貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

初めまして、ワフウフと申します。

高校生の娘と大学生の息子をもつ、アラフィフの平凡な主婦です。

図1.png

1年半ほど前までは、子供にもう手がかからなくなったのでマイペースに自分の時間を楽しんで生活していました。

しかし、ある日かかってきた1本の電話から突然、怒涛の介護生活が始まることになったのです。

介護することになったのは、ワフウフの実母、あーちゃんです。

あーちゃんが「アルツハイマー型認知症」と診断されたのです。

図1.png

あーちゃんは当時75歳。

実家でワフウフの実父であるたんたんと家庭内別居状態ながらもふたりで暮らしています。

図1.png

あーちゃんは子供を管理・支配したがる、いわゆる毒親だったこと、そしてたんたんとあーちゃんは昔から仲が悪かったこともあり、ワフウフは辛い子供時代を送りました。

はっきり言ってしまうと、あーちゃんのことがずっと大嫌いでした。

でも、結婚してからは適度な距離を置けるようになったこと、また、あーちゃんはワフウフの孫に対しては良きおばあちゃんでいてくれてよく助けてくれたことなどから、徐々に関係は改善していました。

あーちゃんとたんたんは昔から単に夫婦仲が悪いだけではなく、お恥ずかしい話ですが夫婦間での金銭トラブルもありました。ですから、あーちゃんは自分の貴重品を貸金庫に入れたり、ワフウフと姉のなーにゃんに一部を預けたりして自分の財産を守ってきました。

しかし、かけてきた電話であーちゃんは、

図1.png

「貸金庫に入れてあったはずの現金がないのよ!」

と言いました。

貸金庫に入るには専用のカードと暗証番号が必要で、どう考えてもあーちゃん以外の人は入れません。

それに、よくよく話を聞くと、貸金庫に入れてあったのと同じぐらいの額の現金がなぜか部屋にあると言うのです。

...それってつまりは、自分で貸金庫から現金を自宅に持ち帰ったのでは?

と思ったのですが、あーちゃんは

「自分はやっていない」

と言いはります。

現金はかなりまとまった金額でした。

もし貸金庫から持ち出して、それを覚えていないのなら不自然です。

電話口のあーちゃんにおかしな様子はなく、いつも通りしっかりとした受け答えをしていましたが、ワフウフは違和感を感じ、不安になりました。

そして、近々会う約束をしたのでした。

次回に続く

関連記事:5人に1人が認知症になる!「物忘れ」と上手に付き合う秘訣

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP