洗うのが面倒なアレ・・・実はそもそも「ない方が快適」かも。スモールスペースで快適に暮らす「物の持ち方」

60平米の賃貸マンションで、共働きをしながら4人の子どもを育てるベリーさん。ブログにつづったワーキングマザーの暮らしのワンシーンに、家事をラクにするたくさんの工夫があると話題になっています。今回は、そんなベリーさん初の著書『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)から、すぐに真似できる「暮らしをラクにするコツ」を一部抜粋してお届けします。

123-002-017.jpg

「なくても大丈夫」「ない方がいい」ものは多い

持たないと決めたものがいくつかあります。

それは、バスタオルやバスマット、カーペットです。

気になったときにすぐ洗えないもの、もしくは洗いづらいもの。

バスタオルは洗濯時にかさばり、乾きにくい。

入浴後に体を拭くときは、ひとりにつき1枚のフェイスタオルを使うようにしています。

6枚になりますが、洗いやすいし乾きも早いので、洗濯もラク。

入浴後に6人が踏むバスマット。

びしょぬれになり、干す場所にも困りました。

毎日簡単に洗えるものをと思い、今使っているのはフェイスタオルです。

まず1枚敷いておき、お風呂から出た子供を拭いたタオルを重ねていきます。

全員入浴したら、そのまま洗濯機へポイです。

実はなくても平気だった、ない方がむしろ快適だったと気づくことは多いものです。

服も食器もストック類も「この引き出しに入る分だけ」

大人数でスモールスペースに暮らすには、ものの数を少なくすることが欠かせません。

「これはこのスペースに入る分だけ」と容量を決めています。

容量を決めたら、衣服も日用品のストックも、それぞれの収納スペースにざっくり管理。

仕切り等を使って細かく整理することはあまりなく、たまに「ものが隠れず一目でぱっと見える状態」に整理する感じです。

決めたスペースからはみ出てきた、一目で見渡せずゴソゴソ探さないと見つからない......というときは、「持ちすぎサイン」が点灯。

中身を見直します。

4人の子供たちの服は基本的に、ひとりにつき引き出し1段分と決めています。

シーズンオフの服は別に管理し、そのシーズンに着ている服は引き出しに収納(小学生の上の子たちのトップスは、服が大きくなってきたのでハンガー掛け)。

引き出しがいっぱいになってきたら、服の数を見直します。

シーズンオフの服は別に管理し、そのシーズンに着ている服は引き出しに収納(小学生の上の子たちのトップスは、服が大きくなってきたのでハンガー掛け)。

引き出しがいっぱいになってきたら、服の数を見直します。

食料品や洗剤などの日用品ストックも、それぞれの収納スペースに入るだけとしています。

ここに入る分だけ、と決めておくと、管理がラクです。

何を持っているのか、何が足りないのかがすぐにわかります。

そして、わが家ではもう使わないなあ、でもまだ使えるなあ、というものは、メルカリ等のいくつか決めている手放し先に、手放す準備をします。

123-002-019.jpgリビングのクローゼットに衣服を収納しています。ベランダから洗濯物を取り込んだ後、しまいやすい位置

撮影/林ひろし

【最初から読む】ラク家事の人気ブロガーが「あえて狭い家を選ぶ理由」

【まとめ読み】人気ブロガーの生活テクニック「シンプル丁寧に暮らす」記事リストを見る

124-H1-teineinikurasu.jpgキッチンの使い方や物の管理法、家のルールまで、スモールスペースでも6人家族がストレスなく暮らす工夫が全7章にわたって紹介されています

 

ベリー
ブログ「ベリーの暮らし」を運営。ワーキングマザー・ブロガーとして、ラク家事・ラクごはんでシンプルに心地良く生活する工夫など、日々の暮らしをつづる。3年間1日も休むことなく更新し、にほんブログ村「ワーキングマザー育児」ランキングでは度々1位に。読者数、PV数ともに急上昇している。

124-H1-teineinikurasu.jpg

『子供4人共働き・賃貸60㎡で シンプル丁寧に暮らす』

(ベリー/すばる舎)

小さな家でも家族6人、ゆとりのある暮らし送る方法があります。子どもたちが率先して家事を手伝う仕組みや片付けがはかどるもの選びなど、無理をしないで日々の暮らしをラクにする工夫は、すぐに真似できることばかり。大人気ブログをつづるワーキングマザーが全ページ書き下ろした初めての著書です。

※この記事は『子供4人共働き・賃貸60㎡で シンプル丁寧に暮らす』(ベリー/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP