漂う匂いにもう限界...。プライドが高い義父にリハビリパンツを履いてもらうには?/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴ったブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。

ここに書いてきた13年間の記録をもとに今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

前回の記事:玄関の敷居を跨げない認知症の義母。引き戸のレールが「断崖絶壁」に見えていた!?/山田あしゅら

在宅介護をするうえで排泄に関する悩みは避けて通れないことの一つかもしれません。

義母の場合、色々悶着はあったものの本人はいたって素直に応じてくれ、リハビリパンツの導入もそれほど難しくはありませんでした。

関連記事:「オムツなんてとんでもない!」義母の認知症を認められない義父だけど.../山田あしゅら

問題は義父の方です。

1.jpg

女性は長い間、生理用パッドを使用しているためか抵抗が少ない傾向がありますが男性は馴染みがなく、プライドも邪魔をするのでしょう。

受け入れるまで苦労する人も少なくないようです。

年齢を重ねると、様々な感覚が衰えてくることから尿意、便意にも気づきづらくなり、加えて身体の動きも緩慢になってくるのでトイレに間に合わなくなる場面が増えてきます。

2.jpg

義父に限らず、高齢になれば誰しも訪れる可能性があることですが、当人にとっては今まで難なく出来ていたことでもあり、薄々気づいてはいてもどうしても失敗を認めたくない気持ちが勝ってしまいます。

3.jpg

介護者は介助の苦労より、こういった対処の苦労の方が数倍疲れたりするのです。

初めの頃は時々で済んでいたものが、失敗が頻繁となってくると周りの家族の生活にも支障をきたし始めます。

4.jpg

家族間だけでなく、デイサービスに通い始めれば、他人との関わりも生じてきますのでそれもまた心配の種。

家族としては何とかしたいところです。

もう既に長い間、説得を続けてはいるものの

5.jpg

こと、排泄に関してはテコでも動かず。

6.jpg

結局最後は義父が怒り出してしまい、試合終了。

家族はどう切り出せばよいのか分からず諦めの境地。

一方、本人も本当はどうしていいのか分からず困りきっている...。

この頃になると、問題を棚上げにし、お互い目をそらし続けることが限界に近づきつつあったのです。

そんなある日のこと、義父が夜中トイレに立とうとして転倒。

怪我をする事態となりました。

7.jpg

怪我は幸いそれほどひどくはありませんでしたが、病気の進行や、夜間服用する不眠症のクスリの影響から義父にとって就寝時にトイレに立つことがだんだん危なくなってきていたのです。

そこで、ポータブルトイレを使ってみてはどうかと改めて聞いてみました。

8.jpg

このポータブルトイレの導入についてもリハビリパンツと同様、ここしばらくの懸案となっていたのですが話は進まず先延ばしになっていたものの一つでした。

すると、夜中の転倒と怪我が余程こたえたのでしょう。

この提案を

9.jpg

意外なほどすんなり受け入れてくれたのです。

意識がしっかりしている義父の排泄に関する対応は難しく、果たしてこのポータブルトイレがその解決の糸口になるかどうか?

10.jpg

家族の苦悩と、義父のプライドを天秤にかけながら今後の成り行きに期待です。

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメント一覧

以前からブログを拝見していてその延長で本も購入させてもらいました。 しかーしその時はまだ数年後に私のバイブルになろうとは思いませんでした。 今まさにリハパン問題とお風呂事情が我が家に襲来中! オレ様ジイちゃん(自親90才)

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP