なかなか薬が飲めない義母を手伝おうとした瞬間...スパルタ孫からの「渇!」が/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:受話器の切り忘れ...と思ったら、義父の部屋から大声が!

血糖値のコントロールがうまくいかなくなって

1.jpg

インスリン治療を始めることになった義母。

それから半年以上が経ち、毎晩のインスリン注射にも少しずつ慣れてきました。

そんな頃

定期診察で糖尿内科の先生から

2.jpg

と聞かれたのです。

3.jpg

と答えると

4.jpg

と、お墨付きをいただきました。

5.jpg

後退することの方がはるかに多く、

なかなか『成果』というものに出会えない主介護者にとって

「良くなっている」の一言はうれしいものです。

義母はインスリン治療のほかに

服薬治療も行っていました。

糖尿病の薬のほかに、認知症の薬や便秘薬など

朝晩のみではありましたが、飲まなければならない薬が複数ありました。

しかし毎回のこと。

こちらから促し最後まで見守らなければ義母が確実に薬を飲むことはまずありません。

6.jpg

食前食後に分けて5~6種類の薬を

7.jpg

ご飯の手前にセッティングしておきます。

さぁ、これで準備OK。

8.jpg

・・・いやいや。

これだけじゃ100%飲まないし・・・。

9.jpg

10.jpg

しかし、これでも安心できないのが義母。

11.jpg

そうこうしているうちに

12.jpg

薬、どこかへいっちゃうし・・・。

口に入れるまで油断がならず

いっそのこと口に放り込んじゃえば話は早いんですが

13.jpg

リハビリを兼ねてカプセルや錠剤をシールから取り出すことも

やってもらうようにしていました。

けれど、なかなか取り出しにくい

薬のシール。

見るに見かねて(と、いうより待ってられなくて)

声をかけたら

14.jpg

15.jpg

次男に叱られてしまいました。

う~ん。出来る能力も使わなければ出来なくなっちゃうっていう

次男の指摘も分かるんですけどね。

夜はともかく(晩ご飯時にも薬の服用があります。)

特に忙しい朝は毎回ジレンマでした。

義父母の介護での「事件&エピソード」満載!山田あしゅらさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。

義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。

義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。

在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP