ついにポータブルトイレ導入へ! 勢いでリハビリパンツも勧めてみたけど.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

前回の記事:漂う匂いにもう限界...。プライドが高い義父にリハビリパンツを履いてもらうには?/山田あしゅら

ついにポータブルトイレを導入することになった我が家。

ここで注意しなくてはならないのは、ポータブルトイレは介護ベッドのようにレンタル利用が出来ないということです。

このようなものを『特定福祉用具』といいます。

1.jpg

肌を直接つけるものは貸与になじまないということから『購入』という形になるのですが、高価なものが多いので介護保険を利用して購入するケースがほとんどではないでしょうか。

※介護保険利用の場合は原則1割負担。償還払い(全額を支払ったのち、9割のお金が返される)で購入することが出来ます。

ポータブルトイレの利用については

2.jpg

何とか義父の了解を得ることが出来ましたので早速ケアマネおーさんに電話をかけ、事の経緯を説明すると

3.jpg

すぐに家まで駆けつけて来てくれました。

4.jpg

義母がお世話になって以来、長いお付き合いのおーさんは、義父の性格もよく心得ている上、私が排泄の介助で苦労していることも良くご存じなので上手く調子を合わせて話をすすめてくれます。

説明を聞きながらカタログを見せてもらったところ、目的や用途に応じて様々なポータブルトイレがあることにまず驚きました。

軽量で『いかにもトイレ』というものから、ふたを閉めると重厚な家具調のいすになるもの、中には暖房便座のついたものや、普通のトイレにあるような洗浄機能がついたものまで実にたくさんの商品があります。

しかし先ほども書いた通り、かなり高価なものとなりますし、購入して一旦使用したら交換が効かないということもありますのでここは慎重に選ばなくてはなりません。

5.jpg

ポータブルトイレについては福祉用具店で現物を見てから決めようということになりました。

さてお次は最重要案件。

リハビリパンツ利用の推進です。

6.jpg

まずは私が口火をきりました。

この『リハパン問題』。

強制的に着けさせるわけにもいかないものだけにとにかく本人が納得しなければ話が進みません。

長い間、家族だけでは解決の糸口が見つからない問題でもありましたが、第三者の説得が加われば案外進展がみられるかも知れないと、おーさん同席のもと、淡い期待も込めての一石となったわけです。(もちろん、これも事前の打ち合わせは念入りに)

7.jpg

この話はウソではなく、介護職に就く人は研修などで実際に自身が『おむつ体験』することも少なくないのです。

ちょうど寒さに向かう12月。

寒がりの義父にこの一言は結構説得力があったようですが・・・。

8.jpg

おーさん、必死の援護射撃が続く中

9.jpg

押し黙る義父。

10.jpg

11.jpg

結局この日は『リハパン問題』に関して牙城を崩すことは出来ませんでした。

ただ、 少し前なら怒り出し、取り付く島もない義父でしたから一歩軟化の兆しアリというところでしょうか?

しかし悩みはまだまだ続きそうです。

【次のエピソード】移動に時間がかかっても転倒しなけりゃ上出来!自力歩行と車椅子/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP