死は怖くないけど、介護で迷惑をかけるのは避けたい。70代女性牧師が高齢期を迎えて気をつける「ごく普通のこと」

貯金が少ないから老後が心配...多くの人が抱える将来の不安。そんな時代に、「お金がなくても幸せになれる」と言うのは70代の牧師・ミツコさん。著書『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(すばる舎)の中では、その暮らしぶりを伝えています。今回は同著書から、ミツコさんが感じた仕事のやりがいや日常の感動など、人生を充実して過ごすためのヒントをお届けします。

pixta_62312971_S.jpg

死は怖くないけれど、介護で迷惑をかけるのは避けたい

来年から後期高齢者になる74歳の今、将来に不安を感じることはありません。

母や教会の高齢の方の姿を見て、人間はこんなふうに老いていくんだなと、教えられました。

クリスチャンの考え方では、私たちはこの世では旅人。

生きているということは、天国へ向かっての旅の途中です。

死は神様の元への旅立ち。

終わりではなく、死は始まりと考えます。

自分は生かされている。

この命は神様から預かったもの。

死や病気は自分の力でどうにかなるものではありません。

神様から天に召されるとき、人の命が尽きるのです。

だから、今暮らしていけるだけのお金があれば、備えはいらない。

この世は、天国へ向かっての旅の途中なのだから、生きているのにどうしても必要なもの以外は、持たなくていいと考えます。

今までずっと精一杯の暮らしをしてきたので、蓄えはありません。

保険にも入らない主義です。

保険に入ると、安心して病気になってしまうケースを、多く見てきたこともあります。

保険には頼らない。

頼るのは神様だけ、浮気はしないと思っています。

ただ、学資保険には入りました。

教会員で郵便局にお勤めの人がいたからで、4人の娘たちの学費として、少額ですがそれぞれ積み立てをしていました。

そのお金で、娘のひとりは高校時代に楽器を買い、少し残ったお金を高校卒業後の進路の学費の足しにしていました。

死や病気は自分の力ではどうにかなるものではないし、神様にすべてをお任せしているので、死ぬのはこわくありません。

体が衰えていくことも、人間として自然なこと。

それはそれで受け入れます。

ただ、介護が必要な状態となって、子どもたちに迷惑をかけるのは、できる限り避けたい。

とはいえお金に余裕がないから、スポーツジムに通ったり、健康食品を買ったりしようとは考えません。

やっているのは、食事に気をつけ、運動をし、規則正しい生活を送るなどごく普通のことです。

そして、仕事などでできるだけ外に出て、人と話すようにしています。

年齢なりの小さな不調はときどきありますが、元気で楽しい毎日を送っています。

【最初から読む】「幸せの98%は大変なこと。2%は・・・」女性牧師、70歳から一人暮らしを始めて思うマイペースな「幸せ」

【まとめ読み】「74歳、ないのはお金だけ。」記事リストはこちら!

819VgVYEtYL.jpg

74歳の牧師がつづる、一人暮らしの老後生活。健康管理法やお金の価値感などについて全6章で紹介されています

 

ミツコ(みつこ)
1946年生まれ。牧師。8人きょうだいの5番目として牧師家庭に育ち、自身も牧師を志す。神学系の大学を卒業後、同じく牧師の夫と結婚。夫婦二人三脚で47年間教会を運営。その傍ら、娘4人を育て、孫が16人。長年闘病していた夫を2016年に見送る。現在も協力牧師として、週2回教会につとめ、日曜礼拝で説教を行うことも。

shoei.jpg

『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』

(ミツコ/すばる舎)

年金だけで暮らしは大丈夫か? 体は大丈夫だろうか? 老後生活には悩みの種がつきものです。74歳・牧師のミツコさんはお金がなくても、充実した生活を送っています。健康維持法や仕事への取り組み方、挑戦する心など彼女の生き方は、現代の老後生活の希望になるかもしれません。

※この記事は『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(ミツコ/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP