日本人の6人に1人が「難聴」!? 子どもにも急増している「耳のトラブル」の今

「最近、人の声が聞き取りづらくて・・・」その悩み、加齢によるものとあきらめていませんか? 実は、耳が遠くなるのは年を取った証拠ではないそうです。そこで、「難聴は治らないものではない」と言う聴力回復のエキスパート・今野清志さんの著書『耳は1分でよくなる!』(自由国民社)から、難聴の仕組みと薬も手術もいらない耳がよくなるトレーニング法を連載形式でお届けします。

pixta_31864040_S.jpg

潜在的な難聴の数はおよそ2000万人?

耳にトラブルを抱える人の数は、皆さんが考えるより、はるかに多いと私は思っています。

5年ごとに行われる厚生労働省の調査では、平成23年度の聴覚障害者数は、65歳未満で6万6800人、65歳以上で17万5400人、合計で、24万2200人となっています。

ですがこの数字は、実際に耳のトラブルに悩む人の、ほんの一部の数でしかありません。

実は、日本以外の基準に従い、40dB以下の音が聞き取れない人も難聴と定義するなら、2000万人を超えるともいわれているのです。

2000万人がどれくらいの数か、想像もつかないという人のために、例をあげてみましょう。

中高年になると気になる、生活習慣病のひとつに、血液中のコレステロールや中性脂肪が増える、高脂血症があります。

皆さんのまわりでも「検査でコレステロール値が悪かった」「中性脂肪が多かった」といった人の話をよく聞くかと思います。

この高脂血症の患者数は、日本全国で推定2000万人といわれています。

また、肥満者や若者にも増えつつある、糖尿病。

よく耳にする病気のひとつですが、糖尿病の可能性が高い患者と、糖尿病の可能性を否定できない人の数が、あわせておよそ2000万人と推測されています。

こうして身近にある、病気と同じくらいの患者数がいると予測されるのが、難聴なのです。

子どもの難聴も急増している

また、難聴は決して「お年寄りの病気」「年をとったからなるもの」ではありません。

近年では、10代の若者や、もっと小さな子どもの患者も急増しています。

ある日、私の治療院に、3歳の男の子が、お母さんに連れられてやってきました。

それまでは、何の問題もなく聞こえていたのに、ある日を境に、呼んでも振り向かなくなったのです。

「一時的なものかもしれない」と様子を見ていたのですが、回復する様子がないので、お母さんが病院に連れて行きました。

 病院での診断は、「先天性のものだから治らない」とのこと。

「これまで聞こえていたのだから、そんなはずはない!」と思ったお母さんは、7つ以上の病院を巡りました。

ところが、どこでも改善の見込みはないといわれてしまいます。

途方に暮れて、最後に私の治療院に駆け込んできたのです。

私が治療のベースにする、中医学では、体の不調には必ず原因があると考えます。

聞こえていたものが聞こえなくなったのには、理由があるはずです。

ただ、難聴の原因はひとつでないため、見極めるのが簡単ではありません。

しかし、原因がたくさんあるということは、治療の方法もひとつではないということです。

難聴に効果があるエクササイズやマッサージをお母さんに教えたところ、「なにもしないよりは、やったほうがまし」そう考えたこのお母さんは、少しずつマッサージをしてあげたり、子どもと一緒にエクササイズしたりと、たくさんの方法を試し始めました。

そして、1年半を過ぎるころには、この男の子の耳は、元どおりに聞こえるようになったのです。

難聴が治るメソッド『耳は1分でよくなる!』記事リストはこちら!

089-H1-rakusuruhuku.jpg難聴の症例や症状とともに、生活習慣病も抑制できる7つの聴力回復法が紹介されています
※書籍の詳しい内容は、こちらからAmazon書籍購入ページを参照ください

 

今野清志(こんの・せいし)

1953年、宮城県出身。日本リバース院長、目と耳の美容室院長、目と耳の美容学院学院長。中央大学法学部卒業後、慈恵医大アイソトープ科で医学を学ぶ。その後、中国北京国際針灸倍訓中心結業・中国中医研究院で研修などを行なう。30代から整体治療院を開業し、現在は日本橋茅場町本院と東中野分院にて施術を行っている。

shoei.jpg

『耳は1分でよくなる!‐薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法』

(今野清志/自由国民社)

聞き取りづらくて聞き返したり、テレビの音量をあげてしまう・・・難聴は老化現象でなく、誰でもなる病気です。しかしそんな難聴も中医学を中心とした7つの耳トレーニングで聞き取れるように。これを読めば薬も手術なしで耳をよくする方法が身に付きます。

※この記事は『耳は1分でよくなる!‐薬も手術もいらない奇跡の聴力回復法』(今野清志/自由国民社)からの抜粋です。
PAGE TOP