1シーズン15着あれば大丈夫! 洋服を減らす「6・6・3」ルールのススメ

これまで1000人以上のスタイリングを手がけてきた、からかわまりさんは、1シーズンで「トップス6着、ボトムス6着、アウター3着」を持つ新たな「洋服のルール」を提案。15着あれば十分着まわせるので、「それ以外の洋服を減らしましょう」と言います。そこで今回は、この「6・6・3ルール」と「洋服を絞り込む3ステップ」を教えていただきました。

2010_P027_01.jpg

15着あれば30通り以上、着まわせます!

「洋服の持ち方で大切なのは、数よりコーディネート。多過ぎるなら、着まわしやすい服だけに厳選してみましょう」と言うからかわさん。

提案するのは、1シーズンの服をトップス、ボトムス各6着、アウター3着の計15着に絞り込む「6・6・3」ルール。

「トップスとボトムスだけで36通りものコーディネートができますから、それ以上は持たなくて大丈夫。同時に手持ち服を見直せば、いらない服も見つかりますよ」(からかわさん)

次からは「6・6・3」の絞り込み方を詳しくご紹介。

さっそくチャレンジしてみませんか。

誰でも「6・6・3」に減らせる!
洋服を絞り込む3ステップ

【ステップ1】出す

2010_P028_01.jpg

クローゼットやたんすから、今シーズン着たい服を抜き出します。

「トップス、ボトムスは各6~12着、アウターは3~8着まで。ワンピース、カーディガンは各6枚までOK。ここで意識することは〝本当に着たいかどうか〟。新しくても、サイズが合っていても、気分が上がらない服は着ませんから、自分の気持ちを大切にして出してみて」(からかわさん)

【ステップ2】分ける

ステップ1で選んだ服を、トップス、ボトムス、アウター、その他で分けます。

この時点では、種類によって、枚数にバラつきがあっても構いません。

「種類で分けてみると、似たような色が多い、アウターが少ないなど、手持ち服の偏りに気付くこともできます」(からかわさん) トップス、ボトムスが6着以下、アウターが3着以下の場合は、着たい服が足りないということ。

残った服から選ぶのではなく、買い足しを検討しましょう。

●トップス

2010_P028_02.jpg

ブラウス、カットソー、Tシャツ、ニット、ポロシャツ、チュニック、トレーナーなどはこのカテゴリーに。

●アウター

2010_P028_03.jpg

ジャケット、ブルゾン、コート類。アウターとして着る厚手のカーディガンやシャツなども含みます。

●ボトムス

2010_P028_04.jpg

パンツ、スラックス、スカートなど。パンツには、ジーンズも含みます。

●その他2010_P028_05.jpg

ワンピースのほか、カーディガンやフード付きのパーカー、ボレロなど羽織りものはその他の仲間でまとめます。

【ステップ3】選ぶ

まずはボトムス、次にトップスの順に各6着、最後にアウターから3着選びます。その際、シンプルで素材や色が異なるものを選ぶのがポイント。

「白、黒、グレー、茶系などベーシックカラーを基本に、色ものを1~2点入れると着こなしの幅が広がります。アウターは短め丈、長め丈を各1点入れましょう。その他のアイテムはバランスを見て最後に選んで」(からかわさん)

2010_P029_01.jpg

絞り込みながらいらない服が見つかります!
「6・6・3」に入らなかった服は、着る機会が少ない服ということ。捨てどきに悩んだ服もラクに処分できます。

【まとめ読み】特集「洋服を減らす「6・6・3」の新ルール」記事リスト

取材・文/佐藤由香 撮影/三佐和隆士 イラスト/石坂しづか

 

<教えてくれた人>
からかわまりさん
パーソナルコーディネーター、整理収納アドバイザー。スタイリスト、パタンナーなどの仕事を通じ、1000人以上のスタイリングを手がける。現在は大人世代のワードローブプランニングなどを提案。

この記事は『毎日が発見』2020年10月号に掲載の情報です。
PAGE TOP