二人目の妊娠報告。姑は一瞬の絶句の後、みるみる「般若の顔」になり.../かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。

現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。

今から36年以上前の、結婚当初のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:「これでチャラやから!ガチャン!!」地獄の同居生活の終わりと「姑との電話」

pixta_48705466_S.jpg

息子が幼稚園(年少)に入ってから半年以上が経ち、そろそろ働きに出ようと思っていた。

息子の幼稚園には延長保育があり、『お残りさん』と呼ばれていた。

通常保育の園児がそれぞれ帰宅した後、延長保育の子はおやつを食べてお昼寝をし、さながら保育園の様に夕方5時まで追加保育料で預かって貰えるのだ。

ただ、通常保育の子は先生が集合場所まで連れて来てくれたり、遠くの子は園バスで通園していたが、お残りさんは園まで直接送迎しなければならず、車の無い働くママ達はせっかくのお残りさんを利用する数は少なかった。

我が家は園から徒歩で5分ほどだったので、当日でも希望すればおやつ代だけで5時まで預

かって貰え、働きに出るにしても十分便利な環境があった。

夫にその事を説明し、働き先を探している事を告げると意外な事を言い出した。

もう一人子供が欲しいと言う。

自分は一人っ子なので、我が子には兄弟を作ってやりたいと思っていたと。

息子は4歳だったので、周りは二人目の子供がいる人や、妊娠中や妊活中の人がいたが、マンションに新車購入や、その他もろもろのローンがあったので二人目など全く考えていなかった私は、夫の言葉に驚いた。

二人目が欲しくなかった訳ではないが、舅姑からも何も言われず、もちろん夫からも聞いた事が無かったので、当然の様にウチも一人で終わりだろうと私は思っていた。

それにもまして、息子を出産して実家から戻って来てから数回夫とは関係があったものの、ほぼ4年間レスだったので、何を言い出すのかと思った。

私は夫に経済的な問題を説明し、簡単に子供が欲しいと言ったからって、生まれればそれ相応のお金がかかり、今よりいっそう家計は苦しくなるんだと夫に説明した。

それでも夫は自分が小中学校時代に兄弟のいる友達がうらやましかったらしく、どうしてももう一人欲しいと言う。

そして「夫の子供を欲しいと妻は思うもんじゃないのか」と夫は続けるが、もう既に一人いるんだからいいじゃないかとしか思えなかった。

当時私は生理不順で数か月無い時も多く、精神的ストレスで止まったんだと思った。

ある時、いつもの様に姑から嫌がらせを受けていた時、

「昔に比べりゃ洗濯機も掃除機もあるのに、な~にが大変だか!あんたの苦労なんか苦労に入らん!」

と姑に言われ

「私生理がもう何ヶ月も来ていません!」

と言うと

「ちょうど良かったやん~♪ これで妊娠せぇへんやないの~! 良かった!良かった!ハハハハハ!」

と声高らかに笑われた事があるので、二人目など誰も望んでいないんだと思っていた。

それでも夫がどうしてもと言うし、私も本音で言えば我が子がこんなに可愛いのだから、もう一人こんな可愛い子が欲しいと言う思いもあってで、4年ぶりに夫を数回受け入れた。

生理が来たり来なかったりだったのに、私はすぐ妊娠した。

pixta_28124832_S.jpg

戸口から戸口まで2分の距離の同じマンションで、半同居の様に家政婦として義実家に呼び出されていたから黙っている事は出来ない。

黙っていてお腹の子供に何かあっても困るので、妊娠した事を姑に伝えた。

私から妊娠を聞かされた姑は一瞬絶句したが、みるみる般若の様に顔が変わって叫び出した。

「あんたが気を付けてれば妊娠なんかせぇへんかったんや! 妊娠なんかしてどうするんや! いつまで息子に食わせてもらう気や! 妊娠なんかしたら働かれへんやろ! 子供なんか一人でええんや!」

この時に姑が激怒した理由は、後に親戚から聞いた。

姑は子供(夫の事)を出産した際に、内容は詳しくは分からないが、医者からもう出産は無理だと言われたらしく、泣く泣く一人っ子になったらしい。

だから嫁の私が二人目を生む事が、妬ましいのか憎らしいのか、それで激怒したようだった。

続く

次のエピソード:「知り合いがなぁ...」妊娠中の嫁に、嬉々として「死」にまつわる話をする姑/かづ

【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに、夫との対立...。かづさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

うわぁ、、、言葉にならないですね。 それでも旦那さんは見方にはなってくれないんですね。
あの旦那様でなぜ2人目を産もうと思ったのかとても不思議だったので、書いてくださってうれしいです。
こんな旦那さんでも好きだったんですね…。 自分なら子は可愛くても、守ってくれない旦那の子は欲しくない。
こんな姑を気にせず大切で可愛い二人目を産んで下さい。
姑のことなんか気にせず頑張ってください。この少子化の中嬉しいことじゃないですか。子供が多いと、幸せですよ。あっと言う間に成長します。頑張れ。
読むたびに、かづさんの義親にも夫にも罵声を浴びせたくなる。 よくたえましたね。私には無理。
私もつわりがひどい時に残酷な電話がありました。誰でもムカッとはあるで、最後は働いてないからなと。えー加減にしやがれ!嫁を何と思っとるんや。結婚で違う知らん県にすみ、仕事辞め、友人、両親とも離れてきたんだと。今は亡き旦那も一人っ子で親離れ子離れせず、大変でした。旦那にいらんことは言うなと姑に言ってもらうしかありませんね。
私は、、、2人目を出産するときに、卵管くくってもろて、避妊したら?と言う姑。3人目を妊娠した時は、旦那から、、子供が多いのは恥ずかしい、と言われた。無理に堕胎させられた。あー、親子やな。と思いました。嫁は、家畜扱い。
そもそもの馴れ初めからして馴れ初めだし、愛がなくても子供は作れてしまったのかな…考えると虚しくなる。この環境でいくら可愛い我が子とはいえ、授かることを決意するのは半ば虐待のような気もする。産んだところで二人目も姑に取られるとは思わなかったのだろうか… ブログの方は見ていないけど、こんな父や祖母で子供さんたちはどう思って育ったのだろう。物心つく前とはいえ、下痢をしても病院代や身の保身のために放置、お母さん出ていかへんなぁと囁かれる日々……今ならシェルターなりなんなりあるが、三十年以上前の昭和の時代だからなぁ……改めて嫁には人権のなかった時代なんだと思わされる。
現在、私には二十歳になる息子が一人居ます。 姑なんて勝手なものです。 私は一人息子を生むだけでもかなり苦労しました。 もっと大変だったのは産後の肥立ちの悪さで一年くらい体調が戻るまで大変でした。 なので2人目は作りませんでした。 けれども姑はそんな私を非難し続けました。 2人目を生まないなんてあり得ない。 役立たず。 出産は病気じゃないとは言え人それぞれに体調は違うし、大変さは本人にしかわからないもの。 一人生んでも非難されるなら、妊娠出来ない人は人格否定までされるんでしょうか? 違いますよね。 女は子供を作る道具じゃありません。 一人の人間です。 子供が一人だろうが、生まない選択しようが自由ですよ。
初めまして。 毎回楽しみにしています。 私も二人目がデキた時に、義実家に報告に行った時に、おとが近いから(年齢が近い)堕胎して来なさいと、義母に言われました。 が、二人目は、娘でしたが、今はそんな事を、言ったのも忘れてますが…
お義母さんと旦那さんの気持ちのズレ、凄いですね

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP