嫌がっていたお義母さんが!ヘルパーさんの懐柔テクに感服/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の 在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。  

前回のお話では、身体介助の必要なおばさんの入浴のために、初めて訪問ヘルパーさんをお願いした時のお話でした。

今回は、認知症のお義母さんの入浴を訪問ヘルパーさんにお願いした時のお話です。

前回のエピソード:ヘルパーさんがやってきた!初めての入浴介助は大満足

17-1.jpg

おばさんは認知症がなく、介護ヘルパーさんの必要性をすぐ理解できましたが、お義母さんはなかなか了解してくれませんでした。

17-2.jpg

そんな言葉を信じて、お義母さんの入浴介助は先延ばしになっていましたが、入浴しない日が続いたため、ケアマネージャーさんに相談しました。

17-3.jpg

ということで、お義母さんの意見を待たずして介護プランに入浴介助を入れてもらいました。

17-4.jpg

17-5.jpg
17-6.jpg
17-7.jpg

この日ヘルパーさんは、お風呂の手桶に少しの入浴剤とお湯を入れ、お義母さんの手のマッサージをしてくれました。

2回目の訪問時は おしゃべりしながら足湯もしてもらいました。

もちろん、入浴することを誘ってくれますが、お義母さんが嫌がると、無理にはしませんでした。

そして3回目の時に...

17-8.jpg

ついに、ヘルパーさんは清拭に成功しました。

そして4回目にやっと心を許して(?)入浴成功。

時間はかかりましたが、介護ヘルパーさんは気長に丁寧にお義母さんに接し続け、お風呂に入れてくれました。

時々、「入らない」と困らせる時もありましたが、順調に訪問介護は受け入れてもらえました。

次回のお話は、さらに進むその後の在宅入浴介護の様子をお伝えします。

次の記事はこちら:3人がかりでの訪問入浴サービス。おばさんがしゃべり続けた理由

関連記事:デイサービスでお風呂に入って欲しい!いよいよ着手した義母の体臭問題。その結果は.../山田あしゅら

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジさんのブログ:7人家族の真ん中で。

PAGE TOP