嗅神経を刺激して認知症を防ぐ「アロマセラピー」のススメ

50歳を超えると特に気になる「将来の認知症」。年齢とともに認知症になるリスクは上がり、65歳以上では7人に1人が発症するというデータがあります。しかし最近は、積極的に予防すれば発症を抑えられることが、国内外の研究で報告されています。そこで、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉先生に選んでいただいた「認知症を防ぐための12の方法」をご紹介します。今回は「アロマオイルの活用法」です。

pixta_36791212_S.jpg

【認知症を防ぐ方法②】アロマオイルを活用

認知症の予兆として、「昼食を食べたかどうか思い出せない」というような記憶障害が現れます。

「実はそれより前に『匂いが分からない』という嗅覚の異常が起こります。例えば、食べ物が腐った匂いに気が付かなくなるのです」と浦上先生。

嗅覚の異常が起こるのは、認知症の原因物質である「アミロイドβ(ベータ)」が脳にたまり、最初に嗅神経に障害を及ぼすためです。

やがて、嗅神経の近くにある記憶を司る海馬にダメージを与えて認知症に。

2009_P029_04.jpg

アロマセラピーの効果とは?

① アロマオイルの香りが脳の嗅神経細胞を刺激する
② 嗅神経が再生する
③ 脳の海馬や神経細胞の機能が回復する
④ 脳の働きが活性化


嗅神経を刺激して認知症を防ぐ方法が、アロマオイルの香りをかぐ「アロマセラピー」です。

アロマオイルは脳の神経細胞に直接作用し、認知機能を回復させます。

浦上先生の研究によると、介護老人保健施設で認知症の人にアロマセラピーを行ったところ、認知機能の改善に効果が見られました。

認知症予防のためには、生活リズムに合わせて昼と夜で香りを使い分けることが大事です。

昼は脳を活性化する香り、夜は脳を休ませる香りを使います。

《昼用の香り》

2009_P028_01.jpg

●用意するもの

ローズマリーカンファー(左)
爽快感のある香りがして、記憶力や集中力を上げる働きをしてくれます。

レモン(右)
甘酸っぱくさわやかな香りがします。集中力を向上させる効果があります。

▼外出先ではアロマペンダント

2009_P028_02.jpg

内部のフィルターにアロマオイルを1、2滴しみ込ませて、首から下げて使います。

【正しいペンダントのつけ方】

  • 内部のフィルターにアロマオイルを1、2滴しみ込ませます。
  • 常に服の上に出しておき、ときどき鼻に近づけて香りをかぎます。
  • ずっと香りをかげるため、外出が多い人に向いています。

【どんな効果があるの?】

昼用の香りは脳を活性化して認知機能を向上させます。ペンダントなら動き回ることが多い日中でも、常に香りをかぐことができます。

2009_P028_03.jpg

いつでもアロマが香ります

《夜用の香り》

2009_P029_01.jpg

●用意するもの
ラベンダー(真正ラベンダー、左

リラックス作用があり、不安な気持ちを鎮めて睡眠を促してくれます。

スイートオレンジ(右)
ストレスや不安を和らげて、意欲を引き出す効果が期待できます。

※「スイートオレンジ」は「オレンジスイート」とも言います。

拡散には芳香器(ディフューザー)

2009_P029_02.jpg

芳香器にアロマオイルをたらし、ファンを回して空気中に香りを拡散させます。

2009_P029_03.jpg

【正しい芳香器の使い方】

  • 芳香器内部のマットにアロマオイルを2、3滴しみ込ませます。
  • 寝る1、2時間前から芳香器を用いて部屋の中を香らせます。
  • 部屋に拡散したアロマオイルの香りを鼻から吸います。

【どんな効果があるの?】

夜用の香りは心を落ち着かせて不眠を改善します。芳香器を使えば寝室に香りを拡散させられて、睡眠中も香りを吸入できます。

※アロマペンダントや、香りを調合済みの「浦上式アロマオイル」などは公式ショッピングサイトで購入できます。浦上式アロマオイル公式ショッピングサイト06-7663-7113(10:00~18:00)

※使用するアロマオイルに対してアレルギー症状がある人は行わないでください。使用中に頭痛、吐き気などを感じたときはすぐに中止します。

【まとめ読み】特集「認知症を防ぐ12の方法」記事リスト

取材・文/松澤ゆかり 撮影/木下大造 モデル/大塚美世 イラスト/落合 恵

 

<教えてくれた人>

日本認知症予防学会理事長
浦上克哉(うらかみ・かつや)先生
鳥取大学医学部保健学科生体制御学講座環境保健学分野教授。医学博士。日本認知症予防学会理事長。著書は『認知症&もの忘れはこれで9割防げる!』(三笠書房)など。

●浦上式アロマオイル公式ショッピングサイト

 

shoei.jpg

認知症&もの忘れはこれで9割防げる!

浦上克哉三笠書房

今回の特集で認知症を防ぐ12の方法を教えてくださった浦上先生の著書。「好きなことや楽しいことで”脳の控え選手”を鍛える」「体を動かしながら頭を使う」「旅先で新しい体験と感動に出合う」など、認知症予防の方法が詰まった、わかりやすい一冊です♪

この記事は『毎日が発見』2020年9月号に掲載の情報です。

この記事に関連する「健康」のキーワード

PAGE TOP