預金を奪おうとする父から認知症の母を守りたい! 施設の入居を検討中に新たな問題発生!?/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

前回の記事:介護付き有料老人ホームなら認知症の母に合いそう! 勢いのまま空き部屋を仮押さえ/ワフウフ

認知症になった母・あーちゃんにつけ込んで預金を奪おうとし、介護の邪魔をする父・たんたんから母を守るため、母の施設入居を考え出した姉・なーにゃんとワフウフ。

幸いにも姉の家の近所に希望の条件通りの施設を見つけ、仮押さえをしました。

しかし、その時はまだ母本人の同意を得られていませんでした。

認知症であるという自覚が全くなくプライドの高い母のことです。「老人ホームに入ろう」などと言おうものなら

Image.jpeg

と抵抗されることは目に見えていました。

そこで、

Image (1).jpeg

と言ってみました。

すると、

Image (2).jpeg

と、悪くない反応はあるものの、

Image (3).jpeg

と、質問を繰り返し、のらりくらりと返事をかわすのです。

何度日を改めて話しても同じでした。

自分の言ったことを忘れてしまい同じ質問を繰り返すのか、それとも家を出る気がなくて返事を避けるためにあえて質問を繰り返しているのか、母の真意がわからず気を揉む日々が続きました。

そんな中、相変わらず父は母のお金を狙った行動を繰り返していました。

母を週に何度が買い物や自分のダンスサークルに連れ出し、その帰りに銀行に連れて行った...あるいは連れて行こうとしているようでした。

でも、父は母の身分証明書を手に入れられずにいたので通帳やカードの再発行も預金の引き出しも、何も出来ずにいました。

出かけるたびに母の財布からはお金がなくなったり、

また、買い物で

「僕の分も一緒に払っておいて」

と言って母にお金を払わせておいて、そのままお金を返してくれないこともありました。

Image (4).jpeg

また、何をしようとしていたのか、父が母になりすまして戸籍謄本を取り寄せていたこともあります。

母の郵便物は父が全て開封して入金チェックをしてしまうため、ワフウフの家に転送手続きしてあったので、戸籍謄本はワフウフの家に届いたのですが。

母の曖昧な記憶を辿ったところ、どうやら母は父に公証役場に連れて行かれたようだったので、もしかして父は母に自分を指名させて、任意後見契約を結ぼうとしていたのかもしれません。

そして、そのために認知症の状態の診断が必要だったのか、普段は

Image (5).jpeg

と言っているのにも関わらず、

ある日突然母の糖尿病の診察に「妻を心配する優しい夫」のような顔をして付き添って来ました。

Image (6).jpeg

しかし、そこで父は本性をむき出しにしたのです。

【次のエピソード】認知症の母に渡しているお金がすぐになくなるのはなぜ!? とぼける父を徹底追求!/ワフウフ

【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に! ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP