ae87-s.jpg

早速、恐る恐る開けてみることに!

9087fc5c-s.jpg

その多くは、私たち娘が
台湾の家に残してきた私物に加え、

友達からもらった手紙とか
日記に写真に賞状とか・・・
恐ろしいことにテストまで!!

小6のテストは38年の時を経て、
まるで宝の地図か!

bc0bdabd-s.png

16c35923-s.jpg

と言いながらも、気がつけば
断捨離も忘れて・・・

4a996d00-s.jpg

すでにこんなことして数時間経過。

いけない!
とっとと捨ててよう!と言いながら
いざ捨てようと思うと
思い出がいっぱいで決心が鈍る。

9fa74ab6-s.jpg


そして、私は今
自宅に持ってきた荷物を、
仕分けをしているわけなのだけど
出てくるわ! 出てくるわ!

00e312bd-s.jpg

すでに錆びているけれど・・・
私にとっては懐かしい思い出の品。

18865a87-s.png

いつも好きな人の写真を入れて
首から下げていた恋のお守りよ!

6f5babf4-s.jpg

ドキドキしながら開けてみたら・・・

e387ec45-s.jpg

何よ!誰も入ってないじゃん!

aa2a338c-s.jpg

そう言って放り投げたものの
ペンダントから溢れ出す青春の思い出!

6511a16f-s.jpg

やっぱり・・・やっぱり!!

535a2b14-s.jpg

すぐに拾って、
『取っておく箱』にしまったわ。

それから・・・
こんなカンペンケース。

ルパン三世にヤマト!

94023663-s.png

まだ使えるわ!(って使わないけど)

これも『取っておく箱』に納めてしまった。

結局、実家の断捨離は
実家から自宅へと場所が変わっただけ?


娘たち、迷惑かけてごめん!
いつかママに代わって捨ててちょうだい!

28ce67d8-s.jpg

その時は、渋ったり、
怒ったりなんてしないから!
絶対に、きっと、たぶん・・・。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
それでも、実家に溜まりに溜まった紙類は大量に捨てたんですよ! なんと紙集積所で測ったら、98キロですよ! 98キロ! そのせいで、五十肩はさらに悪化。でも、あのダンボールが実家から無くなってすっきりしたからよかったわ!って、今、うちにあるんだけどw

「実家の断捨離」編を一気読み♪ カータンさんの記事リストはこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

カータン

1967年4月生まれ。小学5年生から中学3年生まで台北で過ごす。子どもの頃から妄想が得意で、物心ついた時からエッセイストを志していた。大学在学中にふとした思い付きから客室乗務員を目指し、1990年から1997年までの7年間勤め上げたのちに退職。1998年に長女を出産し、専業主婦となる。その後、2006年7月に39歳で1590グラムの次女を出産し、その経験を活かすためにブログをスタート。2008年3月には『JAPAN BLOG AWARD 2008 総合グランプリ』を受賞する。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP