母と何度も話し合い、安楽死すら考えた...実家の「21歳の老猫」と過ごした最後の夏/フニャコ

黒猫2匹と暮らすフニャコです。

性格の違う2匹の微妙な関係に悩んだりしましたが、現在は落ち着いてきて楽しく穏やかな日常を送っています。

前回の記事:ああ、超警戒されてるよ...。どう飲ませる⁉ 我が家の猫の「ぜんそくの薬」奮戦記

我が家と実家は目と鼻の先にあり、そこには母が世話をする高齢の黒猫のクロがいましたが、この夏『扁平上皮癌』で亡くなりました。

今回は実家猫クロのことを書きたいと思います。

IMG_0033.PNG

IMG_0034.PNG

口臭が酷くなり口元が痛そうで、病院へ行ったのですが「おそらく扁平上皮癌です」と言われたときは大変驚きました。

そして治療としては、高齢のため麻酔が出来ず、消炎剤などの注射をするくらいしかできないとのことでした。

この病気をネット検索すると、病名の後に『安楽死』と出るほど、予後が悪く苦しい思いをする病気のようで、闘病を記録された方々のブログを見ると壮絶で、自壊し顔が崩れていく痛々しい画像の数々に、調べれば調べるほど不安が膨れ上がっていきました。

今後どうなっていくのだろうと...。

クロは下顎が歪んで噛み合わず、キバが顔の中心にある状態で一生懸命食べていますが、素人目にも上手く食事が出来る状態ではないのは一目瞭然でした。

垂らしていたよだれには血が混ざるようになり、口元を両手で掻きむしるようになりました。

IMG_0035.PNG

クロの「食べたい」気持ちに応えるべく工夫していた母でしたが、徐々に食べられなくなり、水も飲むことが出来なくなってきて日に日に痩せていきました。

お腹が鳴る音も聞こえたそうです。

母まで憔悴し、「クロが食べられないのに」と、申し訳なく思い自分も食べることができなくなってしまいました。

「クロのためにも頑張って食べて」とお願いしていたのですが、思うような食事はなかなか摂れていませんでした。

1日のほとんどを寝て過ごしていたクロちゃんが時々血の塊を落としながら、ほとんど寝ずに家中を歩き回っていました。

時々顔を掻きむしり、何度も水を飲みに行って、でも飲めなくて。

弱っている姿を見せたくないのか押し入れに隠れたり、無理やり外へ出ようとしたりしていたそうです。

21歳。

病院のお世話になることも無かったクロは亡くなる時は老衰で炎が消えるように亡くなるのだろうと思っていました。

まさかこんな恐ろしい病気にかかるなんて想像すらしていませんでした。

先生に痛みだけでもどうにかならないか聞いてみましたが、私が住む県ではモルヒネのような薬は扱えないそうです。

どうすることがクロにとって一番良いのか、母と何度も話し合いました。

IMG_0036.PNG

どうかどうか!残された時間、できるだけ苦しみませんように...!

家で看取ることができますように。

クロはふらつきながらも毎日のルーティーンを欠かしませんでした。

亡くなる前日まで母が手伝いながらも決まった場所からお外を見ました。

その後、横になってからは起き上がることが出来ず呼びかけに尻尾を振らなくりました。

そのまま亡くなってしまうかと思われましたが、翌朝、クロは母の声かけを待っていて、応えようと手足を動かして起き上がろうとしたそうです。

それが最後の挨拶になりました。

IMG_0037.PNG

我が家の昨年亡くなったぺーやんの時もですが、クロちゃんの時も、今思えばあの頃から悪くなっていたのかも、あの時こうしていればよかったかも...対応は間違っていなかったのだろうか?と、いろいろと考えてしまいます。

だけどそれは、今だからそう思ってしまうのであるのでしょう。

そして、治療方法は積極的治療、緩和ケア、やむを得ず安楽死を選ぶ場合など...人によって様々な考え方や対応の仕方があると思います。

でも、飼い主が猫のことを必死で考え、猫が幸せになってほしいと願っての決定は猫にとっても飼い主にとってもベストな方法なのかもしれません。

IMG_0038.PNG

大往生とはいえ、やはり別れはつらいものですね。

弱い姿を見せたく無かったクロちゃん。

きっと今は凛とした姿で母の側でいるのだろうなと思います。

【まとめ読み】亡くなった猫・ぺーやんとの日々も...。フニャコさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

ウチは黒猫が1匹います。 クロちゃんと重ね合わせて読みました。 涙が溢れ出てとまりません。 痛かったんだろうなあ、、、 でも、最後に抱っこ出来たお母様のお気持ち、、、よくわかりました。 ウチはまだ、一年ですが これからの事 すごく不安になりました。( •́ㅿ•̀。 )
ウチにも来年20歳になる子が居ます。 毎日毎日、ゴハンの好みが変わり、今日はコレを食べるか他に美味しいものは無いか、と頭悩ませてます。 持病持ちなので、日々、体調管理が大事です。 厳しい事を言わせて貰えば、年に2回は猫ドッグに行ってれば、クロちゃんはこんなに苦しまずに逝くこと無かったのでは無いかと。 元気で歳を重ねれば、ずっと元気なままで最後まで居てくれる、と思い願う気持ちは私も有りましたが、病気が発覚したのは、やはり病院で小まめに見て貰ってたからです。 猫に苦しい思いを少しでもして欲しく無いから、病気になってからでは後悔しても猫が苦しいのは無くならないと思ってます。 クロちゃんは最後は大変だったと思いますが、長い猫生の大往生で幸せだったと思います。
ふーさんからかなさんへの返信 | 2020.09.20
かなさんのコメントを読みました。 おとなしい猫なら年に2回猫ドッグに連れていくことも簡単でしょうが、全部がそういう猫ではないです。 クロちゃんは、簡単に病院に連れていける猫ではないです。 病院に連れて行くことで、ショックで、なんでもなかったのに具合を悪くする猫だっていますし、病気を見落とされるパターンだってあります。 かなさんの猫は病院で発覚して治療がうまくいったのかもしれませんが、それは結果論であって、すべて当てはまるわけではないです。 猫が苦しむ姿を見たい飼い主なんていません。 一生懸命生きたクロちゃんと、それを全力でサポートした飼い主さんへのコメントとしては、不必要なコメントだと思います。
我が家の愛猫も七月五日に虹の橋を渡りました。もともと野良で保護した時には、エイズと腎不全を患っており家族として生活できたのは、たった1年10ヶ月程でした。私も今でも、こうしてあげればもう少し長く生きられたかな。 こうしてあげたら楽だったのかな。と思い考え続けている日々です。
クロちゃんこんな状態だったなんて、、、。 胸が張り裂けそうです。 私も最近、病気の猫を亡くしました。 フニャコさん、お母さま、お疲れさまでした。 クロちゃん、つらかったね、がんばったね。
お母さまもフニャコさんもお疲れさまでした。 最後にお母さまに抱かれて逝かれたクロさんはそれだけで幸せな猫生だった事がわかります。 様々な意見があるでしょうけど、現実として20年越えの猫生があった以上 病院へ行くストレスなく、自由に過ごして幸せだった事がわかります! お母さまの育児に間違いはなかったと思います!
「クロちゃんをこうやって抱っこできるなんて初めてだねぇ」 「クロちゃん今までありがとうね ありがとう ありがとう」 クロちゃんを抱っこするお母さんの姿・クロちゃんにかける言葉。 私はやっぱりフニャコさんのお母さんが好きで尊敬します。 言葉でも行動でも愛情を表す、その姿に脱帽です。 マロちゃんへの愛情も全力ですよね。身体が弱いとの事なのでどうか気を付けて下さいね。 クロちゃんお疲れ様。お母さんとの絆を見せてくれてありがとう。ぺーやんやお友達と一緒に痛みや苦しみのない世界でおいしい物を食べて過ごしてね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP