ひどい生理痛や「過多月経」の人は気をつけて!「子宮内膜症」4つの種類と治療法

生理痛がひどくて動けない、婦人科疾患が治らない...こうした悩みや不安は、なかなか人には聞けないものだと思います。そこで、こうした多くの相談に答え、5万人の膣を診てきた婦人科医・駒形依子さんの著書『膣の女子力 女医が教える「人には聞けない不調」の治し方』(KADOKAWA)より、人には聞けない不調を解決するカギとなる「こまがた式セルフケア」についてご紹介します。

pixta_57192335_S.jpg

子宮内膜症は自分で治せる!

生理痛や過多月経で受診する患者さんに多いのが、「子宮内膜症」。

子宮内膜症とは、子宮の内側を覆っている内膜組織が、毎月、子宮の内側以外の場所で増えて出血し炎症を起こすことで、強い痛みが生じる病気です。

子宮内膜は、生理周期に合わせてエストロゲンの影響を受けるため、子宮の内側以外の場所で生理のたびに炎症が繰り返され、臓器が癒着して症状が悪化します。

子宮内膜症はできる場所によって、次の4つに分けられます。

①チョコレート嚢胞(卵巣子宮内膜症)
→卵巣に嚢胞状の腫瘍ができる。古い血液がたまり茶色くなって、見た目がチョコレートに似ていることから「チョコレート嚢胞」と呼ばれる

②子宮腺筋症
→子宮の筋層内に霜降り状に子宮内膜組織がまぎれ込む

③骨盤子宮内膜症
→1cm未満の子宮内膜組織が、子宮の外側、卵管、卵巣、腸など骨盤内の臓器の表面に飛び散る

④異所性子宮内膜症
→骨盤内ではなく、肺や大腸、鼠径リンパ節などに子宮内膜組織が飛び散る

【子宮内膜症の種類】
titunojyosiryoku15.jpg

①のチョコレート嚢胞は、古い血液がたまることで卵巣に嚢胞状の腫瘍ができる病気。

子宮内膜症で最も多い症状で、見た目がチョコレートに似ていることからついた病名です。

大きいから痛みがひどい、小さいから痛みが少ないというわけではなく、なかには、痛みがまったくない人もいます。

②の子宮腺筋症の人は、子宮が大きめでいびつな形をしています。

なぜなら、生理のたびに内膜が子宮の筋肉の中で厚くなって出血し、外に出ることができないので、子宮が腫れている状態になるからです。

腫れる場所によって、その部分だけふくらむので、いびつな形になるのです。

子宮腺筋症は、とにかく痛いです。

毎月、筋肉の中で内出血、つまり、あざができている状態。

あざは押したら痛いですよね。

それと同様に、内出血した筋肉が収縮して出血を止めようとあざを圧迫するので、激痛が起こるのです。

治療でよくおこなわれるのは、ピルの内服。

ホルモンの量を一定にすることで内膜が厚くなるのを抑制し、出血や痛みを抑えるのが目的です。

もう1つが、閉経療法です。

エストロゲンをなくすことで内膜を厚くしないようにします。

③の骨盤子宮内膜症の場合は、生理のたびに飛び散った子宮内膜組織が厚くなり、出血して炎症を繰り返すため、下腹部痛や腰痛、排便痛、性交痛などが起こります。

進行すると、生理以外のときでも腰痛や下腹部痛が起こったり、卵巣や卵管、腸などが癒着することで排便痛や牽引痛(便が通るときに腸が引っぱられる感じ)、性交痛などの原因になったりすることも。

炎症を起こす病変が小さく、エコーやMRI検査では映らないので、生理のたびに下腹部痛や腰痛がある場合は、「骨盤子宮内膜症の疑いがある」として、低用量ピルや黄体ホルモン製剤を服用してもらい、それで治まれば骨盤子宮内膜症と診断されることがあります。

④の異所性子宮内膜症は、内膜組織が定着する場所によって症状が異なります。

肺に飛んでいれば、生理のたびに肺で出血し、肺の組織が破れて気胸(肺から空気が漏れて胸腔にたまる症状)を起こすこともありますし、鼠径部にあれば生理のたびに鼠径部が腫れ上がり、歩けなくなることもあります。

大腸にあれば、生理のたびに激痛とともに下血することもありますが、わずかな下血の場合は、大腸からの下血かどうかが判断できないため、重い生理痛と思って見過ごす人もいるでしょう。

大腸カメラで見つかることもあります。

ほかにも、肝臓、小腸、へそ、尿管などに子宮内膜組織が飛んでいる事例もあるため、まさか子宮内膜症とは思わずに、別の病気だと思っている人も多いかもしれません。

これらの子宮内膜症は、自分が受精卵だった分裂時の問題でなければ、「冷え」や「血流障害」が大きな原因です。

膣・子宮の冷えによる血流障害にともない、いらなくなった組織の吸収・排泄機能が低下することで、内膜組織が定着し、生理のたびに炎症を引き起こして、生理痛や過多月経を起こします。

まずは、膣や骨盤内を温めて血流を整えること、体を循環する血液を増やすこと、血の質をよくすることが大事です。

【まとめ読み】人には聞けない悩みがある人に。『膣の女子力』記事リスト

71fzfXznp3L.jpg

生理や婦人科疾患などの悩みを解決するカギや、セルフケアの方法について、5章に渡ってわかりやすく解説

 

駒形依子(こまがた・よりこ)
東京女子医科大学医学部卒業。2018年、山形県米沢市に婦人科・漢方内科のこまがた医院を開業。高校生の頃から生理痛や過多月経に悩まされる。婦人科での研修医時代、患者よりも自分の生理のほうがひどい状態という矛盾を痛感し、生理痛や過多月経をなくす方法を追求し始める。その後、東洋医学を基礎から学び、自分の体を使って実験をくり返し、最小限の努力で最大限の効果を発揮するセルフケアを考案。自称「子宮が大好きすぎる産婦人科医」。ブログや講演活動を通じて、患者が自分で自身を治すための「グレない子宮の作り方」を提案している。

shoei.jpg

『膣の女子力 女医が教える「人には聞けない不調」の治し方』

(駒形依子/KADOKAWA)

生理のトラブルや、婦人科疾患、不妊、セックスの悩みといった多くの相談に答え、5万人の膣を診てきた婦人科医が、人には聞けない不調を解決する自身考案の「こまがた式セルフケア」について紹介しています。なかなか人には聞けない悩みや不安をスッキリ解消するヒントになる、話題の一冊です。

※この記事は『膣の女子力 女医が教える「人には聞けない不調」の治し方』(駒形依子/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP