「噛み癖」が治らない子猫に...効いた! 娘が編み出した「文字にしづらい」しつけ方法/フニャコ

愛猫ぺーやんを亡くし、ペットロスのフニャコです。おとなしい8歳のスミちゃんだけになり静かな日々を送っていましたが、友人が保護した生後2ヶ月前の子猫を迎えて家族が増えました。

前回の記事:亡くなった甘えん坊の愛猫。そんな「寂しさと向き合う日々」に突如やってきたのは...

思えば子どもの頃は何度か子猫を迎えたことはあったけれど、世話は全部母がしていました。

私は子猫の遊び相手をしていた記憶しかありません。

ぺーやんとスミちゃんは迎えた時にはもう生後7ヶ月を過ぎていたので、幼さは残るものの、もう子猫という感じではありませんでした。

私にとって初めての子猫の育児、常にあちこち動き回り大人の猫とは全然別の生物のようなアヤメくんをうまく育てていけるか不安でいっぱいでした。

一番の不安要素は噛み癖です。

とにかくすぐに噛みついてきます。

隙あらばガブリです。

IMG_8502.PNG

友人の娘さんの通学路で行きも帰りも、そして夜に保護しにいった時もアヤメくんはひとりお墓でいたそうです。

家族とはぐれたのか、アヤメくんだけ捨てられたのか、実際の所は分かりませんが、噛む加減などを学ぶ兄弟たちがいないので教えていかなくてはいけません。

私が運営している猫ブログ「おそらくその平凡こそ幸せ」のコメントで噛み癖のしつけ方のアドバイスをたくさんいただきました。

実行し易いものから始めてみましたが、なかなかアヤメくんに伝わらず、少し抵抗があった首元へ噛み付く方法も試してみました。

IMG_8503.PNG

どのしつけ方でも、「よくもやったな!」と言わんばかりにすぐ反撃して噛んでくるのですが、噛みたそうな様子だけど噛まなくて「あ!わかってくれた!」と手応えを感じたことは何度もありました。

しかしそれは一時的で時間が経てば元どおりでした。

怒り方の本気度が足りなかったり、私の反応が遅れてしまって逃げられてしまったり、こちらのしつけの質が一定では無かったのもうまくいかない要因だったのかなと思います。

IMG_8504.PNG

夫は噛まれても怒らない時があり、家族全員の足並みが揃っていなかったのもアヤメくんが戸惑わせていたのでしょう。

今までしつけていたつもりでしたが、伝えたいことがうまく伝えられていませんでした。

家族とも何度も話し合い、根気よく続けていこうと長期戦を覚悟しました。

しかし!!

なんということでしょう。

アヤメくんが「噛むことはいけないこと」だということを理解してくれる日が突然娘のしつけによって訪れたのです。

IMG_8505.PNG

それは、噛まれた瞬間に「カッ!」なのか、「ガァッ!」なのか...文字にするのは難しいのですが、一気に空気を吐き出し威嚇すると、怯んで一瞬フリーズし、驚いた顔を見せました。

家族みんな、その反応を見て「効いている!」と思いました。

しかもこの方法ならば素早く逃げられる前に対応することが出来そう!

そして期待通りに成果が現れました。

噛まれるたびにその方法で威嚇するとその都度怯み、本気で噛んでこなくなりました。

大声で「ダメ!」は効かなかったのに...謎です。

我が家の場合はたまたま上手くいきましたが、実家のクロのように大人になっても直らない子もいるので、猫ちゃんそれぞれの性格や気性や環境により、全く違うのかもしれません。

あくまで「アヤメくんの場合」という1つの事例ということで...。

いろいろな方法を試してみて、その子に効果がありそうなもので気長に対応していくのが良いのかなと思いました。

アヤメくんは「噛むのはいけない」と分かってはくれたようですが興奮中などは噛むことがあるので、引き続き頑張っていきたいです。

ぺーやんと過ごした日々のことも。フニャコさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

いつも楽しみにブログを読んでいます。 生後間もない子猫に噛み癖のしつけをしたい気持ちは、良く分かります。 私は、生後1週間の仔と、生後2週間の仔を飼った経験があります。 生後1週間の仔は、まだ私が小学生だったので、母が世話していました。 生後2週間の仔は、私が育てたので、ミルクもウンチもオシッコも、全て我が子のようにお世話しました。 当然、噛み癖もあり、顔を狙って噛まれる毎日でノイローゼになりました。 でも、半年もすると噛み癖も自然となくなるものです。 子猫なら、噛むのは仕方ない事なので、受け入れてほしいです。 アヤメくんが噛み癖のある子悪い子みたいに感じてしまいます。 ふにゃこさんがそう思っていない事は分かっていますが、読む人の感覚では、そう捉えてしまう人もいるかもしれません。 子猫に厳しい躾けはしないでほしいです。 成長と共に、覚えてくれる事はいっぱいあるので、もうしばらくしたら噛まなくなるので、アヤメくんの噛み癖をなんとかしようと思わず、成長の過程と思っていただけたら嬉しいです。 勝手な事を書いて申し訳ありません。
猫同士の喧嘩を仲裁する時も驚かすのが1番いい、と言われていますね、割って入ったら人間なんてひとたまりもないですよ、猫は強いですからね〜 アパちゃんの声が猫の威嚇とそっくりだから効いたのだと思います、さすがです!
おはようございます。 これはうちのにも効くかも知れない! 保護したときが3ヶ月の頃で、同じく甘噛みを教えることができないまま9歳になってしまいました。本気で噛むわけではないけど、やはりいきなり素足を噛まれたりすると「痛っ」てなります。 「いけないことをしたら大きな音をたてて、『これをやったら嫌なことが起きる』と学習させるのがよい」というのを読んだことがあります。 が、「ドルァ!」と叫んでも、空のペットボトルでポコーンと大きな音をたてても驚くのはその時だけ。 でもこれなら。。。「マジで怒っている」と感じてくれるかも知れないですね。やってみます。
私は躾に賛成です(*^^*)成猫で噛み癖のある雄猫の里親になり飼っていたとき、来客への攻撃が生半可ではありませんでした…。服が破けたり、ズボンだけでなく足に穴があくほどの流血する怪我をさせてしまい…、雄猫の攻撃力はすごいです。噛み癖があると知って迎えたものの、かなり手を焼きました。今だに実母だけは、噛まれ続けていますし、姿が似てきた私を間違えて噛んだときもありました。獣医さんにも迷惑をかけ「噛み癖ある子貰っちゃダメだよ〜」と言われる始末で。やはり噛まない猫の方が、周りに可愛がられる事は間違いありません!アヤちゃんが可愛いと思われる為にも、行き過ぎなければ躾は大切だと思います(*^^*)必ずその子の為になるかと。上手くいくよう、応援してますね♪
ねこちゃんにも色んな性格のコがいます。 かみ癖は放っておいてなくなるコもいればご実家のネコちゃんのように直らないコもいます! フニャコさん達の優しい気。ち伝わっていますよ!
すみません 修正途中で送信してしまいました… 『気持ち伝わっています』 です。(^_^;)
カァ、ガァやってみます! 2歳になっても噛み癖ヤベェので耳寄り情報ありがとうございます! スミ姐さんの愛のパンチほどの効力を期待します!
効果のある方法がみつかり良かったですね。あぱちゃんの名付けセンスに感心していたのですが、躾のセンスもあるとは。凄いですね。 前回の記事への私のコメント、何だか重い印象を与えてしまいそうな文章に仕上がっている??と承認された後に。そんな訳ではなかったのに何故なのか自分でもよく分からないままです。まだ読んでなかった記事もあったのでコツコツと見せて頂いており、切ない気持ちはあるけれどペーやんとスミちゃんの可愛さ・フニャコさんが描く絵に癒されています。 介護は大変ですよね。無理せずにと言いたい所ですが無理が必要な時もあるかと。上手く言えませんが、お母さん家&フニャコ家の健康を祈っています。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP