「幸せの98%は大変なこと。2%は・・・」女性牧師、70歳から一人暮らしを始めて思うマイペースな「幸せ」

貯金が少ないから老後が心配...多くの人が抱える将来の不安。そんな時代に、「お金がなくても幸せになれる」と言うのは70代の牧師・ミツコさん。著書『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(すばる舎)の中では、その暮らしぶりを伝えています。今回は同著書から、ミツコさんが感じた仕事のやりがいや日常の感動など、人生を充実して過ごすためのヒントをお届けします。

pixta_33221889_S.jpg

70歳からは公営住宅にひとり暮らし

夫が主任牧師の間は牧師館つまり教会に、辞任してからは教会近くのマンションに住んでいました。

家賃は教会に出してもらっていたので、なるべく教会に負担をかけないようにしたいと考えていました。

そして、2015年に夫と二人で住むために公営住宅に応募しました。

翌年に公営住宅に入れる通知が来たのですが、その1カ月前に夫は亡くなっていました。

その後、単身世帯用の部屋に入居する許可がおりて、現在の住まいに引っ越しました。

1Kの小さな部屋ですが、ひとりで暮らすには十分です。

かつての住まいから数駅離れた場所です。

人生で何度も引っ越しをしてきたので、ここにずっと住みたいといったこだわりはなく、高齢になって住まいが変わることへの抵抗もまったくありません。

住んでいる公営住宅は、最寄り駅から歩いて5分ほどの場所にあり、静かな環境で住みやすいです。

周りには大きなスーパーがあるので、買い物も便利です。

今でも週2回教会に通っており、自治体が運営するシルバー人材センターの仕事をするなど、出かけることも多いので、交通の便がよくて助かっています。

夫が亡くなり寂しい気持ちもありますが、今はひとり暮らしを満喫しています。

今まで夫がいて、子どもたちがいて、教会員がいてと、常に周りに人がいる生活。

実際に、牧師館にプライバシーはほとんどありません。

とくにわが家は、住まいがそのまま教会である時期が長かったので、リビングのドアを開けると教会員がそこに立っていた、ということが何度もありました。

そんな生活も、それはそれでもちろん楽しくて充実していました。

でも、好きなときに昼寝をしたり、ご飯を食べたりできる、ひとりの家での時間が貴重だなと思えます。

私は「幸せの98%は大変なこと」だと思っています。

たとえば「お子さんやお孫さんがたくさんいて幸せですね」と言われることがあります。

本当にその通りなのですが、反面、大人数の食事を作ったり、お産の面倒をみたりと大変なことが多いのも事実。

すごく幸せなことだけれど、労力的には大変です。

でも、2%の幸せはとても深いのです。

ひとり暮らしの今は、その大変なことはありません。

人と喧嘩することもない、マイペースで平和な日々です。

でも、逆に2%の深い幸せもなく、少し物足りない日々なのかもしれません。

とはいえ、いまだに教会に定期的に通ったり、老人ホームや病院にいる高齢の親族や教会員を訪ねたり、まだ小さい孫を預かったり、シルバー人材の仕事も週3日あったりで、毎日忙しくしています。

そして、住んでいる公営住宅の自治会の役員の順番が回ってきて、それを担当させてもらっています。

体を動かして働くことが好きなので、充実した毎日です。

【まとめ読み】「74歳、ないのはお金だけ。」記事リストはこちら!

819VgVYEtYL.jpg

74歳の牧師がつづる、一人暮らしの老後生活。健康管理法やお金の価値感などについて全6章で紹介されています

 

ミツコ(みつこ)
1946年生まれ。牧師。8人きょうだいの5番目として牧師家庭に育ち、自身も牧師を志す。神学系の大学を卒業後、同じく牧師の夫と結婚。夫婦二人三脚で47年間教会を運営。その傍ら、娘4人を育て、孫が16人。長年闘病していた夫を2016年に見送る。現在も協力牧師として、週2回教会につとめ、日曜礼拝で説教を行うことも。

shoei.jpg

『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』

(ミツコ/すばる舎)

年金だけで暮らしは大丈夫か? 体は大丈夫だろうか? 老後生活には悩みの種がつきものです。74歳・牧師のミツコさんはお金がなくても、充実した生活を送っています。健康維持法や仕事への取り組み方、挑戦する心など彼女の生き方は、現代の老後生活の希望になるかもしれません。

※この記事は『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(ミツコ/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP