さよならぺーやん。せめて最期はおうちで一緒に.../フニャコ

甘え上手な猫ぺーやん(♂)がお空に帰ってペットロスのフニャコです。記憶が鮮明なうちに、ぺーやんの最期の時に向き合って記事に書いて残します。

前回の記事:開腹腹手術の結果は末期ガン...愛猫最期の闘病記/フニャコ

開腹手術で末期ガンだと分かり、手の施しようがない場合はそのまま閉じるという話でしたが、一番苦しんでいる腸閉塞の状態のままにしておくことは考えられず、先生と相談した結果、まだ組織がくっついていないその日の夜に再度開腹し、腸閉塞を起こしている部分の癌を摘出してくれることとなりました。

ペットを亡くすと、「ああすればよかった。こうした方が良かったのでは?」と、後悔する方が多いと聞きます。私もまさにその1人でいくつか後悔がありますが、この選択をしたことに対して今もなお「ぺーやんごめんね」と言葉が出てきます。苦しい思いをさせてごめん。

夜、手術後に成功の電話を受け、ほっとしました。後はぺーやんの回復を待つだけで...病院にいれば安心です。今が一番苦しいと思うけど、だんだんと元気になるから...と思いながら床に着きました。

翌日病院で摘出した患部や、縫合後の写真を見ながら説明を受けました。手術前に聞いたリスクで、縫合した部分がくっつかない場合があると聞いていましたが、綺麗に縫ってくれている写真を見て、素人目ですが、これは大丈夫だと思いました。

「あとは、ペロ君の回復力にかけましょう。」

そして術後のぺーやんとの面会です。

IMG_7745.PNG

ぺーやんはケージの奥で私の方を見ようとせず、向こうを向いたままでした。いくら話しかけても、顔を覗き込んでも目を合わせようとしてくれません。

病院が大嫌いなのに病院に連れてきて、痛い目に遭わされ置いていかれて...当然の態度です。ぺーやん、ごめんね。

順調に回復し、食事が摂れるようになれば2日後には帰ることが出来る。大丈夫だからね、ぺーやん。祈ることしか出来ないけど、明日も面会に来るからね。

手術前も手術後もですが、色々なリスクを聞いていました。でも私は願望からなのか、そんなことはあるはずがない、きっと上手く行くという気持ちだけでリスクを頭では分かっていたつもりで、向き合っていなかったのでしょう。悪い方へ考えると、そうなってしまう気がして悪い方には考えたくなかったのかもしれません。

翌日は午後に面会に行く予定でしたが、午前中に病院から電話があり、ぺーやんは何も口にしない上、低体温になっているとのこと。

何で??どうして?末期ガンでも寿命までは、元気になってごはんも美味しく食べられるようになるはずなのに...?

急いで病院へ向かう私は、初めてこの時に、回復が望めないかもしれない、早いお別れになるかもしれない。これが現実なのだと思い知りました。

先生からは、厳しい状況で容体は良くない。回復の可能性が一番高いのはやはり病院での医療処置なので病院としては入院を延ばして様子を見たい。だからと言って確実に回復する訳では無く、病院で亡くなる可能性もある。何か口にしてくれればぐっと回復の可能性があがると言われました。病院で回復するのであればお願いしたいけれど確実ではないのなら、病院嫌いだから家に帰ればごはんも食べるのではないだろうか?

先生はその可能性も無くはないが、もし食べなかった場合は覚悟が必要で、今家に帰れば、回復する子は1年に1件あるかないか。それは「奇跡」が起きた場合のこと、とのことでした。

ぺーやんの様子を見ながら考えることにしました。

ケージへ近づき、ぺーやんを見た瞬間に私の心は決まりました。

昨日はこちらを見なかったぺーやんが、私の呼びかけに大きな声で鳴き始めたのです。

IMG_7746.PNG

聞いていられないようなつらい声で呼びかけに応えるぺーやんに対し、迷いはありませんでした。

病院の人には無反応でも私には反応してくれた...これなら家でならごはんも絶対食べてくれるはず。普段ネガティブなくせに、ここでも少しの可能性にかけ、それを信じていたのです。

家に帰り、様子を見ながら温めていると体温は平熱に戻りました。やはり病院と比べて少しはリラックスしている様子に見えました。でも歩くこともままならない...。

IMG_7747.PNG

起き上がり、数歩歩いては倒れ込む。こんなに衰弱していたとは...。ペットシーツを敷き詰め、おしっこをするたびに取り替え、体が濡れて体温が下がるといけないので拭ける範囲をタオルでそっと拭いていました。

そして問題は食事です。食べてくれると思っていたけれど、力を振り絞り抵抗し食べてくれません。食事自体が嫌なのだとショックを受けました。何でも良いから食べて欲しい。ぺーやんが好きそうな、ありとあらゆる柔らかいフードやおやつを買い集め水で薄めたりして何度もチャレンジしましたが駄目。無理にでも...と一口だけスポイトで与えると嘔吐。翌日以降は食べ物の匂いを嗅ぐだけで嘔吐するようになりました。

何が一番良い選択なんだろう。また入院したら良くなる可能性はあるんだろうか?訪問に来てもらうには手術予定が入っている上に片道1時間弱の距離で叶わず、せめて通院しようか...色々と考え、先生に電話をして相談もたくさんしました。しかしもう、病院で治療しても回復は見込めないようでした。

せめて苦しみだけでも和らげてあげたい。人の目に触れない所に隠れようとするぺーやん。歩くのも辛そうだったのに移動しようとします。直接顔が見えないようにダンボールで仕切りを作りました。病院から帰り、亡くなるまでの数日間。夫や娘、母と交代しながら、夜もずっとぺーやんの側でいました。時々嘔吐をし、ふらつきながらもトイレまで歩き、おしっこをした時は驚きました。

最期の日まで頑張ったぺーやん。

IMG_7748.PNG

最期は大きく肩で息をし、息を引き取りました。

ぺーやんの最期を夫と看取ることができました。夫があんなに泣いた姿を見たのは初めてです。私たちは長い時間、時間が止まったかのようにそこから動くことが出来ませんでした。

ぺーやんごめんね。苦しい思いをさせてごめんね。

1ヶ月後に病理検査の結果が出ましたが、どの数値も厳しいものばかりで、余裕を持って完全に取り切り取ったかに見えた腸閉塞の部分の患部の両端の細胞にも癌が認められたそうです。想像以上に癌は進行しており、縫合した部分も見た目は繋がっていたけれど正常な細胞ではなかったため、細胞同士くっついていなかったのだろうとのことでした。

あの時、ぺーやんを連れて帰って良かった。家に帰りたくて鳴いたのかもしれません。

ぺーやんは体調不良の原因が解らず、3軒 の病院を受診しました。どの病院へ通ったとしても、後であれやこれや考えてしまったかもしれません。ぺーやんの治療をお願いした先生はとても丁寧に診察してくれて、素人の私にも分かるように丁寧に説明があり、こちらの疑問が無くなるまで全部答えてくれました。本当に感謝しています。

ぺーやん。

ぺーやん。

今は何をしてるのかな?

美味しいごはんをおなかいっぱい食べてね。

幸せな時間を一緒に過ごしてくれてありがとう。

フニャコさんの過去記事はこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

私もわんこを病気で亡くしました。昨日は月命日でした。 もう半年以上たちますが、なかなかロスから立ち直れません。( ;∀;)
切ない時間を、共有させて頂き、ありがとうございます。 文字に起こすのも、絵にするのも、まだまだ辛いですよね。
お久しぶりのコメントです。 「おそらく~」の方も、相変わらず毎日楽しく読ませて頂いてます。 久しぶりのぺーやんの最期の姿を読ませて頂いて、ティッシュの山が できてます。でも、読むのを拒否するのは ぺーやんを拒否するような 気がして。。。 皆さん 本当に必死でしたね。改めてお疲れ様でした。 ぺーやんもお疲れ様。まだちゃんと家にいるかな? 自分も、前の猫を亡くしてから半年ロスしてました。 振り返ればそこに見えてるはずの姿が見えない。 ベッドから降りる、トトンという音が聞こえない。 水を飲む、ピチャピチャという音も全然聞こえない。 本当に辛かったです。 そんな時に今の「るんた」との出会いがあって救われたのですが、 るんたももう9歳になりました。早いものです。 天寿を全うするまで ずっとずっと大事にしていきます。
私も17年間共にした愛猫とお別れした後6年間猫を見るのも辛いくらいペットロスになりました。未だに会いたくて会いたくてたまらないくらいの大切な存在です。乗り越えたようでずっとずっと探している自分に、乗り越えられないくらい大切な存在なのだと改めて思います。
お辛いでしょうに 記事にしてくださってありがとうございます。 ずっとフニャコさんのブログを通して見守ってきたぺーやんの、最期を知ることができてよかったです…
フニャコさん最後にペ〜やんと過ごせた事良かったかと思います。 ペ〜やんは、きっと虹の空
うちも去年、20年一緒にいた黒猫とお別れしました。 大往生で老衰でしたが、最後はやはり食べたり飲んだらできなくてオムツもして… 最後を看取る事が出来たことがせめてもの心の救いでしたが、やはり今でも会いたくてたまりません。 ふにゃこさんのブログを読むきっかけは、すみちゃんが、亡くなった黒猫にそっくりなのです。 すみちゃんの写真を見るたびに、思い出して、うれしくなるのです。 まだ、辛い気持ちが残っていると思いますが、無理なさらず、少しずつ受け入れられていけばなと思います。
医師が近くにいるほうが何かあった時にと思う気持ちと家族がそばにいて落ち着ける家に連れて行きたい気持ち、すごくわかります。頑張ってる姿を見るのもつらいですよね。 私も家で看取りました。最後は痙攣しながらすごく鳴きながらでした。私もいっぱい名前呼びました。 寂しさ悲しさは無くならないけど、うちにももう一匹猫がいるのでその子が寂しくないように接しています
お久しぶりです。 うちは先日49日を終えました。 読んでいるうちにぺーやんとうちの子が重なって涙が出そうになっちゃいました。 お互いまだ辛いですね。 本当に天国で美味しいもの食べたり元気だといいなあと思います。
涙…涙…です。 私も経験ありますが先代の12年暮らしたハチワレ黒さん… 中学の頃から一緒にいて私が就職してすぐに配置転換になり週単位で全国各地に出張する職場になり…殆ど実家に帰る事なく、帰っても若かったからかすぐ外出してネコさんね相手してやることもなく… それから4年経った頃に急に地元の職場に配置転換。 地元に私が帰ってきたらすぐネコさんはガンが悪化して… でも、愛されたネコさんは遠くにいても必ず最後のお別れをしてくれます。 苦しみもがいた最期でしたが母と一緒にみとれてやれて埋葬もしてやりました。 ネコさんが亡くなってからすぐまた私は配置転換になり遠方に出張になりました。 私との別れにネコさんは少しの時間をくれたんだなぁ…と思い。 あれから20年経ちますが、今はネコさんの13回忌の年に買った家で三匹の元ノラネコさんと室内で一緒に暮らしています。 その三匹も先代ハチワレさんと一緒の病院に通院してます。 ぺーやん、いつまでもお空からご家族を観ていてあげてよ。
こんにちわ ぺーやんのお話ありがとうございます。お気持ちを察するに余りありますが、ふにゃこさんとぺーやんが、ご家族が、思い合ってらしたのが痛いほど感じました。 ぺーやん、私たちにもたくさん愛を分けてくれてありがとうね。
人間は後悔ばかりですが、ぺーやんはそばにいてくれた愛をいっぱい感じて幸せに逝ったと思います。苦しいのはちょっとだけだったよ。うちの子はそう言いました。 だからぺーやんも同じはず。 家族の優しい笑顔の中に沢山、幸せでした。 思い出すと涙が出るけど、それだけ愛してるんだから。涙が出るのは当たり前。後悔するのも当たり前。 大好きだよってことだから。 涙もぺーやんに優しく伝わります。 頑張ったぺーやん、褒めてあげてください。 それからまた泣きましょう。
つらすぎて涙があふれました。 かわいいし楽しいんだけど、別れはすごくつらい。 私はみいこ(猫)が死んでから、生き物を飼えなくなりました。
ぺーやん、たくさん頑張ったんだね
辛い、辛い、でも頑張っていたぺーやんの最期の姿を見せてくださってありがとうございます。一緒にお見送りする気持ちになりました。 うちの前の子も、最期の日に帰宅した時、私の顔を見て悲鳴のような声を上げました。病院でのぺーやんと同じようにきっと助けを求めていたんだなと今思います。 大好きなお家で、大好きなご家族に囲まれて静かに逝くことが、ぺーやんの最大の望みだったはず。 フニャコさんの選択は間違いではなかったと思います。 今はきっと、痛みのない体で、フニャコさんたちのそばで楽しく過ごしているのでしょうね。 可愛いぺーやん。ずっと大好きです。
すごくわかります、いろんなこと 同じような経験しましたから 家に帰れる、家なら食べる、、、 家で、みんなと時を過ごして 看取ってもらえて、ぺーやんは うらやましいし、幸せですよ うちは、かみさんが呼び出しで 駆けつけて、看取りましたが 僕は仕事で間に合いませんでした。 先生は、三十分ぐらい心臓マッサージを続けてくれた そうです。 僕が到着した時 目を見開き、左右の眼球は違う方を見てました、 頑張ったんだなぁ、、、と涙が出ました。 きっと幸せだったと思います、ぺーやん
壮絶な戦いだったんですね(;_;) 通勤電車の中で涙してしまいました。 思い出すのもとってもお辛かったでしょうが、最後まで人間同様に惜しみない愛情と医療を与えられたペーヤンは、本当に幸せなニャン生だったろうと感じました。 私は、愛犬の安楽死を自分で決断し最後を看取りましたが、後悔はしていません。避けられない運命の中、精一杯生きてくれたし、私の家族も最後まで力を尽くしました。 だから、ぺーやんもふにゃこさん宅の家族になれて幸せだったと思います。有難うと思っていますよ。 ╰(*´︶`*)╯
私は3年前に初代猫を亡くしました。急に吐き始めて、半日くらいの経過で虹の橋を渡ってしまいました。最期は病院でした。元気になると皆信じていたのです。こんなに短い時間しか残されていないと知っていたなら、家に連れて帰ったでしょう。でも、どうなるかなんて誰も正確にはわからなかったのです。 泣き暮らしていましたが、また猫と暮らしたいと思い、保護猫を2匹迎えました。新たに猫を迎えたことで、初代猫をより愛しく思い出します。いつか、今猫たちを送る日もやってくるでしょう。それまで世界で一番幸せな猫たちでいられるよう、今猫たちにも無限の愛情を注ぎたいと思います。
こんばんは。 目をあわせないぺーやん。フニャコさんの呼びかけに鳴くぺーやん。 深く悲しむブリやんさん。涙なしでは読めないですね。 甘えん坊で面倒見が良くて可愛いぺーやん。 美味しいご飯をいっぱい食べて穏やかに過ごしていると思いますよ。 フエルト作成、笑わせてもらっています。 指が痛くなる等、なかなか難しいらしいですね。 ぺーやんも喜んでいるんじゃないかな。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP