「検脈習慣」はじめませんか? 「心房細動」予防のためにやってみたいこと

突然、胸のドキドキして息切れや、めまい、倦怠感を感じたことはありませんか? 心房細動という不整脈が原因かもしれません。ストレスや、年のせいだろう...と放置していると、重大な症状を引き起こす場合も。そこで今回は、慶應義塾大学医学部 循環器内科准教授の高月誠司(たかつき・せいじ)先生に、心房細動の予防や治療について教えていただきました。

2103_P089_03.jpg

健診で見逃されることも
毎日の検脈で予防を

心房細動には、発作性心房細動と持続性心房細動の2種類があります。

発作性心房細動は症状が一過性のため、健康診断の心電図検査で異常が見られないことがあるのです。

自覚症状がなく心電図検査をすり抜けると、心房細動を放置することにつながります。

「近年の疫学研究で、心房細動は認知症のリスクを上げると報告されています。心不全や脳梗塞に至らなくても、認知症になる恐れもあるのです。それを防ぐには、血圧のように毎日脈を測る『検脈』も習慣化しましょう」と高月先生。

血圧測定器には、脈拍も同時に測定できる機器が多いので、毎日朝晩、血圧を測るときなどに脈もチェックを。

自分で脈を測定しメモをしておくと、異常な脈に気付きやすくなります。

心臓が急にドキドキするようなときも、脈を測りましょう。


「検脈」の習慣をつけよう

①人さし指、中指、薬指の3本を手首にあてます。

②ドッ、ドッと脈を感じるまで徐々に強く押さえていきます。脈は強過ぎても弱過ぎても感じられません。強弱をつけながら探し、見つからない場合は少し場所を変えてみましょう。

③脈が見つかったら15秒に何回打っているかを数えて、それを4倍します。正常な場合は1分間に50~100回です。

2103_P088_01.jpg2103_P088_02.jpg


心房細動の2つのタイプ

<発作性心房細動>
・短時間だけ起こってすぐ元に戻る
・ドキドキするなど自覚症状を伴うことが多い
・心電図などの短時間の検査では見つからない場合がある

<持続性心房細動>
・1週間以上続く
・自覚症状がないこともある
・血圧を測定すると脈拍が不規則である

発作性心房細動は動悸などの自覚症状を感じやすいのですが、持続性心房細動は症状が慢性的で無症状の場合が多いそうです。


「心房細動の治療法は、薬療法と、血管から細い管のカテーテルを挿入し、乱れた電気信号を治すカテーテルアブレーションがあります。日本不整脈心電学会のホームページでは、一般の方々に分かりやすい動画を公開していますので、参考にしていただければと思います」と高月先生は話します。

心房細動は加齢に伴い発症リスクが上がりますが、生活習慣病や肥満、睡眠時無呼吸症候群、甲状腺機能亢進症(※)といった病気でも起こります。

また、仕事のストレスや暴飲暴食、寝不足なども、発症の引き金になるそうです。

「コロナ禍で食生活が乱れた人は注意が必要です。お酒の飲み過ぎは発作の引き金になります。『たかだか1杯多いだけの量』でも、積み重なると心房細動のリスクは増大します。また、運動不足もよくありません。生活習慣を見直しましょう」と高月先生はアドバイスします。

食生活を見直して規則正しい生活を維持することは、心房細動予防に加え、生活習慣病の改善や予防にもつながります。

一石二鳥になるように、今日から取り組みましょう!

※バセドウ病などがあります。

【次ページ:予防のために...まずは生活習慣の改善を!】

 

<教えてくれた人>
慶應義塾大学医学部 循環器内科准教授
高月誠司(たかつき・せいじ)先生
専門は心臓病、特に不整脈診療。カテーテルアブレーションなど非薬物治療のエキスパート。日本不整脈心電学会の情報広報委員会委員長で疾患啓発の広報活動にも注力。

日本不整脈心電学会のホームページ

 

【毎日が発見ショッピング】今こそ本気で体のお悩み対策

 

2103-2nayami.jpg

①尿漏れ・便秘 ②しっかり歩きたい ③肩こり・腰痛など
様々なお悩みをサポートできるアイテムがずらり!バイヤー厳選のラインナップです。

▶詳細はコチラ!

この記事は『毎日が発見』2021年3月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP