階段の上り下りもリハビリの一環!? 足をあげる習慣は大事/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

前回の記事:異常な浪費を繰り返していた義父の金銭感覚が元に戻るまで/山田あしゅら

住宅街を歩いていると家々のエントランスについ目がいってしまうのはどうやら介護を始めてからついたクセのようです。

1.jpg

私たちが住んでいる界隈は坂道の多いところです。

そのせいか玄関まで何段も階段を上らなければいけない家が結構あるのです。

2.jpg

けれど、そういう家がダメか...というと、そうとも言えないように思います。

前にも書きましたが→段差だらけ!バリアフリーに逆行する純和風建築をどうすれば.../山田あしゅら

在宅で義両親を介護していた頃の我が家はお世辞にも高齢者が暮らしやすい家ではありませんでした。

家を建てる時、施主は現役世代であることがほとんどです。

義父たちも今の場所へ家を建てた一番はじめは30代になる前のことでした。

その後増改築を繰り返し50代で最終的な家の形となったのです。

3.jpg

当時の義父母は気力旺盛、意気軒昂。

身体も頭も自分の思い通りに動いていた頃でした。

4.jpg

おそらく数十年後の自分たちが今のような状態になろうとは思いもしなかったんだと思います。

その当時から義父母の居室は2階にありました。

5.jpg

と、これも義父なりのこだわりだったようです。

義父はそのこだわりを長らく貫き通し

在宅介護が終了し老健に入所することになる間際(1年前)までずっと2階で寝起きしていたのです。

階段は上る時より下りる時の方が危険です。

実際、手に物を持って下りようとし、数段踏み外して頭を縫うまでのケガをしたこともありました。

6.jpg

しかし、義父は2階居室のこだわりをなかなか捨てようとせず、最終的に私たちが無理やり介護ベッドを1階に移すまで頑張り通してきました。

若いころから段差が当たり前な生活をしてきた義父にとって、2階での寝起きも当然のこと。

7.jpg

慣れているからこそ続けられていたことで

もしかするとこの習慣がなければもっと早くから義父の身体は動かなくなっていたかも知れません。

以前お世話になっていた介護スタッフが

8.jpg

と言っていたのを思い出します。

これまで命にかかわるような大きな事故がなかったのはラッキーだったとも言えますし、ひとたび身体が動かなくなれば手すりやスロープなど様々な工夫を施さなくてはなりません。

しかし、バリアフリーを重視するあまり、早いうちから使える機能まで衰えさせてしまうのは本末転倒。

一考の余地があるのかも知れませんね。

9.jpg

山田あしゅらさんの過去記事はこちら!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を アメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」にて綴り始めて10年近く。 山田家介護のキーパーソンでもある50代主婦。

2017年現在、現在義父は88歳・要介護3。入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。 義母は92歳・要介護4。週5日のデイサービスなどでしのぎながら在宅にて介護をしている。 同居家族は夫(としお・60代・会社員)長男(一郎・30代・会社員)。 このほか結婚して独立した次男(二郎・20代・鍼灸接骨院経営)とそのお嫁さん(さくら・看護師)孫(きんとき・2歳)一人暮らしの三男(三郎・20代・会社員)と結構賑やか。 これらの日常をもとに著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP