収入源や資産、自由なお金は? シニア層の「お金事情」聞いてみた/頑張らない節約術(1)

誰もが気になる家計の節約、どうすれば長続きするでしょうか。きついやり方は耐えられず、かえって逆効果です。経済ジャーナリストの荻原博子さんに、頑張らずにできる節約のコツを聞きました!

2101_P007_01.jpg

年金で暮らすからこそ堅苦しい節約は逆効果!

一般的に「節約」というと、家計をしっかり管理して、1円単位の無駄遣いも許さないというイメージではないでしょうか。

実際、年金など限られたお金で家計をまかなっていたり、いまだ終息の見えないコロナ禍で生活の先行きが不透明だと、なおさら節約意識は働くかもしれません。

ですが、そんな節約に「やり過ぎは逆効果です」というのは、経済ジャーナリストの荻原博子さんです。

「ツラい節約なんて、長続きするわけがありません。『頑張らない』で済むようなルールを決めておくのがポイントです」

定期誌『毎日が発見』の読者の多くは、年金が収入の要で、持っている金融資産の総額は、1000万円未満~3000万円未満が5割弱という結果でした。

「人生100年時代」がやってきたからこそ、人生を長く楽しく過ごすための節約術は、ぜひ取り入れたいものです。

読者アンケートから分かった!
いまのみんなのお金事情は?

『毎日が発見』の読者の皆さんに、普段のお金について聞いてみました。ここでは、回答の一部を紹介します。

Q1:現在の収入源は?

年金メインの人が大多数
読者の多くはすでに仕事をリタイアしている世代。約7割の収入源は主に年金で、貯金やパート収入などでフォローしながら暮らしている世帯が多いのが特徴。

2101_P007_02.jpg

Q2:金融資産の総額は?

3000万円未満が多い結果に
1000万円未満~3000万円未満がおよそ半数。単身世帯や2人世帯と家族構成がバラバラのアンケート結果となるが、それによる資産額の違いはあまり見られず。

2101_P007_03.jpg

Q3:毎月の自由なお金は?

3万円未満が約6割
読者の約6割は、3万円より少ないという結果。なお、「この金額で満足ですか?」という問いには、5割以上が「満足」と回答している。不満と答えた読者は約1割にとどまる。

2101_P007_04.jpg

【まとめ読み】特集「頑張らない節約術」記事リスト

取材・文/大正谷成晴 撮影/関 大介 イラスト/木波本陽子

 

<教えてくれた人>
経済ジャーナリスト
荻原博子(おぎわら・ひろこ)さん
1954年、長野県生まれ。早くからデフレ経済の長期化を予測し、家計のスリム化や現金の重要さ、ローンの危うさを説き続ける。近著に『荻原博子の家計引きしめ術』(毎日新聞出版)など、著書多数。

この記事は『毎日が発見』2021年1月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP