亡くなった甘えん坊の愛猫。そんな「寂しさと向き合う日々」に突如やってきたのは.../フニャコ

愛猫ぺーやんが亡くなって数ヶ月。残されたスミちゃん8歳(♀)と暮らすフニャコです。

前回の記事:「まだ火葬したくない」愛猫のやわらかな毛をなで続けた日/フニャコ

猫の寿命は人間より短いので、必ず見送る時は来るというのはもちろん分かっていますが、生前は「亡くなる」ということはどうしても考えられなくて、全く考えないようにしていました。

常に私の後を追い、抱っこの時には全力で身体を預けてきて、とにかくぺーやんは私にべったりの甘えん坊でした。

いつも側に居るのが当たり前だったぺーやんが居なくなった反動は想像以上に大きかったです。

ペットロス1.PNG

肉体は無くてもきっと側に居てくれているはずという気持ちと、すぐに現実が受け入れられない気持ちが両方あったのでしょう。

毎日、ぺーやんが生きていた時と同じようにお骨に話しかけていました。

ぺーやんが玄関への戸を開けるのでいつも置いていたつっぱり棒も必ず置いて。生活が変えられませんでした。

「ああしていれば、こうしていれば」という後悔とぺーやんがいない寂しさはどうしても無くならず...。

現在数ヶ月経っていますが、闘病中のことは思い出すとダメですね。ティッシュ大量消費です。

でも少しずつ、楽しかった出来事を思い出し、笑顔になることも増えてきました。

ペットロス2.PNG

スミちゃんと一緒に、ぺーやんの動画をテレビで観たりしています。スミちゃんもじっと観ているのですが、ぺーやんってわかっているのかな?

記憶というものは薄れてくるもので、はっきりと覚えているつもりでも写真や動画を見ると「ああ、こんなことしてた、こんな毛並みだった」など、細かな部分を鮮明に思い出せました。

結構写真や動画は撮ってきたけれど、いくら見ても足りないです。面白い姿や可愛い姿の時だけでなく、普段の何気ない姿をたくさん撮っていればよかったなと思います。

ペットロス3.PNG

ぺーやんが亡くなって1ヶ月程経った頃、娘の友達が子猫を保護したらしく、飼えないかと聞かれました。

申し訳ないけれどその当時はとても考えられず、お断りしました。結局その子猫は保護した子の家に迎えられたのでほっとしました。

その後も新しい子を迎えるという考えは全くありませんでした。

ぺーやんの思い出と、スミちゃんだけで十分です。ずっとそんな風に思っていたのですが、最近になって「もしも我が家で迎えなければ助からない子がいた時は迎えても良いかな」と、一瞬だけ思いました。

その数日後です。

友人の娘さんが通学路で捨て猫を見つけ、アヤメくん(仮)を我が家で保護することになったのは。

ペットロス4.PNG

スミちゃんとの相性によっては、里親さんを探そうと思っていますが、このままうちの子になるかもしれません。

まだまだぺーやんロスから回復しそうにはありませんが、ぺーやんが居たらきっとちびっこの相手をしてあげてるんだろうなと思います。

ぺーやんのことは今後も思い出さない日は無いと思いますが、明るく、前向きに進んで行かなくてはいけないなと思います。少しだけそう思えるようになってきました。そしてきっと見守ってくれていると信じています。

ぺーやんの闘病記も読んでみてください。フニャコさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

こんばんわ ぺーやんへのふにゃこさんの思いに触れることができたような気持ちです。こんな風に自分と素直に向き合えるあなただから、みんなに愛されるんだろうなって。ぺーやんがたくさんの人に愛されたように。 わたしも自分の周りの人に優しくなれるように心を尽くそう、なんかそんな気持ちにさせられました。 これからも、ブログ楽しみにしてます
私も4か月前に「ぺぺ」という名前の猫が虹の橋を渡って行きました。(ぺーと呼んでいました)ぺーやんと一緒で甘えん坊で、いつも側にいました。16年7か月一緒に生活していたので寂しく心の空洞がなかなか埋められません。犬ともう一匹猫がいるのですが、ぺぺの存在が思ってた以上に大きかったみたいです。今まで3匹犬と猫を送り出しましたが、初めてペットロスになりました。考えたら先の子を亡くした時はぺぺが側にいて癒してくれたからです。犬はやはり猫とは違うし7才になる猫は抱っこが嫌い。あまりにも寂しく2か月前に保護猫を受け入れました。可愛いい盛りですが、あまりにもワンパク坊主で癒されるより怒ってばかりです。寒くなってきた、この季節、布団の中に潜りこみ朝まで一緒に寝てました。去年はいたのになぁ~と。又最近寂しさを感じています。私は現在68才、子供一人は結婚し、孫もいます。現在、結婚しないという息子と夫の3人家族。暇な婆ちゃんです。フニャコさんは若いし子育てなどで、忙しいと思いますので、頑張ってね 我が家のペット達は皆天寿を全うしたけど癌で早く亡くして、辛かったね。娘の所の猫も2月に8才で逝きました。
アヤメ君を迎えるまでにも、ブログには書かれていない出来事や思いが幾つもあったのですね。 私はアヤメ君の記事を読んだ後はぺーやんの記事を1つ読むようにしています。 ぺーやんが寂しがっていないかふと気になり、その日以来そうさせてもらっています。 私の心配性の部分が出てしまっているのかもしれません。 「僕にはお母さんがいるから大丈夫。ブリやんとあぱちゃんもいるから大丈夫ですよ。」 そうぺーやんに言われてしまうかもですね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP