1分間英語でTokyo案内「侍は、武士道と結びついています」

pixta_28715476_S.jpg2020年に向けて、ますます増え続けるであろう外国人観光客。彼らを「おもてなし」するツール、それが英語です。
東京をガイドする英文を紹介する本書『東京を1分間英語で案内できる本』で、あなたも知的に、楽しく「英語で東京案内」してみませんか?

◇◇◇

前の記事「1分間英語でTokyo案内「芸者って具体的にはどんなことをするの?」」(21)」はこちら。

 


Samurai

The samurai is associated with the concept of bushido, "the way of the warrior" which emphasized duty, loyalty and virtue.

Samurai, as depicted in many Hollywood movies, were not blood-hungry ravagers. They were literate and cultured men who lived by their ideals and were bound by a code of honor. The wearing of swords was abolished in 1876 putting an end to the era of the samurai.

 

~覚えておきたい語句・表現~
be associated with ...... ~と結びついている
the way of ...... ~の道
emphasize ...... を強調する、重視する
duty ...... 義務、義理
virtue ...... 美徳
depict ...... ~を描写する
blood-hungry ...... 血に飢えた
ravager ...... 略奪者
literate ...... 教養のある
cultured ...... 文化的な素養のある
ideal ...... 理想
bound by ...... ~に縛られる
code of honor ...... 行動規範
abolish ...... (習慣などを)廃止する
put an end to ...... ~を終わらせる、~に終止符を打つ
era ...... 時代

 

【和訳】
侍は、義理、忠節、美徳を重んじた武士道という考え方と結びついています。
多くのハリウッド映画で描かれている侍は、血に飢えた略奪者ではありません。侍は自らの理想に従って生きる教養のある人間で、行動規範に縛られていました。帯刀が1876年に廃止されたことで、侍の時代は終わりを迎えました。

 

★ワンポイント解説
都内には、外国人向けに日本文化体験を行っている団体もあります。中には、着物を着て、武士道について学んだり、剣術を体験したりするコースもあるようですよ。

 


【会話で東京案内】

A:These are the graves of the "47 ronin samurai".
これは「四十七士」のお墓だよ。

B:It's about loyal samurai who take revenge, right?
主君の仇を取って忠誠を示した侍のことでしょ?

A:Yes, they committed seppuku here at Sengakuji Temple.
そう、彼らはこの泉岳寺で切腹したんだ

B:What an awesome story!
すごい話だね!


 

次の記事「1分間英語でTokyo案内「全盛期の歌舞伎はポップカルチャーでした」(23)」はこちら。


リサ・ヴォート

米国ワシントン州生まれ。メリーランド州立大学にて「A.A.日本研究」「B.S.経営学」を、テンプル大学大学院にて「TESOL修士」を修める。現在、明治大学特任教授、青山学院非常勤講師。NHKラジオ語学番組や日本テレビ『世界一受けたい授業』などに出演。また、世界50ヶ国以上を旅するフォトグラファーとして活躍。主な写真集・著書は『WHITE GIFT』(木耳社)、『魔法のリスニング』『魔法の英語耳づくり』(共にJリサーチ出版)、『ポジティブ英語メモ』(実業之日本社)など多数。

71Jtb+gIBYL.jpg

『東京を1分間英語で案内できる本』

(リサ・ヴォート/KADOKAWA)

「東京ってどんなところ?」の質問に答えられる! 英語で説明しにくい東京の文化や歴史も学べ、東京の30か所以上の街&名所も案内できる日英対訳の東京ガイド。豊富な英文フレーズも掲載されているので、日常会話も上達します。CD音声では、本文の英語をネイティブの発音で収録。

この記事は書籍『東京を1分間英語で案内できる本』からの抜粋です。
PAGE TOP