ピンクのポロシャツを新調してお祝いだぁ! 義父の「介護認定の見直し」の結果は.../山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:認知症の義母に、念願の「介護ベッド」を導入できたけど...「想定外の事態」が発生⁉/山田あしゅら

さて、しばらく義母の話が続きましたが、今回は義父の話題です。

以前、記事に書いた認定調査の結果ですが

関連記事:状態は深刻なのに...なぜか低くなる「義父の介護度」を改善するには...⁉

実はちょっとした行き違いがあり

1.jpg

介護区分は『要支援』のままで全く変わらなかったのです。

そこで区分変更申請を出すことにしました。

義母の場合もそうですが怪我や病気、認知症の進行などによって状態に変化があった場合、更新期限を待たず変更申請を出すことが出来ます。

義父の場合はそれとは少し異なりますが

2.jpg

現状がきちんと反映されているとは納得できず、このままでは機能の低下も否めないと思いました。

3.jpg

もちろんごり押しすることはNGですが、急激に介助の度合いが増した義母をみていることもありますので、せめて義父だけでも今の状態をキープしていてもらいたいところです。

そしてケアマネおーさんを通して申し込み、認定調査を再び受けることになりました。

なかなか煩雑で分かりにくい介護保険制度も野を越え山越えしていくうちに少しずつ理解できていきます。

4.jpg

まぁこれも渦中にある当事者でないと分からないものだと思いますが...。

しかし、何といっても認定を受けるのは被介護者本人。

家族(介護者)の思いとすり合わせるのも難点のひとつです。

ただ、今回は義父自身も「デイサービスでもっと頑張りたい」という思いが強く、その辺りも大きく影響したかもしれません。

結果は・・・

5.jpg

6.jpg

念願の要介護1ゲット!

他に利用している介護サービスはありませんので(義父のベッドは自費利用)デイサービス週3回利用が可能になりました。

ケアマネおーさんも

7.jpg

トントンと話を進めてくれ、早速翌週から週3利用が開始されることに。

義父も私も、もろ手を挙げて万々歳です。

鮮やかなピンクのポロシャツを新調して

8.jpg

9.jpg

気分もノリノリ。

嬉しそうに送迎車に乗り込む義父を見送る私でありました。

【次のエピソード】私は義父の「便利な足」じゃない! 感謝の一言もない義父の車椅子を押すのがツラい.../山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP