猫を上手く抱っこするためには...猫の○○○になりきるべし!/フニャコ

甘えん坊でビビりなぺーやんとマイペースなスミちゃんの猫2匹と、中2の娘、夫と暮らすフニャコです。

前回の記事:半日も家を空けられないのは猫のせい? それとも.../フニャコ

猫たちは自然に私に寄って来ますが、夫や娘はそれが納得いかない様子...。

自分たちも同じように抱っこしたい、甘えてほしいと思っていますが...自分から引き寄せようとするので猫たちは逃げてしまいます。

IMG_7155.PNG

私が一番猫たちと接する時間が長く、世話をしたり遊ぶ時間が長いので猫たちにとってはお母さん的立場なのでしょう。(子どもの頃飼ってた猫たちも世話をしている母に一番懐いていました)

IMG_7154.PNG

私だってふたりに同じように抱っこさせてあげたい!

でも自分から強引に猫を抱きに行っても逃げるだけ...

猫たちに来てもらうためには『ひたすら待つ!』

大人しく抱かれる子なら、この『待つ』のほうが抱っこできる確率が高いのではないかと思います。

IMG_7153.PNG

めずらしく娘に抱っこのチャンスが巡ってきたけれど、嬉しさと出て行かれたくないという緊張から身体に力がはいってしまい、それに敏感に反応するぺーやん。

惜しい...!

猫を上手く抱っこするためには...ソファに!

ソファになりきらなくてはならない...!

IMG_7152.PNG

IMG_7151.PNG

IMG_7150.PNG

あまりこちらからガツガツ行かないほうが猫たちが来てくれるので、抱っこしたい気持ちをぐっとこらえて、猫たちが来るのを待ってほしいなあと思います。

...私も子どもの頃は娘と同じ感じだったのでどうしても我慢できない気持ちは良く分かるのですが(笑)

あとはソファ(体型)の座り心地でしょうか...。娘が大人になるとまた違うのかもしれないですね。

 

次の記事「病院嫌いで大暴れ!猫の移動には洗濯ネットを活用すべし/フニャコ」はこちら。

他の回も必読!フニャコさんの連載一覧はこちら

 

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

江戸川乱歩の人間椅子を連想しました。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP