毎日の決まりごとに!シャンプー時の薄毛予防「頭皮マッサージ」とは

薄毛対策に必要不可欠なのは、頭皮そのものの状態を良くすることです。髪の毛を花に例えるなら、頭皮はそれを育てる土壌です。花にいくら水や肥料を与えても、それを育てる土壌が荒れていては美しい花は咲きません。つまり、頭皮が荒れていたり、ヘアサイクルが乱れていたりすると傷んだ髪の毛しか生えてこなくなるのです。今回は頭皮を健やかな状態に保つ「シャンプー時の頭皮マッサージ方法」をご紹介します。


pixta_36284930_S.jpg

 

柔らかい頭皮にするには毎日のマッサージが大切!

1日たった3分、マッサージをすることで、頭皮の血流が良くなり髪に栄養が行き渡りやすくなります。大切なのは三日坊主にならないこと。そのためには、「シャンプーをするときは必ずマッサージを行う」と毎日の決まりごとにしてしまうとよいでしょう。


■頭皮マッサージの方法

1 おでこ側から洗っていく
おでこの髪の生え際から頭頂部を通り、後頭部に向けて洗うのがオススメ。洗い残しが減る上、頭皮の血流を良くすることができます。1906_p064_01.jpg

ポイント:ジグザグラインで!1906_p064_02.jpg

手を小刻みに揺らしながら洗うことで、頭皮に詰まった汚れもしっかり落とせます。

 

2 指で頭皮をほぐす
ひととおりシャンプーをした後に追加したいのが頭皮マッサージ。1カ所につき10秒、頭皮を動かすイメージでほぐしましょう。1906_p064_03.jpg

ポイント:爪は立てない!1906_p064_04.jpg

爪を立てると毛根がダメージを受けるので注意。指の腹で優しく行いましょう。

 

次の記事「首&リンパほぐし!お風呂上がりの薄毛予防「4ステップ・マッサージ」/頭皮マッサージで薄毛予防(2)」はこちら。
取材・文/荒井さやか ヘアメイク/野崎裕子 撮影/楠本隆貴(will creative) モデル/後藤栄子

 

 
この記事は『毎日が発見』2019年6月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP