運気が下がるだと...?「お風呂の残り湯」をめぐるアラフィフ夫婦のバトルの結末は⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:飛行機
性別:女
年齢:53
プロフィール:夫が言うには「お風呂の残り湯」を使うと運勢にかかわるのだそうです。

9.jpg

普段の私たち夫婦はとっても仲良し。

二人でドライブしたり、お揃いの靴を買ったり、週末の夜はカードゲームに興じたり一緒に映画を楽しんだりと、とても楽しく過ごしています。

...ですが一つ問題が。

私の夫は、占いに傾倒しすぎ(?)なところがあるのです。

対して私は、占いは「生活のヒント」くらいに思っています。

そんな二人ですので、時々「占いが発端のトラブル」が勃発することがあるのです。

先日のトラブルの原因は「お風呂の残り湯」。

夫が言い出したのは「お風呂の残り湯で洗濯しない方がいいみたい......」と言うことでした。

夫曰く、お風呂というのは、体の汚れや日頃の疲れを癒すのと同時に、体に染み付いた「不浄なもの」を洗い流す場所だとのこと。

うんまあ、これは聞いたことあります、私も。

だから、お風呂の残り湯は「不浄な水」になっている。

そして、不浄な水を洗濯に使うと、「不浄なもの」が洋服に「再付着」するのだというのです。

まあ、汚れ戻りってものありますので、不浄戻り(?)も何となく理解できます。

そして、夫は「不浄戻りは運気を低下させる」ので使わないで欲しいというのです。

夫は冷静に理路整然と説明して「ってことで、お風呂の残り湯での洗濯はNGね」とのこと。

それを聞いた私の頭の中はといえば......

「知らんがな!」でいっぱい。

お風呂の残り湯を洗濯に利用することの「コスト面でのメリット」を考えると、私にしてみれば「知らんがな」と言うしかないのです。

我が家の場合、洗濯の残り湯を使うのと使わないのとでは、月間の水道代に数千円の差が生まれます。

その数千円があれば、ちょっと贅沢なスイーツ、美容室ならワンランク上のコース、お肉だって豚が牛になるかもしれない。

残り湯の利用はそれくらいの価値のあることなのです。

こうなるとかみ合わないのが私たち。

占いを信じる夫と、お金が大事な私の間で、ちょっとしたバトルが展開されたのです。

「お風呂の残り湯はさ、使わないってことで良いカナ?」

「良いよ良いよ~、そうしよう!」

「本当? ありがと~!」

「でも、その経済的損失は誰がどうやって埋めるの?」

「ムムム!(そう来たか!ってお顔)」

「ってことで、あなたのお小遣い削るね♫」

「 それはやめてくれ~~~!」

「 じゃあこの話は終わり。今まで通りね」

「 ちょっと待って、運勢下がるのは嫌だ!」

「下がるかどうかわからないから、下がった時に考えましょ?」

「それじゃ遅い」

「そんなの知らんがな!」

「うわ出た! 知らんがな。知らんがな知らんがな言わないの!」

「じゃあ分かった。お風呂の残り湯は使わない。お小遣いも減らさない。でも条件がある」

「ナニナニ?」

「結婚して以来これまではずっとさ、 お風呂の残り湯って使ってたじゃん?」

「う、うん」

「てことは、きっと運勢だだ下がりだったと思うんだ」

「かもしれないな」

「ってことはだ、これからは運勢ダダ上がりだ~!」

「え?......(そう来たか)」

「テストを半年もとう。半年たって運勢がダダ上がったらさ、ずっとお風呂の残り湯はお洗濯に使わない。約束する。でも、変化なしだったら元に戻すで良いよね?」

「あ、はい(諦め? 悟りの境地?)」

そんなわけで、 今はお風呂の残り湯は使わず「夫の運勢だだ上がり」を待っている私です。

上がれ上がれ、夫の運勢!

関連の体験記:生活費を家に入れなくなってきた53歳、自営業の夫。最近は言動も激しくなって...

関連の体験記:「そんな気ないぞ、俺は」母が亡くなり一人暮らしの89歳父。兄夫婦との同居を断る「意外な理由」は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

参考になるやり取りです。
ご家族が何人いらっしゃるか分かりませんが数千円も差額がでるほど毎日何度も洗濯機を回すとしたらその残り湯より先に他のことを見直した方が良いのでは。 残り湯も洗いだけかすすぎに使うのかわかりませんが一晩たった残り湯はものっすごい菌の数だそうです。見えないけど臭いがついたりもあるので洗濯機で洋服を汚くしている可能性も。 来月再来月の水道代を先月までと比べてみて数千円も差が出るならちょっと考えるかな。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP