実は歯周病が認知症の原因に!放っておくる負のスパイラルの可能性も

65歳以上の認知症患者は、なんと、およそ5人に1人! 人生100年と言われる現在、身体の寿命と同じように、脳の健康を延ばすことが人間の長生きの幸せなのではないでしょうか。そこで今回は、順天堂大学名誉教授で、アルツハイマー治療で日本トップの新井平伊先生による『脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法』(文藝春秋)より、「脳の健康」を保つ方法を連載形式でご紹介します。

【前回:認知症になる確率が上がる高血圧。実は気にすべきは高さよりも...】

pixta_68738015_S.jpg

アルツハイマー病の予防には、口腔内のケアがきわめて大事

最近の九州大学の研究によれば、重度歯周病の罹患と認知機能低下には相関関係があるといいます。

さらに調べると、人の歯周病の歯茎にあるジンジバリス菌(※1)が、脳内のアミロイドβ(※2)の生産に関与していることがわかりました。

これはたいへん驚くべき発見です。

また、松本歯科大学と国立長寿医療研究センターによる最近の実験では、マウスの口腔内にジンジバリス菌を投与したところ、マウスの認知機能が著しく低下し、アルツハイマー病の病態も悪化していたといいます。

さらに、歯周病は糖尿病を悪化させることもわかっていますから、「歯周病│糖尿病│アルツハイマー病」といった三つ巴の負のスパイラルが形成される可能性があるわけです。

アルツハイマー病の予防には、口腔内のケアがきわめて大事ということになります。

※1:ジンジバリス菌:ポルフィロモナス・ジンジバリス。700種以上ある口内の常在菌のうち、歯周病の発症に最も関連が深い種の菌の中の一つ。

※2:アミロイドβ:タンパク質の一種で、脳の神経細胞に沈着してアルツハイマー病を引き起こすとされている物質

【次回:名医が勧める認知症予防の有酸素運動。意外と「貧乏ゆすり」も有効!?】

【まとめ】「認知症にならない18の方法」記事リスト

脳寿命を延ばす帯なし.jpg

「脳の状態を把握することは、全身の健康を把握することと同じです」と新井先生。いますぐできる頭のメンテナンス、18の方法を解説します

 

新井平伊(あらい・へいい)

1984年順天堂大学大学院医学研究科修了。アルツクリニック東京院長。順天堂大学医学部名誉教授。アルツハイマー病の基礎と臨床を中心とした老年精神医学が専門。日本老年精神医学会前理事長。著書(監修)に『アルツハイマー病のことがわかる本』。

脳寿命を延ばす帯なし.jpg

『脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法』

(新井平伊/文藝春秋)

現在、日本人の「健康寿命」は大いに延びていますが、「脳の寿命」は身体ほど延びていません。そんな「脳の寿命」を伸ばし、活性化させる方法を老年精神医学の世界的権威である新井平伊先生が教えます。「少し汗をかく程度の有酸素運動を週に3回、30分くらい行う」など、具体的なアドバイスが盛りだくさんの一冊です。

※この記事は『脳寿命を延ばす 認知症にならない18の方法』(新井平伊/文藝春秋) からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP