「ああ、また漏れた...」40代後半から増える「チョイ漏れ」が女性に多い2つの理由

「生理前に甘ものが食べたくなる」「急に天然パーマになった」など、体に起こる不思議な現象。そんな体の仕組みを科学的視点から解説する書籍『医者も驚いた!ざんねんな人体のしくみ』(工藤隆文/青春出版社)から、特に女性にまつわる人体のメカニズムをご紹介します。

残念な人体04.jpg

おしっこの裏切り・・・年をとると、なぜチョイ漏れが起きるのか?

40代も後半になってくると、男女ともに増えてくるのがチョイ漏れ。

ほんの少し下着につく程度でも、ご本人はなんともざんねんな気持ちになってしまうようです。

それにしても、どうして年を重ねると、チョイ漏れが起きるのでしょうか。

年齢によるチョイ漏れの最大の原因は、骨盤底筋という、筋肉のゆるみです。

骨盤底筋とは、骨盤の底で、膀胱や腸、子宮などの内臓を支えている骨格筋の総称です。

尿漏れと深く関係している尿道口は、この骨盤底筋に周囲を覆われるように存在しています。

そのため、たとえばトイレに行きたいときにおなかに力がかかっても、骨盤底筋が元気であれば、その組織が反射的に反応し、尿道口をぎゅっと締めてくれるので、簡単には尿漏れが起きません。

それが、年齢などの要因で骨盤底筋が弱ってくると、ちょっとした刺激を受けたときに骨盤底筋がしっかり反応しなくなり、本来締まるはずの尿道口が締まり切らず、結果的に尿道口の近くまで下りてきていた尿が体外に出てしまうのです。

なお、一般的に、チョイ漏れは女性に多いことが知られていますが、その理由は大きく2つあります。

1つには、尿道の形の違いです。

男性の尿道は下腹部でS字を描くように伸びているのに対し、女性の尿道は直線的で、しかも男性より太くて短いという特徴があります。

そのため、ちょっとした刺激でも影響を受けやすいのです。

もう1つが、出産です。

経膣分娩による出産の場合、骨盤底筋がどうしても大きく引っ張られてゆるむため、後々その影響が出てしまうのです。

でも、骨盤底筋を鍛える簡単な体操を毎日続けることで、チョイ漏れを改善できる可能性は十分にあります。

インターネットなどでよく紹介されているので、気になる方は検索してみてください。

また、チョイ漏れをケアする商品などもいろいろ出ていますし、あまり気にしすぎないことも大切だと思います。

医者も驚く体の不思議「ざんねんな人体のしくみ」記事リストはこちら!

103-H1-zannenzintai+.jpg体におこる75の不思議な変化や現象を医学的・科学的に解説されています

 

工藤孝文(くどう・たかふみ)
1983年、福岡県出身。糖尿病・ダイエット治療・漢方治療を専門とし、NHK「ガッテン!」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」へ肥満治療評論家・漢方治療評論家として出演する。日本内科学会・日本糖尿病学会・日本肥満学会・日本抗加齢医学会・日本東洋医学会・日本女性医学学会・日本高血圧学会・小児慢性疾病指定医。

103-H1-zannenzintai-.jpg『医者も驚いた!ざんねんな人体のしくみ』

(工藤孝文/青春出版社)

数えると増えるニキビ、蚊に刺されやすい体質など、体にまつわる“ちょっとざんねん”な現象や意外な事実を医学的・科学的根拠をもとに、医師が解説。気になっていた加齢による体の変化も、「なるほど!」という発見があるかもしれません。

※この記事は『医者も驚いた!ざんねんな人体のしくみ』(工藤孝文/青春出版社)からの抜粋です
PAGE TOP