転倒した義母の様子がおかしい! レントゲン撮影で判明したのは...⁉/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:義父と義母が正面衝突⁉「わが家の介護」を大きく変えることになる大事件が発生!

トイレから出ようとした義父。

そしてその義父の後追いをしていた義母。

二人は運悪く鉢合わせしてしまい、もつれ込むように転倒してしまいました。

1.jpg

その日は一晩、ベッドから起き上がれず心配しましたが、翌朝には落ち着いたのか痛がりながらも何とか1階にゆっくり下ろすことが出来ました。

しかしいつもは食欲旺盛な義母が

2.jpg

朝食に全く手を付けないのです。

その上顔色も悪く、表情もさえません。

そこで義母がお世話になっている糖尿内科の先生に昨日の転倒のいきさつから説明し、指示を仰ぐことにしました。

3.jpg

すると「全身状態は気がかりだけど、まずは整形外科で診てもらってください。それから必要であれば診察します。」とのこと。

様々な病院にかかっている義父と違って義母は整形外科とはなじみがありませんでしたが、義父がお世話になっているワダ整形へ車に乗せて連れて行くことにしました。

4.jpg

親せきから譲ってもらった車いすが家にあり本当に助かりました。

困難をきわめつつ台に上がりすぐにレントゲン撮影した結果

5.jpg

出された診断は『腰椎圧迫骨折』でした。

6.jpg

これは骨がもろくなった高齢者にはありがちな骨折で、脊髄の一部が外部からの圧迫などでつぶれることにより起きるのだそうです。

ただ、一度潰れてしまった骨を元に戻すことは難しく治療はせいぜい痛み止めの投与ぐらい。

あとは時間薬といったところでしょうか?

7.jpg

8.jpg

これまた難しい注文ですなぁ。

そして、今後は週2回の痛み止めの注射をうつため、先生が往診してくださることになりました。

痛がる義母を病院まで連れて行くのも大騒ぎですもの。

本当にありがたいことです。

先生にお礼を言って、この日はひとまず家に帰っていったのですが...。

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP