お風呂で血行促進ケア!ヘアケアのプロが教える「ぐっすり眠れる頭皮マッサージ」

新型コロナウイルスによる外出自粛が緩和され「そろそろ生活リズムを取り戻さなきゃ」という人も多いですよね。それならまずは規則正しい睡眠が大切! ...ということで、上質な眠りにつながる「血行がよくなる頭皮マッサージ」を、美容師の経験もあるヘアメイクのKOYOさんに教えてもらいました。自宅で簡単にできて、たるみ&シワ防止効果もあるので、ぜひ挑戦してみてください。

DSC03064.jpg

実は頭皮全体を動かさないと、たるみやシワの原因にも!

こんにちは!ヘアメイクのKOYOです。

突然ですが、皆さんは頭皮全体を毎日動かしていますか?

運動不足は気にしても、頭皮を動かしているかなんて気にしている人は少ないと思います。

人間の皮は一枚でつながっていますし、頭部にも筋肉があります。

筋肉や皮膚を動かさないことで、頭も血行が悪くなるんです。

ちなみに頭皮マッサージは、たるみやシワ防止効果もあるので、若々しさを保つためにも毎日取り入れていただきたいですね。

40~50代の皆さん、頭皮は毎日動かさないとどんどんたるんできますよ!

なかなか時間に余裕がなくなる日々が戻ってきそうですが、一日数分でも行うだけで体内の血行が変わったことが実感できるので、ぜひ実践してみましょう。

まずはウォーミングアップ!

マッサージもトレーニングと同じで、ウォーミングアップが必要です。

「これからマッサージをしますよ」と皮膚に伝えることで効果が変わってきます。

① もみあげから上に引き上げる

DSC03023.jpg

まずは手の平全体を広げ、指先を軽くタッチする感覚で始めていきます。

もみあげから頭頂部に向けて、ゆっくり上げていきます。

② 耳のカーブ部分から上に引き上げる

DSC03025.jpg

耳の後ろ、耳のカーブしている部分から頭頂部へ上げていきます。

①より少し後ろになります。

③ 頭の前後を引き上げる

DSC03033.jpg

とにかく頭皮全体に触れているかを確認しながら行ってください。

入浴中、バスタブに浸かった状態でも簡単にできるマッサージなので、自分の手で頭全体を触れることを意識してやってみてください。

いよいよマッサージ

① 頭のはちまわり→頭頂部、こみかみ→頭頂部、耳の上→頭頂部、耳の後ろ→頭頂部に引き上げる

DSC03037.jpg

マッサージは、顔を洗うような手の形を意識して行います。

前からゆっくり頭頂部に向け、引き上げていきます。

DSC03069.jpg

こめかみからの引き上げは、手のひらよりも少し手根に近い部分で引き上げると力が入ります。

DSC03042.jpg

耳の上、耳の後ろはなかなか触ることがないので、ゆっくり意識しながら引き上げましょう。

② 後頭部→頭頂部に引き上げる

DSC03073.jpg

後頭部は背中からつながった溝部分をおさえると気持ちいいです。

細かく説明していますが、とにかく頭皮全体を触ることと、すべて頭頂部に向かって下から上にマッサージすることを意識して、やってみてください。

コンディショナーを付けている状態でマッサージをすると効果的で、風呂上がりにはタオルドライをした後にヘアマスクやオイルをつけると、ヘアケアにもなるので一石二鳥ですよ!

取材・文/栗山春香

 

KOYO
専門学校在学時から雑誌やテレビ、ファッションルックブック、コレクションなど幅広く活躍。同時に美容師免許も取得し、美容師、アイリストとしても技術を学ぶ。『いくつになっても女性により美しくなってほしい』という想いから、ネイル技術を身につけ、美容業界10年目。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP