認知症の母宅の「異様に安いガス代」。本当にちゃんと生活できてるの⁉/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

認知症の実母あーちゃんが管理しきれなくなったため通帳を預かったのですが、預かった通帳以外にもまだ通帳があることがわかりました。

前回の記事:一体いくつ口座を持ってるの!? 認知症の母の通帳が把握しきれない...

その通帳も母は失くしてしまっていてしばらく見つからなかったのですが、やっと探し出して中を見た時、気づいてしまいました。

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_32036C02-C245-4184-A14A-92D2B7F47F15_tmp_9642AED1-72CD-47DB-BC3E-AE418ABA3AFB_Image.jpeg

ひと月のガス代が2000円ちょっとしかかかっていません。

母の自宅は一軒家でオール電化の家ではありません。

同居している父とふたりで毎日自炊してお風呂に入っていたら、ガス代が2000円ちょっとで済むはずがありません。

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_32036C02-C245-4184-A14A-92D2B7F47F15_tmp_2E9135B3-9133-4D8B-B2F3-F0CAC9564C08_Image.jpeg

母は仕事で忙しくても食事は全て一からきちんと手作りする人で、惣菜を利用したり外食をすることはありませんでした。

しかも糖尿病なので、食事にはとても気を使っていたのです。

現にこの頃も

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_32036C02-C245-4184-A14A-92D2B7F47F15_tmp_8F515E14-B460-4B85-A3E8-BC8EDF8CFA1E_Image.jpeg

と言っていました。

それは母の長年の習慣でもあったし、私も姉も全く疑っていませんでした。

この頃母は、見た目はまだ若々しく動作もシャキッとしていて、よくよく話さなければ認知症だとはすぐに分からない状態でした。

_private_var_mobile_Containers_Data_Application_32036C02-C245-4184-A14A-92D2B7F47F15_tmp_0A440CF9-B61B-439C-956F-C4F3FEE78378_Image.jpeg

ただ、同じ洋服を着てくることが多くなったことが少し気になっていたくらいです。

だけど、ガス代が月に2000円ちょっとしか引き落とされていない通帳を見て初めて「母はもう私と姉が思うほどキチンとした生活が送れていないのかもしれない...」と気がつきました。

毒親だった母が認知症に...姉と2人で介護に奮戦!! ワフウフさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメント一覧

うちも義母が認知症と診断されるまでが大変でした。義妹が大騒ぎするので余程酷いのかと冷静に対応した結果、緑内障と白内障と入れ歯のケアをした段階で平常生活に少し手がかかる程度だと判明。 お医者様も色んな科にかかった方が良い時もあります。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP