賃貸60平米に6人暮らし・・・でも、快適です。ラク家事の人気ブロガーが「あえて狭い家を選ぶ理由」

60平米の賃貸マンションで、共働きをしながら4人の子どもを育てるベリーさん。ブログにつづったワーキングマザーの暮らしのワンシーンに、家事をラクにするたくさんの工夫があると話題になっています。今回は、そんなベリーさん初の著書『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)から、すぐに真似できる「暮らしをラクにするコツ」を一部抜粋してお届けします。

123-001-013.jpg

家族6人、賃貸60平米にあえて住む理由

わが家は夫婦に子供4人の6人家族。

60平米、2LDKのマンションで暮らしています。

住まいを考えるとき、持ち家派と賃貸派に分かれると思いますが、わが家は賃貸派です。

子供の年齢を考えると、家族6人全員で暮らす期間は、長くてあと10年ちょっとのはず。

家族のライフステージや状況に応じて、身軽に住み替えていきたいと考えています。

今の住まいは、駅から徒歩1分の場所にあります。

これが幼い子供の子育て中である今、とても便利。

わが家は夫婦ともに実家が遠く、子供が病気にかかったときには交替で半休を取り合うことも。

通勤時間をなるべく短くすることは、 家事も子育ても仕事もがんばれる環境を整えるうえでは、とても重要です。

駅のすぐそばに住んでいると、通勤はもちろん、車を持たないわが家では、家族で出かけるときにもすこぶる便利です。

部屋が広い物件は、駅から離れていることがほとんど。

それであれば、駅近から選ぼう。

部屋数の少なさや狭さは、住まい方を工夫することでなんとでもなると考えました。

ただし、日当たり、風通しが良いのも外せない。

ぴったりの物件が幸運にも見つかったのでした。

子供たちがもう少し大きくなるまで、引っ越しの予定もありません。

スモールスペースでも広々とすっきり暮らせるよう、これからも工夫を重ねていきたいと思います。

撮影/林ひろし

人気ブロガーの生活テクニック「シンプル丁寧に暮らす」記事リストを見る

124-H1-teineinikurasu.jpgキッチンの使い方や物の管理法、家のルールまで、スモールスペースでも6人家族がストレスなく暮らす工夫が全7章にわたって紹介されています

 

ベリー
ブログ「ベリーの暮らし」を運営。ワーキングマザー・ブロガーとして、ラク家事・ラクごはんでシンプルに心地良く生活する工夫など、日々の暮らしをつづる。3年間1日も休むことなく更新し、にほんブログ村「ワーキングマザー育児」ランキングでは度々1位に。読者数、PV数ともに急上昇している。

124-H1-teineinikurasu.jpg

『子供4人共働き・賃貸60㎡で シンプル丁寧に暮らす』

(ベリー/すばる舎)

小さな家でも家族6人、ゆとりのある暮らし送る方法があります。子どもたちが率先して家事を手伝う仕組みや片付けがはかどるもの選びなど、無理をしないで日々の暮らしをラクにする工夫は、すぐに真似できることばかり。大人気ブログをつづるワーキングマザーが全ページ書き下ろした初めての著書です。

※この記事は『子供4人共働き・賃貸60㎡で シンプル丁寧に暮らす』(ベリー/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP