更年期特有の「のぼせ」改善にも! 女性婦人科医が教える「3つの骨盤ストレッチ」

生理痛がひどくて動けない、婦人科疾患が治らない...こうした悩みや不安は、なかなか人には聞けないものだと思います。そこで、こうした多くの相談に答え、5万人の膣を診てきた婦人科医・駒形依子さんの著書『膣の女子力 女医が教える「人には聞けない不調」の治し方』(KADOKAWA)より、人には聞けない不調を解決するカギとなる「こまがた式セルフケア」についてご紹介します。

pixta_23588154_S.jpg

セルフケア】骨盤ストレッチ

骨盤ストレッチとは、骨盤を動かして血流をよくするストレッチのこと。

膣トレとセットでおこなうことで、より効果がアップします。

まず、骨盤ストレッチをすると、足首から肩まで全身の筋肉がほぐれてゆるみやすくなります。

そのため、動かすのは骨盤ですが全身運動になっているので、全身に血が巡って酸素や栄養が運ばれます。

さらに、骨盤を動かすと胃腸も温まるので、胃腸の働きがよくなり免疫機能もアップ。

腸の免疫機能が上がると膣の状態も整うので、子宮の状態もよくなります。

結果、子宮の収縮もスムーズになることで、過多月経や生理痛も改善していきます。

血の巡りがよくなるので、貧血はもちろん、下半身に血液が流れるようになることで更年期特有ののぼせや冷えも改善します。

気・血・水は三位一体という東洋医学の観点でいうと、「血」が一気に動かされるということは「気」も「水」も一気に動かされるため、おなかにため込んでいた感情も一気に動くということです。

そのため、感情の波が激しくなる人もいます。

また、骨盤があるべき位置に戻るので、骨盤のゆがみも改善します。

女性は生理前に骨盤が開くことで腰痛になりやすいのですが、スムーズに骨盤が開くようになるので、腰痛軽減にも効果があります。

骨盤ストレッチで血流がよくなると、濡れやすくなり、膣がふっくらするのでセックスの感度が上がります。

さらには、くびれもできるので、男性にとっては視覚的な興奮も高まるかも。

裸で長時間いても、足が冷えにくくなりますよ(笑)。

おりものトラブルも減るので匂いが気にならなくなり、お尻のニキビも減ります。

骨盤ストレッチは座っておこなう方法と、寝ながらおこなう方法がありますので、タイミングなどに応じてやりやすいほうでお試しください。

骨盤ストレッチのやり方

《座っておこなう骨盤ストレッチ1》

titu0731_1.jpg

① 背すじを伸ばして、ひざを直角にまげてイスに座る。足の裏全体を床につけて両足をそろえ、両足の内くるぶしとひざの内側をくっつける

② かかとを床につけたまま、肩を動かさないように注意して、ひざを前後にすり合わせるように動かす

《座っておこなう骨盤ストレッチ2》

titu0731_3.jpg

① 背すじを伸ばして、ひざを直角にまげてイスに座る。足の裏全体を床につけて両足をそろえ、両足の内くるぶしとひざの内側をくっつける

② かかとを床につけたまま、骨盤の左側と右側を交互に上に持ち上げるように動かす。このとき、骨盤だけを動かし、背中が左右に揺れないように注意する

titu0731_4.jpg

③ 慣れてきたら「左肩を下げながら左骨盤を上げる」「右肩を下げながら右骨盤を上げる」という動作を交互に繰り返す

《寝ておこなう骨盤ストレッチ》

titu0731_2.jpg

あお向けになり、肩を動かさないように気をつけながら、「右骨盤を頭のほうへ動かす」「左骨盤を頭のほうへ動かす」というふうに、足を交互に動かす

 

左右でやりやすさに差がある場合は、やりにくいほうの骨盤がゆがんでいる可能性も。

その場合は腰痛に注意しながら、やりにくいほうの回数を増やしましょう。

「座っておこなう骨盤ストレッチ2」は、骨盤だけを持ち上げるのがポイント。

体で骨盤を持ち上げようとすると、効果が半減するので注意してください。

「寝ておこなう骨盤ストレッチ」は、お休み前におこなうのがおすすめです。

就寝前に骨盤ストレッチをすることで、骨盤周りの筋肉がゆるみ、寝ている間に骨盤矯正がスムーズにおこなわれます。

ただ、どちらもやりすぎると筋肉痛になるので、気をつけてくださいね。

【まとめ読み】人には聞けない悩みがある人に。『膣の女子力』記事リスト

71fzfXznp3L.jpg

生理や婦人科疾患などの悩みを解決するカギや、セルフケアの方法について、5章に渡ってわかりやすく解説

 

駒形依子(こまがた・よりこ)
東京女子医科大学医学部卒業。2018年、山形県米沢市に婦人科・漢方内科のこまがた医院を開業。高校生の頃から生理痛や過多月経に悩まされる。婦人科での研修医時代、患者よりも自分の生理のほうがひどい状態という矛盾を痛感し、生理痛や過多月経をなくす方法を追求し始める。その後、東洋医学を基礎から学び、自分の体を使って実験をくり返し、最小限の努力で最大限の効果を発揮するセルフケアを考案。自称「子宮が大好きすぎる産婦人科医」。ブログや講演活動を通じて、患者が自分で自身を治すための「グレない子宮の作り方」を提案している。

shoei.jpg

『膣の女子力 女医が教える「人には聞けない不調」の治し方』

(駒形依子/KADOKAWA)

生理のトラブルや、婦人科疾患、不妊、セックスの悩みといった多くの相談に答え、5万人の膣を診てきた婦人科医が、人には聞けない不調を解決する自身考案の「こまがた式セルフケア」について紹介しています。なかなか人には聞けない悩みや不安をスッキリ解消するヒントになる、話題の一冊です。

※この記事は『膣の女子力 女医が教える「人には聞けない不調」の治し方』(駒形依子/KADOKAWA)からの抜粋です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP