シニア猫の分までフードを食べちゃう若猫。食事の部屋を分けてみたら...⁉/フニャコ

控えめな女の子スミちゃん9歳と、天真爛漫な男の子1歳のアヤちゃん。

2匹の黒猫と暮らすフニャコです。

ふたりとも甘えてくることがほぼ無いので少し寂しいですが、行動や仕草を見るだけで癒される日々です。

前回の記事:母と何度も話し合い、安楽死すら考えた...実家の「21歳の老猫」と過ごした最後の夏/フニャコ

同じフードを与えていたのですが...

1.PNG

自分のフードを食べきらないうちに、「早く奪わなくては!」といった感じで、すぐスミちゃんのフードを食べに行くアヤちゃん。

「足りない」ではなく、「スミちゃんの食べる分を自分が食べなくては」、という謎の使命を持っているような気がします...。

見ていないとすぐ奪っちゃう。

スミちゃんも性格からか、最初から譲る気満々なのです。

そんなことが積み重なり、

2.PNG

体重がずっと変わらないスミちゃんとは裏腹に、貫禄たっぷりになったアヤちゃん。

このままでは良くないので、アヤちゃんはダイエットフードに切り替え、完全に部屋を分けることにしました。

今までは、ふたりともがちょこちょこ食いだったので、残したお皿をそのまま置いていたけれど食事の時間が終わったらお皿を下げることに。

3.PNG

アヤちゃんは食べるのがとても早くて食べ物に文句を言わないので、食べるのが遅いスミちゃんをキッチンへ。

4.PNG

昔はスミちゃんも何でもモリモリ食べていたのに、人生経験を積んできたからか、最近はグルメになり文句タラタラです。

もっと美味しいものはないのか?と圧をかけてきたりします。

5.PNG

6.PNG

7.PNG

しかも側にいないと、すぐに食べるのをやめてしまうという...。

8.PNG

9.PNG

気まずい瞬間。

スミちゃんにだけ美味しいものをあげてるって誤解されたら困るので死角でスミちゃんにあげるようにしています。

気を遣いますね。

アヤちゃんのダイエットが成功して、スミちゃんも落ち着いて食べられるといいなあと思います。

【まとめ読み】亡くなった猫・ぺーやんとの日々も...。フニャコさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

ネコちゃん多頭飼いは、おウチの中のテリトリーに気をつけないとですよね。それでもこっそり(堂々と?笑)食べに来ますけどね^_^
本当に毎日楽しみにして読んでます!いつも和ませてもらってます、これからも記事楽しみにしてます♬
スミちゃんの「ニコッ」にハートをつかまれました。他のイラストも可愛いです。アヤちゃんのダイエット成功、お祈りしておきますね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP