マイペースなのか、がめついのか...ビュッフェで幼い双子を放置してお代わりしまくる夫

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ツインズママ
性別:女
年齢:38
プロフィール:かわいい盛り、やんちゃ盛りの4歳双子の母です。毎日バタバタですが、肝っ玉母さんになってきました。

16.jpg

私は30代の主婦です。

同世代の主人と、4歳の双子の姉妹を育てています。

初めての育児が双子、1人寝たら、1人起きる。

1人泣き止んだら、1人泣く! 

私はいつ眠れるの? 

休めるの? 

毎日必死だった赤ちゃん時代と比べたら楽になりましたが、それでもまだまだ大騒ぎな毎日が続いています。

バタバタな生活で、私自身がせっかちになってしまったのか、最近、主人がのんびりしすぎているように見えて仕方ないのです。

先日、双子を連れての旅行に行ったときの出来事。

モーニングビュッフェで、まだまだ目が離せない子ども二人との食事はゆっくりなんてできません!

自分でやりたい盛りの娘たちの後ろについて「ゆっくりね」「こぼさないように気を付けてね」と声をかけながら着席。

大人の食事は、子どもの食事をみながら交代で取りに行きます。

とりあえず、さっとお皿に取り席に戻る私に対して、ゆっくりゆっくり吟味しながらモーニングビュッフェを満喫する夫。

その後も私は、食事をしながらも目線は子どもへ。

「毎日、忙しいんだから、旅行の朝食ぐらいゆっくり食べよう」

そう主人は言いますが、当然私だってゆっくり食事をしたいのです!

しかし、周りの迷惑にならないように、子どもが小さいうちは気を使いながら食事をするものだと思うのです。

もう、この時点でこの場を平和に何事もなく乗り切りたいと思う私の気持ちと、ゆっくり食べたい夫の気持ちにズレが生じています。

なんとか無事に子ども達が食べ終わり、ちょっと飽き始めたころのことです。

遊び始める前に、そろそろ席を立とうかと思っていた矢先、主人が「あと一回いい?」と料理を取りに行ってしまいました。

「え? そこ我慢できない? そこまでしておかわりしたい?」

仕方なく主人の食事が終わるのを待つ私と双子。

マイペースというか、がめついというか。

案の定、退屈しだした子ども達。

よくこんななかで、ゆっくり食事を楽しめるものだなと、逆に感心してしまいます。

実は主人、双子が生まれてからずっとこのペースなんです。

赤ちゃんの頃、外出前にオムツを変えて欲しいと頼んだら「わかった! このテレビ終わったらやる!」なんてこともありました。

「2人いるんだから、すぐお願い!」と言ってやらせても、テレビを見ながらおむつ替えなんてできません。

子どもはコロコロどこか行ってしまって、余計に時間がかかってイライラ。

子どもとの生活はトラブルがつきものですが、できるだけ先回りして、回避しようと思う私。

「目が離せないのは今だけ!」

「あと数年もすれば、ゆっくり外食を楽しめる日が来るのだから、子どものことを最優先にしてよ!」 

そう心の中で叫ぶ私なのです。

関連の記事:どんな予定にも「お袋も誘うか」という夫。決して嫌いではないけど...モヤモヤが止まらない!

関連の記事:人間は変われる!娘がシングルで出産、49歳で祖父になって実感したこと

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

モーニングブッフェでしょ?旦那残して先に部屋に戻ればいいのに、どうして一緒に居なきゃダメなの?
お子さんが飽きてるなら無理にそこにいなくても、ホテルを散策するとか部屋に戻ってるとかできますよ!
大変ですね。 マイペースな旦那さん、貴方の思い通りにはなりませんから、期待するから 怒り爆発!もう諦めましょう! 旦那さんを選んだのは、貴方ですから…。 これからも大変だと思いますが 頑張って下さい。
アンタが、子供たちの面倒見レバいいのに、誰のおかげで、生活が、できると、思ってんだよ
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.05.03
はぁ?じゃあこんな旦那が主夫になって子育てして妻が仕事にでてなりたつと思うの? 外で働く方が上って考え方はおかしい。 親って自覚と責任感が薄いんでしょ。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.05.03
食べ物ぐらいで…あんたも 相当、意地汚いね(笑)
我が家の子どもは男、男、女の3人を連れての旅行は部屋食、貸し切り風呂があるところにいっていました。一生懸命な主様のこの場をやりきることに必死になる気持ちはよく分かります。やはりほかの方に迷惑かけたり気になる時期ですので、そういったチョイスをすることで旅行もゆったりした気分を母親も味わえると思います。 ブッフェは、子どもがもう少し大きくなって食事のマナーが分かるようになってからでもよいのではないでしょうか。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP