「ごくたまに買う1本の花が、ものすごくうれしい」70代女性牧師が年金生活から感じた「お金と幸せ」

貯金が少ないから老後が心配...多くの人が抱える将来の不安。そんな時代に、「お金がなくても幸せになれる」と言うのは70代の牧師・ミツコさん。著書『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(すばる舎)の中では、その暮らしぶりを伝えています。今回は同著書から、ミツコさんが感じた仕事のやりがいや日常の感動など、人生を充実して過ごすためのヒントをお届けします。

pixta_23825087_S.jpg

年金7万円が主な収入。けっこうお金持ちです

今の主な収入は年金です。

国民年金と厚生年金、夫の遺族年金を合わせて2ヵ月に1回約14万円、月にすると約7万円です。

厚生年金は主任牧師をしていたとき、教会が宗教法人になり、加入しました。

最後の2年半だけでしたが、少しでも年金の額を増やそうと、がんばって保険料を支払いました。

夫と二人で年金だけで生活していたときは、夫の年金分5万円は生活費としては使っていませんでした。

夫は糖尿病を患っていて、私よりも先に亡くなるだろうと思っていたので、自分ひとりの年金で生活できるようになろうと考えていました。

夫は、自分の年金を教会への献金と孫たちのお小遣いにしていましたが、夫の気持ちに任せていました。

牧師の家庭に生まれ育ったので、貧乏は慣れています。

父は、家にお金がなくても、「うちよりもっと困っている人に分け与える」と思っていた人でした。

結婚した夫も同じようなタイプ。

大学のチャプレン(教会に属さずに施設や組織で働く聖職者)でのお給料も、学生さんたちを食事に連れていき、すべて使ってしまっていました。

牧師にはそういう人が多いのです。

夫が主任牧師として新しく教会を立ち上げたとき、3年くらい謝儀(牧師の給料)を辞退したので、無給だったこともあります。

子どももいるのにどうしようと思いましたが、クリスチャンは「必要があれば神様が与えてくださる」と考えるので、お金がなくてもどうにかなってきました。

とはいえ、神様が与えてくださるのは、最後の最後。

ぎりぎりまでがんばって、「本当に困った」と途方にくれていると、不思議と「亡くなった父がお世話になったから、このお金を」などと思いがけない方から献金があったりして、助けられることがあります。

そんな生活だったので、「もっともっと」というよりも、あるものに感謝して、その中でどうにかする習慣が身につきました。

だから、そういう頃に比べると、今はひとりでこれだけのお金を使えるので、「私ってお金持ちね」と思っています。

お金がないことを嫌だなと思うのではなく、その状態を楽しんでしまいます。

たとえば、花は、ごくたまに1本しか買いません。

でも、だからこそ、その1本の花が買えたとき、ものすごくうれしい。

お金があれば、いつでもたくさん買えるけれど、逆に1回の感動が薄まってしまいます。

時々しかできないからこそ、喜びが深い。

だから、少ないものでも幸せになれるのです。

今は、お金がないほうがむしろ幸せだとも思えるようになりました。

【最初から読む】「幸せの98%は大変なこと。2%は・・・」女性牧師、70歳から一人暮らしを始めて思うマイペースな「幸せ」

【まとめ読み】「74歳、ないのはお金だけ。」記事リストはこちら!

819VgVYEtYL.jpg

74歳の牧師がつづる、一人暮らしの老後生活。健康管理法やお金の価値感などについて全6章で紹介されています

 

ミツコ(みつこ)
1946年生まれ。牧師。8人きょうだいの5番目として牧師家庭に育ち、自身も牧師を志す。神学系の大学を卒業後、同じく牧師の夫と結婚。夫婦二人三脚で47年間教会を運営。その傍ら、娘4人を育て、孫が16人。長年闘病していた夫を2016年に見送る。現在も協力牧師として、週2回教会につとめ、日曜礼拝で説教を行うことも。

shoei.jpg

『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』

(ミツコ/すばる舎)

年金だけで暮らしは大丈夫か? 体は大丈夫だろうか? 老後生活には悩みの種がつきものです。74歳・牧師のミツコさんはお金がなくても、充実した生活を送っています。健康維持法や仕事への取り組み方、挑戦する心など彼女の生き方は、現代の老後生活の希望になるかもしれません。

※この記事は『74歳、ないのはお金だけ。あとは全部そろってる』(ミツコ/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP