洋服はこうやって減らして! 片づけの新提案「6・6・3」ルールに挑戦してみました

これまで1000人以上のスタイリングを手がけてきた、からかわまりさんは、1シーズンで「トップス6着、ボトムス6着、アウター3着」を持つ新たな「洋服のルール」を提案。15着あれば十分着まわせるので、「それ以外の洋服を減らしましょう」と言います。そこで今回は、からかわさんと読者が「6・6・3」片づけに挑戦した様子をレポートします!

【まずはチェック】1シーズン15着あれば大丈夫! 洋服を減らす「6・6・3」ルールのススメ

●CASE-1 荻野久美さん(50歳)

自営業で人と会うことが多いため、オフィス系の服が多い。「印象が強い服は何度も着られないため、服の数が増えてしまいます」。

ステップ1:出す

2010_P030_01.jpg荻野「季節ごとに分けていないんですが...」

からかわ「分けなくて大丈夫。ハンガーにかかった状態で分かるものを抜き出して」

ステップ2:分ける

2010_P030_02.jpg

トップス

2010_P030_03.jpg

ボトムス

2010_P030_04.jpg

アウター

荻野「アウターが多いですね。3着だけ選べるかしら」

からかわ「コーディネートしやすい服を優先的に残せば、自然と決まります。安心して」

ステップ3:選ぶ

からかわ「まずはボトムスの6着を選びましょう。そこにトップスを合わせて、着まわしやすさを確認します」

荻野「種類ごとに絞り込むんですね。やってみます!」


同じ白ならシンプルなデザインに
2010_P030_05.jpg

白いブラウスは1枚あれば十分。「上着を着る季節は、袖がすっきりしたデザインの方がもたつきません」。

選んだ服が合わなければ残りの服から再チョイス

2010_P030_06.jpg

「差し色になる明るい色があるとコーディネートしやすいですよ」ということで、残りの服から新たに追加。

着まわしが難しい服は却下

2010_P030_07.jpg

お気に入りの白いジャケットですが、実は着こなせない、と荻野さん。「難しい服は、残念ですがあきらめましょう」。

万能に着まわせる茶系のボトムスはあると便利

2010_P030_08.jpg

スエード素材のベージュのスカートは、選んだトップスに合わせやすい。「追加しましょう!」。

これだけになった!
荻野さんの秋服「6・6・3」

【トップス:6】

2010_P031_01.jpg

柄ものを1着に絞り込み、残っている服から色もの1着を追加。「自分では選ばなかった赤いトップスが入ることでコーディネートに変化がつきますね」と、荻野さんも納得のセレクト。

【ボトムス:6】

2010_P031_03.jpg

パンツ3着、スカート3着と、バランスのいいラインナップになった荻野さんのボトムス。「柄もの、色ものはそれぞれ1着入れていたのですが、べージュは盲点。あると絶対に便利ですよね」。

【アウター:3】

2010_P031_02.jpg

トップスとボトムスが確定したところで選んだのが、カジュアルにも着こなせるレザーのショートジャケットと薄手のウールコート、かっちりとしたトレンチ。「ベストの3着だと思います!」。

「6・6・3」片付けを終えて

「すてきな服をたくさんお持ちでしたが、思い切って枚数を絞り込んで正解! 不要な服の見極めができました」


クローゼットも取り出しやすくなった

2010_P031_04.jpg

「6・6・3」から外れた秋服を除いたら、ギュウギュウのクローゼットがスッキリ。一気に取り出しやすくなりました。


●CASE-2 菊地美津子さん(55歳)

服はほとんど処分したことがなく、若い頃からの服が山積み。「仕事をやめて通勤着もいらなくなったのに、なかなか処分できません」。

ステップ1:出す

2010_P032_01.jpg

菊地「何をどれだけ持っているか把握できていないんです」からかわ「『6・6・3』の倍を目安にして、好きな服を抜き出してみましょう」

ステップ2:分ける

2010_P032_02.jpg

トップス

2010_P032_03.jpg

ボトムス

2010_P032_04.jpg

アウター

2010_P032_05.jpg

その他

2010_P032_06.jpg

その他

菊地「ワンピースやカーディガンも残したいんですけど、いいですか?」

からかわ「大丈夫!トップスを1着分減らし、その分ワンピースを入れましょう」

ステップ3:選ぶ

菊地「甘めのかわいい服ばかり選んでしまいそう...」

からかわ「雰囲気が偏らないように、素材感の違う服や、引き締めになる黒系の服も入れましょう。印象が変えられますよ」

迷ったら試着!

2010_P032_07.jpg

試着は、1枚だけでなく全身コーディネートが鉄則。「合わせて着てみると本当に使える服かどうか分かります」。

ベーシックカラーの
ガウチョパンツは万能

2010_P032_08.jpg

グレーはどんな色にも合わせやすく、便利。しかも今年流行の長め丈パンツなら、活躍間違いなし、ということで追加。

古すぎるデザインは却下!

2010_P032_09.jpg

柄はかわいいけれど中途半端な丈が古くさい印象。「残しても着ない可能性大。サイズに問題がなくても外しましょう」。

羽織り着は1着だけ選ぶ

2010_P032_10.jpg

寒さ対策に必要なカーディガンは、「6・6・3」とは別枠で1着までOK。「コートの下に着られる長めの黒がおすすめ」。

これだけになった!
菊地さんの秋服「6・6・3」

【トップス:6】

2010_P033_01.jpg

カジュアルなカットソーから、甘めのブラウス、ワンピースまで、雰囲気の異なる6着をセレクト。「ワンピースを入れたいときは、その分トップスを減らすんですね。参考になりました!」。

【ボトムス:6】

2010_P033_03.jpg

柄もの1着と明るめの茶系を2着入れ、パンツを多めに選んだ菊地さん。「グレーのガウチョパンツは、自分でも持っていたことを忘れていたもの。合わせやすい服だと分かってうれしいです」。

【アウター:3】

2010_P033_02.jpg

訪問着としてスーツ系の上着を入れるか迷っていた菊地さんですが、外して正解。「スーツは着るシーンが限られてしまうけれど、天竺のカジュアルなジャケットなら幅広く着こなせますね」。

「6・6・3」片付けを終えて

「着まわしをよく考えると、自然に服の要不要が判断できます。クローゼットもムリなく片付きますよ」

クローゼットも取り出しやすくなった

2010_P033_04.jpg

目当ての服を探すのがひと苦労だったクローゼット。絞り込み段階で50着以上のいらない服が処分できて、見違えるようにスッキリしました。

処分
2010_P033_05.jpg

【まとめ読み】特集「洋服を減らす『6・6・3』の新ルール」記事リスト

取材・文/佐藤由香 撮影/三佐和隆士 イラスト/石坂しづか

 

<教えてくれた人>
からかわまりさん
パーソナルコーディネーター、整理収納アドバイザー。スタイリスト、パタンナーなどの仕事を通じ、1000人以上のスタイリングを手がける。現在は大人世代のワードローブプランニングなどを提案。

この記事は『毎日が発見』2020年10月号に掲載の情報です。
PAGE TOP