飲み会の幹事の仕事を「幹事をする」の一言でまとめない。細かい作業に分解しましょう/すぐやる人になる100の方法

あなたは「なりたい自分」になるためにやろうと決めたことを、ついつい「先送り」にしていませんか?仕事、勉強、ダイエットに部屋の片づけ。いざやろうと思っても続かなかったタスク処理が、心理学的な分析からのアプローチを使えばびっくりするくらい簡単に進んでいきます!「ハック」ブームの火付け役となった著者による、行動力アップのための「最強解説」があなた自身を「やりぬく人」へとアップデートしてくれるはず!

※この記事は『イラスト図解 先送りせず「すぐやる人」になる100の方法』(KADOKAWA)(佐々木 正悟/KADOKAWA)からの抜粋です。

前の記事「危機感をモチベーションにして「先読み」することに注力しよう/すぐやる人になる100の方法(3)」はこちら。

 

「パッキング」に気をつける

脳はあらゆる作業を「パッキング」したがります。脳は、細かく小さなことをいちいち認識していられないので、ひとまとめに「パック」したがるのです。

脳は「ひとつのまとまった概念」としてものごとを取り扱います。
たとえば、飲み会の準備をするときも「駅から近くて雰囲気のよいお店をピックアップして、参加費をどれくらいにするか検討し、料理のコースを決め、○月×日に予約を入れて、参加者全員にメール連絡して......」などとは考えません。「幹事をやる」とひとことでまとめてしまいます。

かなり込み入った仕事でも「ひとつの仕事」として認識してしまうのです。というよりも、かなり込み入った仕事だからこそ、ひとつにまとめたがるといえるでしょう。これが「パッキング」です。

 

○ 「パック」した仕事は、実行しにくい

このようにコンパクトにひとまとめにしたほうが、思い出したり紙に書いたりするのには便利でしょう。しかし、いざそれを実行しようとするときにとても難しく感じます。これが「すぐできない」原因となります。

脳は、ひとことで仕事を表しがちなので、手帳やTODOリストにもひとことで書き入れてしまいます。
「旅行に行く」「部屋を整理する」「起業する」「プログラムを組む」「プレゼンの準備をする」。こんな項目があなたのTODOリストに並んでいませんか?

これでは手がつけられないはずです。

どれもひとことですませてしまえば、脳にとってはそのほうが楽です。概念として扱いやすいからです。

パッキングしてしまえば「本当はできないはずのこと」であっても、ひとことで表すことができます。TODOリストをつくるのが好きな人は、できもしないことがやれそうに思えるからかもしれません。

 

○ リストに書いてワクワクするだけで満足してはいけない

リストに「やるべきこと」や「やりたいこと」をパッキングして書き出してみると、脳はワクワクします。
書き出しただけでは、何も成し遂げられていないのに、すでにたくさんの仕事を終えたような気になるのでしょう。

もちろん手帳やリストに仕事を書いただけでは、何かを実行したことにはなりません。書き出すことは楽しいですし、満足感も得られるかもしれませんが、そのワクワクに慣れてしまうと、リストは何もできていないことで埋まっていき、いつのまにか「すぐやれない」人になってしまいます。

脳がやりがちな「パッキング」への対処法は次項でご紹介します。

p057.jpg

 

分解する

パッキングをすると脳にとっては都合がいいのですが、いざ実行するときになって、なかなか動けないという問題に直面します。

たとえば「部屋を整理する」というのは、脳にとっては好都合です。
ただ、これでは実行するのにあまりにも表現がコンパクトすぎる。リストに書くときは便利ですが、実行するには、ハードルが高いのです。

どうすればいいかというと、小さく分解していく、これに尽きます。
「部屋を整理する」ではなく「ペンをペン入れに戻す」「レシートを捨てる」など、すぐに実行できるところまで分解することが大切です。

脳は、ものごとを「パック」してとらえたがりますが、それでは実行できないので、パックからひとつずつ取り出して、すぐに実行できるところまで分解していく必要があるのです。

 

○ どんどん分解するクセがつけば自然と「すぐやる」人になれる

すぐやれない人は、イメージが漠然としています。「運動をする」「ダイエットをする」「貯金をする」など。これでは、いつまでたっても動けません。
うまくいく秘訣(ひけつ)は分解していくことです。「運動する」といってもやることはいろいろありますから「走る」に絞ったとします。走るためには、道具がいります。たとえば、まずスポーツ用品店に行ってジャージとランニングシューズを買う必要があるでしょう。
「運動をする」を分解すれば、いまできることは「どのジャージとシューズを買うかをインターネットで調べる」ということになります。これならすぐにできませんか?

すぐできないときは漠然と思い描くのではなく、分解していって、すぐできることを探してみてください。

 

次の記事「大きな夢は分解して「現実の作業化」すれば道は拓けます/すぐやる人になる100の方法(5)」はこちら。

 

佐々木 正悟(ささき しょうご)

心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。
1973年、北海道旭川市生まれ。1997年、獨協大学を卒業後、ドコモサービスで働く。
2001年、アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後の2004年、ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に移籍。2005年、帰国。帰国後は「効率化」と「心理学」を掛け合わせた「ライフハック心理学」を探求。執筆や講演を行っている。著書は、『イラスト図解 先送りせず「すぐやる人」になる100の方法』(KADOKAWA)、『仕事の渋滞は「心理学」で解決できる』(KADOKAWA)、ベストセラーとなったハックシリーズなど多数。


cover.jpg

『イラスト図解 先送りせず「すぐやる人」になる100の方法』

(佐々木 正悟/KADOKAWA)

何をするにも「すぐやる人」と「腰が重い人」っていますよね。あなたはどちらでしょうか?仕事、勉強、トレーニングにスポーツ、ダイエットなど、私たちは自分自身がもつ「目標」のために日々何らかのタスクリストを作っています。しかし、なぜか「やりぬくことができない」と悩む人に知ってほしいのが、心理学的な分析に基づいた「行動理論」。「すぐやる人」「やりぬく人」になれる100の方法が、イラスト図解で端的にわかりやすく紹介されています!タスクに追われて溺れがちな現代人におくる、「すぐやれる自分」にアップデートするための最強取説です!

この記事は書籍『イラスト図解 先送りせず「すぐやる人」になる100の方法』からの抜粋です
PAGE TOP