「毎日おかず4品なんて、ムリ・・・」いえいえ、もっと簡単に考えて。一瞬で今夜の献立が決まる「4つのカテゴリー」

60平米の賃貸マンションで、共働きをしながら4人の子どもを育てるベリーさん。ブログにつづったワーキングマザーの暮らしのワンシーンに、家事をラクにするたくさんの工夫があると話題になっています。今回は、そんなベリーさん初の著書『シンプル丁寧に暮らす』(すばる舎)から、すぐに真似できる「暮らしをラクにするコツ」を一部抜粋してお届けします。

123-007-044.jpg

一瞬で献立が決まる「4つの組み合わせ」

わが家は家族全員、食べることが大好きです。

一日の終わりの夕飯は、みんなでゆっくり食べたい。

家族のリクエストも聞きながら、おかずを4品出すようにしています。

4品って、大変そうに聞こえるかもしれません。

けれど、私の調理法はごくシンプルなものが多く、焼いたり蒸したり炒めたりするだけというのもたくさんあります。

ミニトマトなど洗って出すだけのものでも、もちろん1品。

時間や手間をかける料理は週末やイベント時だけと割り切って、平日は簡単に仕上げられるものを選んで作ります。

何を作るかは、4つのカテゴリーで考えて決めていきます。

①肉 or 魚

②大豆製品(豆腐 or 納豆 or 豆料理)

③卵(卵焼きやゆで卵)

④野菜

です。

夕飯でたんぱく質をしっかりとりたいと思っているので、この組み合わせ。

それぞれのカテゴリーから1品ずつ決めていきます。

123-007-045.jpg

たとえば、ある日の夕飯は①むね肉で作った鶏ハム、②納豆、③チーズ入り卵焼き、④ブロッコリーのオイル蒸し、といった感じです。

あらかじめ献立を決めることはしていません。

その日の朝の出勤前に冷蔵庫をチェックして、今晩はこんな感じで作ろうかなあとざっくりイメージします。

帰宅後、再度冷蔵庫の中を見ながら、カテゴリーごとにおかずを決めます。

この方法に落ち着く前は、3日ごとや1週間ごとの献立を考えていたこともありました。

予定どおりに進むと、食材も計画的に買えるし、毎回考える必要がなくラク。

......けれど私の場合、家族の体調に合わせてメニューを変更したり、やっぱりこっちを先に食べたいと考えたり。

そんなこんなで、数日分の献立を立てるのはやめました。

「4カテゴリーで考える」のざっくり方法がストレスもなく、今の私に合っています。

ちなみに、おかずは個別のお皿に盛りつけることはしません。

鍋のままか、ひとつの皿にどんと出し、各自で自分の小皿に取り分けるようにしています。

撮影/林ひろし

【最初から読む】ラク家事の人気ブロガーが「あえて狭い家を選ぶ理由」

【まとめ読み】人気ブロガーの生活テクニック「シンプル丁寧に暮らす」記事リストを見る

124-H1-teineinikurasu.jpgキッチンの使い方や物の管理法、家のルールまで、スモールスペースでも6人家族がストレスなく暮らす工夫が全7章にわたって紹介されています

 

ベリー
ブログ「ベリーの暮らし」を運営。ワーキングマザー・ブロガーとして、ラク家事・ラクごはんでシンプルに心地良く生活する工夫など、日々の暮らしをつづる。3年間1日も休むことなく更新し、にほんブログ村「ワーキングマザー育児」ランキングでは度々1位に。読者数、PV数ともに急上昇している。

124-H1-teineinikurasu.jpg

『子供4人共働き・賃貸60㎡で シンプル丁寧に暮らす』

(ベリー/すばる舎)

小さな家でも家族6人、ゆとりのある暮らし送る方法があります。子どもたちが率先して家事を手伝う仕組みや片付けがはかどるもの選びなど、無理をしないで日々の暮らしをラクにする工夫は、すぐに真似できることばかり。大人気ブログをつづるワーキングマザーが全ページ書き下ろした初めての著書です。

※この記事は『子供4人共働き・賃貸60㎡で シンプル丁寧に暮らす』(ベリー/すばる舎)からの抜粋です。

この記事に関連する「暮らし」のキーワード

PAGE TOP